1. TOP
  2. ランニングウォッチ・GPSウォッチ
  3. ランニング用GPSウォッチ4社の選び方を徹底解説!

ランニング用GPSウォッチ4社の選び方を徹底解説!

 2016/03/23 ランニングウォッチ・GPSウォッチ
この記事は約 9 分で読めます。 61,574 Views

市民ランナーにとって、必要不可欠なアイテム。その1つがランニングウォッチです。特に人気なのがGPS機能付きのランニングウォッチ。

一昔前までであれば、ストップウォッチとしての機能と一定距離をどれくらいのペースで走れたかという「ラップタイム」を計測する機能があるものが主流でした。

ですが、2012年以降、様々な機能が追加されたランニングウォッチが展開され、今ではGPS機能の付いたランニングウォッチが主流になってきまています。

それだけではなく、ランニング中の様々なデータを数値として弾き出してくれるため、自分自身を客観的に見れるアドバイザーとしてGPSウォッチを活用できるわけです。

日本市場において、GPSウォッチと言えば、エプソン、ガーミン、スントの3社。トレイルランニングやトライアスロンを含めても、この3社のうちのどれかを装着している人がほとんどです。

ランナー全体で見ると、圧倒的に多いのはやはりランキーパーやランタスティックなどのスマートフォンアプリ。ですが、スマホを装着しながら走るのは大変だ・・・という方がGPS機能のあるランニングウォッチに切り替えるケースは多く、一方でどのGPSウォッチを選べばいいのか分からないという方も多いようです。

ランニングウォッチのおすすめはこれだ!機能性に優れたGPSウォッチを比較してみた。の中では、4社GPSウォッチの各製品別の比較をしましたが、今回は4社のブランド毎にどんな違い、特徴があるのかを見ていきたいと思います。

まずは自分に合いそうなブランドを選び、ブランドの中で自分の走る目的に合ったGPSウォッチを選ぶ、という流れがおすすめ。

今回の記事を見ていただくことで、あなたに合ったブランドが見つかるはずです。

ガーミン(GARMIN)

ガーミンのGPSウォッチの良いところは、ランニングフォームまである程度数値化できること、機能が豊富にあるにも関わらず、使い勝手が良いところ。各計測項目の時間的変化・比較が見やすいところでしょうか。

個人的に感じるのは、スントよりもカスタマイズがシンプルでやりやすいです。。

下記のデータを見ていただくと分かりますが、各計測項目が時間の変化とともにどう変化しているのかが非常に見やすい。更にランニングダイナミクス機能(ランニング中の上下動、接地時間)はガーミンのみ計測ができる項目なので、ランニングフォームが数値化できるわけです。

※ランニングダイナミクスはfenix3シリーズ、fenix5シリーズ、ForeAthlete 935、645、920XTJ、735XTJ、630J、620Jで計測可能。計測には心拍ベルトもしくはランニングダイナミクスポッド(いずれも別売り。セット販売されているものもあり)の装着が必須です。630J、620Jのみタッチパネル式。

s_garmin

s_garmin2

garmin3

ガーミン社が出しているランニングダイナミクスの評価表を活用すると、

runningdynamics

自分のランニング中の動作の課題が発見できるため、自分の走りを数値化し、課題を見つけたいランナーにはオススメの機能です。

筆者のデータを見てみると、接地時間やピッチに比べると、上下動が少し大きいというのが数値として理解できます。

ラップ毎にバイブレーションと共に数値を教えてくれるように設定をすることができたり、オリジナルのメニューを組めたりとカスタマイズも柔軟で、かつ設定もしやすいのがガーミンの特徴です。

他社の様々なサービスとも連携できるので、ランニングを科学したいランナーにはおすすめです。

スント(SUUNTO)

s_suunto_ambit3_sport_colours

スントのGPSウォッチの良いところは、自分仕様にGPSウォッチを幅広くカスタマイズできること。SNSとの相性が良いことです。スントムービーは自分が走った履歴を3Dの動画で残してくれるので、SNS上で動画をシェアする人が多く、2015年の1月に行ったインターネット調査では、スントオーナーの9割がSUUNTO MOVIEをFacebookやTwitter、Instagramでシェアをしていることが分かっています。

※現在はReliveなど、スントムービーよりもクオリティの高いソフトウェアが誕生してきています。

スントのGPSウォッチはMOVES COUNTというアプリ内でカスタマイズをしていきます。

※アプリのデザインは圧倒的にスントが美しい!

suunto1 suunto2

グラフ上は心拍数の推移です、その他自分の好きな測定項目を同じグラフ上に表示させることができます。

沢山のデータを重ね合わせると、非常に見にくくなることからも、各データの推移はガーミンの方が分かりやすい印象です。

 

suunto3

デフォルトの状態でも必要なデータを取ることができますが、例えばピッチやストライドを知りたい場合はムーブスカウントのAPP ZONEからピッチとストライドのそれぞれのアプリをダウンロードし、時計内に組み込みます。

そうすると、ランニング中も自分が今どれくらいのピッチで走っているのか、どれくらいのストライドで走っているのかを確認しながら走ることができます。

人気のアプリはAPP ZONEの上位に表示されているので、上位表示されているものの中から、目的に応じてダウンロードするのも1つの方法です。

ガーミンよりもカスタマイズの自由度は高いですが、その分設定が難しく感じるのが難点。

とりあえず数値計測ができれば良いという方よりも、しっかりと目的に応じて数値計測を行い、GPSウォッチをカスタマイズしたいというランナーにオススメのブランドです。

特にスントムービーはSNS上でも多くシェアされていて、ランニングのモチベーションを維持・向上させる意味でも活用できる優れものです。

3Dでリアルな感じが伝わってきます。

エプソン(EPSON)

os_wristable01

エプソンのGPSウォッチの良いところは、とにかく使い方がシンプルで分かりやすいところです。

ランニングウォッチをカスタマイズするのが面倒だという人向けです。

今までランタスティックやランキーパーなどのスマホアプリを使っていて、GPSウォッチに移行したいというランナーで手軽に操作できるものを選ぶのであれば、エプソンがオススメ。

