エプソンから新型GPSウォッチWristable GPS SF−850が発売開始!

2016年2月10日(水)にエプソンから新型のランニングウォツチが発売されました。

これまでWristableシリーズとして製品をリリースしてきましたが、今回のランニングウオッチはWristable GPS SF−850。Wristable GPS SF−810の進化版としてリリースされたわけです。

もちろん、今回のランニングウォッチもGPS機能の付いた、時計内に心拍計機能を搭載してあるタイプのモデルです。

心拍ベルトの装着は面倒だけど、心拍数は計測できたらいいよね!というランナーにはオススメの一品と言えるでしょう。

いわゆるランニングウォッチとしては、前作のWristable GPS SF−810が2014年の10月にリリース。約1年4ヶ月後の発売となったWristable GPS SF−850は前作とどんな違いがあるのか?また、他社との違いは何なのかを解説していきたいと思います。

前作との違い

9988
Wristable GPS SF−810シリーズ

前作のWristable GPS SF−810シリーズも心拍ベルトを装着せずに時計内で計測ができるタイプでした。今回のモデルも同様のモデルです。

では、「違い」は何なのか?前作との違いは大きく2つあります。

1つは最大酸素摂取量(VO2max)の予測ができるようになったこと。

もう1つは活動量計機能が備わっていることです。

デザインやカラーにん関しては若干の違いがあるものの、大きな違いとしては上記2つに集約されるでしょう。

最大酸素摂取量が計測できることで得られること

ちなみに、最大酸素摂取量(VO2max)とは、1分間に体重1㎏あたりで取り込める最大の酸素量です。

これには個人差があり、数値が高いほど速いスピードでのランニングを長時間維持できると言われています。基本的には、心肺機能が高い人=最大酸素摂取量が高い人だと考えて下さい。

※もちろん、最大酸素摂取量が高ければ高いほど、フルマラソンの自己記録が高くなるとは必ずしも言い切れません(ランニングエコノミーや乳酸性作業閾値などにもよるため)が、最大酸素摂取量が低い人がパフォーマンスが高くなることもありません。

今回リリースされるWristable GPS SF−850シリーズには、走行速度と脈拍数から簡易的にVO2Max(最大酸素摂取量)を推計する機能が搭載されています。

さらにVO2max推定値を活用しフルマラソン、ハーフマラソン、10km、5㎞ランのタイムを予測する機能を備えています。

ただし、既に市場に出回っているGARMINの(ガーミン)のGPS機能付きランニングウオッチやSUUNTOのランニングウォッチには最大酸素摂取量の計測機能は付いているため、エプソンもようやく2社に追い付きつつあると言っていいでしょう。

心拍内蔵モデルのランニングウォッチはガーミンよりも先に出ているため、正確性という意味では分があるかもしれません。ですが、胸に装着する心拍ベルトよりは正確性は劣りますので、本格的にランニング中の心拍数の計測を行っていきたいランナーに関しては、あまりおすすめできません。

活動量計とは?

健康管理を目的に身体活動に関する様々なデータを測定・記録してくれるデバイスです。当初はアメリカで人気に火がつき、広がりましたが、2012年頃からは日本でも話題になりはじめ、主に家電量販店などで目にする機会も増えてきました。健康の保持・増進目的の方が時計の機能と併用して活用しているイメージが今のところは強いアイテムです。

高機能型のランニングウォッチの中では、活動量計の機能を搭載しているものは今のところ無し。そういう意味では斬新な組み合わせと言えるでしょう。

例えば、ガーミンのランニングウォッチはForeAthleteシリーズで最大酸素摂取量は計測可能です。活動量計はvívosmart® HR Jなどがあり、別々に販売されています。

両方の機能がどうしても欲しい場合はエプソンのGPS SF−850シリーズはオススメです。

その他のスペック

os_wristable01