1. TOP
  2. ランニングウォッチ・GPSウォッチ
  3. スント 9(SUUNTO 9)ランニングウォッチ・GPSウォッチレビュー

スント 9(SUUNTO 9)ランニングウォッチ・GPSウォッチレビュー

ランニングウォッチ・GPSウォッチ
この記事は約 9 分で読めます。 3,232 Views

スント(SUUNTO)からフラッグシップモデルのランニングウォッチ・GPSウォッチが発売されました。

スント 9(SUUNTO 9)はスパルタンウルトラ(SPARTAN ULTRA)の後継モデルとなるGPSウォッチです。

関連記事:SUUNTO(スント)SPARTANシリーズの特徴・選び方を徹底解説

発売開始から少し時間が経ってしまいましたが、今回はスント9について詳しく解説していきます。

スント9のスペックについて

ますはスント9のスペックについて紹介していきます。

GPS取得頻度1秒毎で最大25時間、ウルトラモード(GPS取得頻度120秒毎)で最大120時間のバッテリーライフ。1秒取得で持続時間が25時間は他のGPSウォッチと比較しても、優れています。さらに、3段階(カスタムモードを含めると4段階)でGPSの補足頻度を変更でき、ランニング中でも、バッテリーモードを変更できるのは魅力的です。

例えば、ロングディスタンスレースの際に、残り時間や距離に応じてバッテリーモードを変更でき、バッテリー容量が少なくなってくると、自動的にモード変更をリコメンドしてくれる機能が搭載されています。

もちろん、バッテリーの残り時間が少なくなる前に、自分でもモード変更することも可能です。

アクティビティをスタートする前に、ボタン一つで、どのバッテリーモードで走るか選択できます。

ただし、GPS取得間隔が長くなってしまうと、カーブやスイッチバック(ジグザグに走行しなければならない場所)が多くなってしまうルートの場合、距離計測や獲得標高の精度は落ちてしまいます。

この問題を解決するために、スント9にはFUSEDTRACK™️機能を搭載。

時計の内部にあるモーションセンサーを使って検出される、ランナーの腕の動きからGPSの読み取りの誤差を修正することが可能です。

一定のリズムを刻むことができさえすれば、ウルトラモード(120秒間隔でGPS情報を取得)でも、ある程度の距離精度を担保できる可能性がアップします。

洗練されたウォッチデザイン、高い画像解像度(320 × 300ピクセル)は健在で、スパルタンウルトラには搭載されていなかった、光学心拍計も新たに搭載されています。

<スペック>

サイズ 幅50×高さ50×奥行き16.8mm

重量 約81g

防水機能 10気圧(100m)

動作時間

最大25時間/GPSデータ取得頻度1秒毎
最大40時間/ GPSデータ取得頻度60秒毎
最大120時間/GPSデータ取得頻度120秒毎
最大14日間/時計画面表示のみ

心拍計測 光学心拍計対応。

標準価格:82,000円(税抜)
※心拍ベルトとのセット価格

スント9の実際の使用感

アクティビティに関する機能(スポーツモード)

まず、スントのGPSウォッチと言えば「デザイン」に目が行きます。個人的に、スントは時計全体のサイズ感、シリコン部分とベゼル部分との調和が好みです。

さらに、スントといえば、サファイアクリスタルレンズ。もともとスントはアウトドアウォッチとして誕生したわけなので、時計のつくりが頑丈にできています。

画像解像度も他のGPSウォッチに比べると320×300ピクセルと高く(ちなみに、ガーミンの最も解像度の高いモデルは240×240ピクセル)、非常に見やすいのが特徴です。

ウォッチフェイスは合計8つの中から好みのものを選びます。ベースとなるカラーも9色あるので、カスタムバリエーションは72通りとなります。
※上記の写真のベースカラーは水色です。

前作のSPARTAN ULTRAと大きく変わったのは、バッテリーの稼働時間が伸びたこと(GPS取得頻度1秒間で18時間→25時間)に加えて、光学心拍計が搭載されたこと。

もう一つは、前述のFUSEDTRACK™️機能によって、GPSの取得間隔が長くなったとしても、長時間(最大120時間)に渡り、ある程度の距離計測ができるようになったことです。

ただし、当然のことながらGPS取得の取得頻度が1秒の時に比べると、精度は落ちてしまうということは理解しておきましょう。

実際に計測したところでは、10kmのロードランニングで、1秒取得の場合10kmだったとしても、120秒間隔の取得の場合、12km程の表示となりました。

恐らく、使用しているうちに精度は上がってくるものと思われますが、最初のランニングではこれだけの差があったということです(参考までに)。

一定のリズムで走れない場合の誤差は、更に大きくなるでしょう。

細かいところで言うと、時計のベルト部分が簡単に着脱可能になったことです。

この改良は意外と大事なポイントで、特に時計とベルト部分の隙間に汚れが溜まることは結構あります。専用のドライバーでネジを取り外したり、取り付けたりするのはかなり面倒なので、助かります。

重量は81gとランニング用の時計として考えると重たいので、純粋なロードランニング用のランニングウォッチとして選択するのは難しいかもしれません。

ですが、普段使いもできて、ある程度のデータの取れるGPSウォッチ、スマートウォッチとしては非常に優れている一品です。

もちろん、ランニングを含めて、トレイルランニングやトライアスロンを含めたマルチスポーツ対応の時計で、それぞれのスポーツに特化したカスタマイズが可能。

カスタマイズはMovescount(ムーブスカウント)というソフトウェア上で行います。スマホからのカスタマイズはできませんが、カスタマイズそのものはシンプルに行うことができます。

