【ピッチ走法 vs ストライド走法】ランニングにおけるケイデンスと共に考える!

ランニングやマラソンで今よりも速く走る、ケガをしないように走る、効率良く走る・・・といった時に、「果たして理想的なランニングフォームはどんなフォームなのか?」と思ったことはないでしょうか?

できることなら速く・効率良く走り、ケガはしたくない!と誰もが思うはずです。ランニングフォームの現状把握から、改善のアプローチは人によって様々です。

ですが、今より速く・効率良く、ケガせず走るには「ピッチ走法が良いのか?」それとも「ストライド走法が良いのか?」という疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

※「ピッチ」は単位時間あたりの歩数、「ストライド」とは1歩の長さ(歩幅)を指します。

そこで今回はピッチ走法とストライド走法の違い、メリットやデメリットなどについて考えていきましょう。

そして、ピッチ走法・ストライド走法について考える上で重要となる「ケイデンス(1分間あたりの足の回転数)」についても見ていきましょう。

ピッチ走法 vs ストライド走法

ピッチ走法が良いか?ストライド走法が良いか?と問われると、どちらが理にかなっているでしょうか?どちらが良いかを考える前に、そもそもランニングで今より速く走るのであれば、下記の公式は一度頭に入れておかなければなりません。

仮にピッチを1分間あたりの足の回転数として考えると、

ピッチ×ストライド=1分間での走行距離

となります。

つまり、速く走るにはピッチ、ストライドの両方を高めていく必要があるということです。

なので、そもそもの話、ピッチもストライドも、どちらも重要な要素になりますが、ピッチ数に重きを置くとピッチ走法となり、ストライドを広げることに重きを置くとストライド走法になるという理解で、まずは大丈夫です。

では次に、ピッチ走法とストライド走法の違い、メリットやデメリットについて考えてみましょう。

ピッチ走法と、そのメリット・デメリット

ピッチ走法の場合は、ストレイド走法に比べると、単位時間あたりの歩数が多くなります。

特に長い距離を走る場合には、身体へのダメージも少なくなりますが、逆に短い距離を速く走ろうと思うと、足の回転数を上げるしかなくなるので、うまく対応できません。

例えば、筋力がなかったり、柔軟性がなかったりすると、必然的にピッチ数でカバーするしかないわけです。

ストライド走法と、そのメリット・デメリット

ストライド走法の場合は、ピッチ走法に比べて、1歩の歩幅が大きくなります。歩幅を大きくするには、それに見合う筋力や柔軟性が必要となります。

なので、無理にストライド走法に変えようと思っても、余計な力を使って走らなければならないため、ランニング効率は落ちてしまいます。

ただし、ランニング中のストライドが伸びれば、それだけ前に進むことになりますので、仮にピッチ数が同じであるなら、ストライドが伸びれば速く走ることが可能というわけです。

ピッチ走法もストライド走法も、両者にメリットとデメリットがあります。

ですが、基本的にはピッチ走法の方が、ランニングパフォーマンス的にもケガの予防や改善の観点からも有益であるという論文は多数掲載されています。

例えば、2009年のMedicine & Science in Sports & Exerciseに掲載された論文によると、ランニング中のストライド幅を10%減少させたほうが脛骨疲労骨折のリスクを抑えることが可能でであるとの見解を示しています。

さらに、前述した「ケイデンス」という数値を見ていくと、今より速く・効率良く、ケガせず走るヒントが見えてきます。

ケイデンスとは?

ケイデンスは1分間あたりの足の回転数(ステップ数)のことを指します。

ケイデンスはSteps Per Minute:SPMとして計測されます。

ランニングスピードの影響を受けますが、トップランナーの場合は、ランニングスピードも速くなるため、ケイデンスの数値も高くなります(10,000mの世界記録26分17秒を持つ、エチオピアのベケレが、あるレースで10,000mを27分2秒で走った時のラスト200mのケイデンスは215 spmだった)。

一方、初心者ランナーの場合は150〜170 spmに収まるとも言われています。

基本的にGPSウォッチを活用すれば、ケイデンスは自動的に計測してくれるので、便利です。

参考:ランニングウォッチ・GPSウォッチのおすすめを徹底比較【最新版】

ケイデンスを計測することの意味

では、なぜケイデンスを計測しなければならないのでしょうか?

最初のコメントをしよう

必須

*