理想的なランニングフォームとは?マラソンで疲れない走り方、着地方法を考える

マラソンの練習中でもレース中でも、いかに効率良く走ることができるか?楽に走ることができるか?というのは、ランナーにとって非常に大事なポイントです。効率の良い走り方とは?理想的なランニングフォームとは?様々な疑問もあることでしょう。

できることなら、疲れを溜めずに楽に効率よく走り続けたいですよね?

その結果が、自己ベストの更新だったり、より長い距離を走れるようになる(例えばウルトラマラソンを完走する)ことに繋がります。

では、どうしたら疲れを溜めずに楽に、長く、効率的に、そして速く走り続けることができるのでしょうか?

とは言え、「これさえやっておけば!」というものはありません。

ランニングのパフォーマンスを決定するのはフィジカル要素(最大酸素摂取量や乳酸性作業閾値、ランニングエコノミ―)の他、レース当日の食べ物、メンタル、コンディション全般、そしてレースまでのトレーニング、テーパリングなどなど、様々なファクターが絡んできます。

最高のパフォーマンスを発揮するには様々なファクターが絡んで履きますが、その中で今回は「ランニングフォーム」に着目して、理想的なランニングフォームで疲れを溜めずに楽に走る方法を考えてみたいと思います。

ランニングフォームと一言で言っても、その見方は様々です。

参考記事:ランニングフォームを正しく評価するにはどうすればいいのか?

楽に効率良く走るということを考えた場合、下半身の動きに注目してみると、足の着地方法(どうやって地面に対して足を付いていくか)が非常に大切です。

ランニング中の足をどこに着地するか、どうやって着地するかでパフォーマンスそのものも変わってきます。

もちろん、体幹や肩甲骨の動きなど、動作全体を考えていく必要はありますが。ランニングフォームの中で、足の接地(着地)に関して考察を深めていきましょう。

ランニングフォームの着地はどこが最適なのか?

まずどこに足を着地(接地)させていくか?について考えてみたいと思います。

より長く、速く、楽に走るためには、できる限り筋肉や関節にダメージを加えないことがポイントです。

筋力トレーニング(例えば、腕立て伏せ)を例に考えてみても、筋肉を使えば使うほど、つまり反復回数が増えれば増えるほど、疲れてしまいますよね。

ですが、手を付く位置や肘の曲げ方によっては、反復できる回数は違ってきます。

腕立て伏せと言っても多くの回数を重ねたいという場合は、筋肉に負担をかけないやり方もあるということです。

※もちろん、腕立て伏せは筋肉に負荷をかけることが目的であり、楽に実施するのが目的ではありません。

ですから、「理想的なランニングフォーム」「効率の良いランニングフォーム」について考える場合、なるべく筋肉や関節などに負担をかけないように走る方法を考えなくてはなりません。

重心より前方に着地させる

まずは、前に振り出した足を自分の上半身(身体の軸)より前に着地させる場合から考えてみましょう。

この場合、多くのランナーが踵着地となります。

踵から着地するような走り方を続けていると、着地のタイミングで太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)に負担がかかってしまいます。

太ももの前の筋肉に負担がかかることで、特に筋力が弱い人は膝周りの怪我のリスクも高くなってしまうわけです。

特に初心者のランナーの場合は、膝の怪我に悩む方も多くいらっしゃいます。

また踵着地の場合、上記の写真のように着地をして蹴り出すまでに時間がかかり、その分長い時間、筋肉が活動しなければなりません。

急な坂道(下り坂)を走っているところをイメージしてみて下さい。

仮に急な下り坂を身体を反らせた状態で走る場合、非常に大きなブレーキをかけながら走ることになってしまいます。

なので、身体の軸より前方でブレーキをかけながら走ることは、身体にかかる負担も大きいため、理想的なランニングフォーム。効率の良いランニングフォームとは言えません。

重心の真下に着地させる

次に、上半身の真下に足を着地着地させる場合を考えてみましょう。

この場合は、足を前方に着地する場合に比べて接地時間が短くなるので、筋肉の活動時間も短くなります。

また、頭から足までが一直線(正確に言うと、膝は少し曲がった状態になりますが)になるため、いわゆる「骨で立った状態」を作ることができます。

※骨だけで立つことはできませんが、イメージしやすいために使っています。

ですから、足が前方に着地する、いわゆる踵接地に比べると、筋肉への負担を抑えることができるわけです。

上半身と着地位置との関係性を考える

足の着地位置として、重心の前に着地するか?真下に着地するか?という切り口で解説をしました。

もう1つ大事なことは、上半身をいかに保てるか?上半身と下半身との位置関係を考える必要があります。

分かりやすく言うのであれば、重心の真下に足を着地させたと思っていても、例えば柔軟性が低下していて、腹筋や体幹が弱く、上半身が反るような感じで走っていれば、相対的に足は前方で着地させていることになるわけです。

普段、上半身より前に足に着地している人でも、上半身を前傾させることで、位置関係としては真下に着地させることが可能になります。

ランニング中に上半身と足の運びを「意識」することはできますが、長時間意識し続けることはできません。

例えば、上半身の前傾を42km意識し続けることが難しいのは、想像するだけでも難しいのが分かるはずです。

ですから、脚力を付けることも大切ですが、上半身をキープするだけの上半身、体幹の筋力、柔軟性をつけることも大切です。

ランニングフォームで考えられる3つの着地方法

次に足の着地の方法について考えていきたいと思います。

色んな所で議論されているテーマですが、踵から着地する、足全体でフラットに着地する、つま先から着地する、の3つの場合を考えていきましょう。

踵から着地する(ヒールストライク)

踵から接地するということは、少なからずブレーキをかけながら走っていると言えるでしょう。

また、踵から接地した場合は足が地面についている時間が長くなるため、走る時間や距離が長くなればなるほど負担も大きくなってしまいます。

特に初心者の方に多い特徴ですが、日本の市民ランナーの多くが踵接地のランニングフォームで走っています。

極端な例で言うと、重心よりも前に踵から足を着地すると、より大きな負荷が身体にかかってしまいます。

足全体で着地する(ミッドフット)

足の裏全体で着地することの利点としては、ふくらはぎの筋肉など小さな筋肉ではなく、お尻の筋肉を使って走ることができます。足の裏全体で衝撃を吸収することができるのも特徴です。

また、ランニング中の上下動が少なくなるので、エネルギーロスが少なくなります。

ランニング中、スムーズな平行移動ができるということです。

ランニング中の振り出し足を重心の真下に落とすことで、足全体での着地に近づけることができます。

つま先から着地する(フォアフット)

アフリカのエリートランナーはつま先から接地している!というデータが出てから、一気に認知度が上がったような気がします。

最近では日本人でも、大迫傑選手のフォアフット着地が注目されています。

フォアフットでの着地が注目されるようになったのは、NHKのドキュメンタリー番組(ミラクルボディ マラソン最 強軍団,2012 年 7 月 16 日放送)です。

最初のコメントをしよう

必須

*