設定が複雑ではないため、GPSウォッチ初心者が活用するのに適しています。

自分仕様でカスタマイズして使いたい、色んなデータを取りたい方には少々物足りなさも感じるかもしれません。ただし、機能的に他社より劣っているというわけではなく、使い方をシンプルにしている、というのが大きな特徴です。

下記のキャプチャー画像はWristable GPS SF 850で計測したものです。

心拍計が時計内に搭載されているので、心拍数、最大酸素摂取量、レース予想タイムを含めて、デフォルトでも12個の数値を計測してくれます。

レース予想タイムに関しては、筆者の場合タイムが遅く出ています。

s_EPSON1

s_EPSON2

時計内に搭載されている心拍計の信憑性を得るために、スントのランニングウォッチと同時計測を行いましたが、エプソンでの計測結果は心拍数のアベレージが151bpm、最小66bpm〜最高180bpm。

一方、スントで心拍数を計測したところ(胸部に心拍ベルトを装着)アベレージが155bpm、最小113bpm〜最大167bpm。

スントの場合、胸部に心拍計を装着していること(エプソンは手首で計測)、加えて20分程走った後に上記の計測をスタートしたので、最小66bpmよりも113bpmの方が信憑性は高そうです。

平均ペースも5′35″/kmということで、180bpmが出るほどのペースでは無いため、正確性という意味では△という判断です。

※下記のガーミンとスントの解析データを見ていただくと、平均4′28″/kmで5㎞走っている時の平均心拍が167bpm、平均4′47″/kmで12.6㎞走っている時の平均心拍が169bpmということなので、5′35″/㎞は比較的ゆっくりとしたペースだと考えることができます。

トムトム(TomTom)

TomTomAD

TomTom製GPSウォッチの良い所は、機能面を必要最低限に絞り込み、さらにボタン箇所を1箇所に集約したことで抜群の操作性を誇ります。

機能面を絞り込んだと書きましたが、ペース、距離、時間、心拍数、ラップ、高度計測などランナーに必要な情報は全て提供してくれます。多くのGPSウォッチは機能が沢山ありすぎて、人によっては使いこなすのが非常に大変です。

さらに、多くのGPSウォッチからは様々なデータが算出されるわけですが、その数値から「何が読み取れるのか?」は専門家か運動生理学等の勉強をしていない限り、なかなか理解できません。

その代わり、ウルトラマラソンを走る、データ管理を重要視するランナーには向かないとも言えるでしょう。

GPSウォッチを選ぶ際に最も気になるのは「GPSが正確に取得できるのか?」「心拍(脈拍)は正確に取得してくれるのか?」ではないでしょうか?

TomTomは自動車・個人向けナビゲーションシステムと地図情報では、欧州有数の企業であり、世界で初めてスポーツウォッチに心拍計を取り入れたメーカーです。

なので、「GPSが正確に取得できるのか?」「心拍(脈拍)は正確に取得してくれるのか?」という問いに対しては、しっかりと期待に答えてくれるでしょう。

GPSウォッチを使ってランニングを開始する時に、GPSの立ち上がりが遅くてストレスを感じることが多々ありますが、TomTomのGPSウォッチにはQuickGPSfixという機能があり、正確な位置をすばやく特定し、アクティビティを開始できるようになっています。

fd2

管理画面も1画面で全ての測定項目が見えるため、分かりやすい。地図上に距離表示をしてくれるアプリはTomTomのみ。他のGPSウォッチのアプリには無いポイントです。

まとめ

今回はGPSウォッチを展開している4社を比較してみました。大きな特徴をそれぞれ比較すると

①ガーミン・・・ランニングフォームが数値化できる。各計測項目の時間的変化・比較がしやすい。

②スント・・・自分仕様にGPSウォッチを幅広くカスタマイズできる。SNSとの相性が良い(スントムービー)。

③エプソン・・・使い方がシンプルで分かりやすい。

④トムトム・・・デザインと操作性に優れ、音楽等を聴きながら走りたいランナーとの相性が良い。

これらの項目に加え、価格やデザインなどの検討項目も加わることでしょう。

GPSウォッチを実際に活用できている人というのは意外に少なく、GPSと時間と距離、ペースを把握するアイテムと化しているランナーがほとんどです。

ランニングパフォーマンスを改善できる要素は沢山詰まっていますから、ぜひご自身の目的に合ったGPSウォッチを選び、活用してみてください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

自分自身も実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • スント 9(SUUNTO 9)ランニングウォッチ・GPSウォッチレビュー

  • 【Run With Power】パワートレーニング入門セミナー・イベントレポート

  • 【ピッチ走法 vs ストライド走法】ランニングにおけるケイデンスと共に考える!

  • 【マラソンのサプリメント徹底解剖】シーン別にサプリの活用法を解説

関連記事

  • ランナーズNEXTが今最もオススメするGPSウォッチGarmin ForeAthlete 935

  • エプソンから新型GPSウォッチWristable GPS SF−850が発売開始!

  • GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 630JがランニングのパフォーマンスUPに必要なワケ!

  • TomTomアドベンチャー【GPSウォッチ体験レビュー】

  • SUUNTO(スント)のランニングウォッチAMBIT 3シリーズ徹底活用術!

  • Garmin(ガーミン)の時計・ランニングウォッチの人気やオススメは?選び方を解説してみた