何らかのアプリをダウンロードした後に、ウォッチ内にインストールすることもできますが、既存の計測項目の中から、何を表示させるのかを選択するだけでも、十分なデータを取得できます。

ランニング中のデータは1つの画面で最大7つまで表示させることができます。

実際のランニング中に撮影したものではないので、数値が出ていない項目もありますが、上記の写真は平均のペース、リアルタイムの心拍数、リアルタイムのパワー(3秒間)、平均パワー、ケイデンス、現在の時刻、経過時間の7つを表示させています。

画面を遷移させれば、他にも自分でカスタマイズした画面やデータを表示させることが可能です。

スントの場合は、サードパーティのアプリケーションとの連携も可能で、ユーザー数が多いものだと、STRAVA(ストラバ)やTraining Peaks(トレーニングピークス)、Stryd(ストライド)との連携が可能。

マラソンやトレイルランニング、トライアスロンといったスポーツを科学したい場合は、自ずとスントもしくはガーミンを選択することになるでしょう。

トレイルランニングに関する機能

スントのGPSウォッチを語る上ではロードランニングだけでなく、やはり登山やトレイルランニングでの機能についても紹介しておかなければなりません。

言わずもがなではありますが、登山やトレイルランニングの場合はロードランニングと違って、道迷いのリスクはついて回ります。

地図読みのスキルも必要ですが、GPSウォッチのナビゲーション機能を活用すれば、コース全体のルートや現在地などを確認しながら走る(歩く)ことができます。

無計画に入山することは無いとは思いますが、事前に登山やトレイルランニングをする予定のルートをGPSウォッチ内に入れておけば、時計がナビゲートしてくれますし、ルートから外れた際は知らせてくれます。

ヤマレコなどで作成した(もしくは拝借した)GPXデータをウォッチ内にインポートすることもできますし、スントの場合はユーザーのアクティビティがヒートマップとして公開されています。

なので、自分の好きなルートを選んで、ウォッチ内に入れておくことも可能です。

スマートウォッチ機能

次にスント9のスマートウォッチに関する機能・使用感について紹介していきます。

スントに限らず、各社のGPSウォッチはスポーツ時以外にも、ライフログ(日常生活時の心拍数や一日に歩いた歩数、消費カロリー、睡眠時間・質などを計測する)を取得したり、スマートフォンとの接続ができる、いわゆるスマートウォッチとしての機能が搭載されています。

なので、一日中時計をつけていれば、様々なデータを取得することができますし、スマートフォンからの各種通知をGPSウォッチで確認することができます。

実は筆者の場合、そこまでスマートウォッチとしての機能を重視しているわけではありません。ですが、スント9の機能の中で、睡眠に関する機能・データは興味深く、新たにモニタリングしていきたいと思える項目のうちの一つです。

時計を付けたまま睡眠をとることで、自動的に何時に寝て、何時に起きたのか?目標とする睡眠時間との差、深い眠りに入っている時間などを計測できます。

スマートウォッチが出てくる前までは、「睡眠の質を改善する」といっても、実際に改善されたのかどうかが感覚的にしか分かりませんでした。

ですが、例えば睡眠の質を改善するための、何らかの取り組みをした結果、デーィープスリープ(深い眠りに入っている時間)が増えれば、その取組は効果があるのではないか?と考えることができるわけです。

もちろん、データが全てではありませんが、データで示されることで、改善のためにはどうしたら良いか?という思考が自然と働きます。

ダイエットしたいのであれば、まず体重計で計測をするのと同じです。計測できるものは必ず改善できるわけですから。

最後に、スント9に関するインプレッションを動画でも解説しましたので、参考にしてみてください。

まとめ

今回はスントのフラッグシップモデルである、スント9について、スッペックと実際の使用感についてまとめてみました。

現状はブラックとホワイトの2カラーです。

スントからは様々なタイプのGPSウォッチが発売されていますが、今後はスント9と同じように、機種タイプ別にナンバリングされるそうです。

最もハイエンドのスント9を頂点として、例えばエントリー層向けならスント3、もう少し上のグレードのGPSウォッチであればスント5など。

GPSウォッチを選ぶポイントは個人差があると思いますが、個人的にはトレイルランニングやトライアスロン(共にロングディスタンス種目をメインにする方)をメインに、普段使いもできるデザインにこだわる場合は、スント9がオススメではないかと考えています。

参考にしていただければ幸いです。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

自分自身も実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【GRAND TRAIL 】7日間6ステージ273kmに及ぶ「旅」の魅力!

  • なぜマラソンで30km以降に失速してしまうのか?レースで成功するために越えるべき5つの壁

  • スント 9(SUUNTO 9)ランニングウォッチ・GPSウォッチレビュー

  • 【Run With Power】パワートレーニング入門セミナー・イベントレポート

関連記事

  • Garmin(ガーミン)ForeAthlete 735XTJ徹底解説

  • ランニングウォッチ・GPSウォッチのおすすめを徹底比較【最新版】

  • GARMIN vs TomTom GPSの正確性はどちらが上なのか?

  • GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 235Jの機能・比較まとめ

  • SUUNTO(スント)SPARTANシリーズの特徴・選び方を徹底解説

  • GPSウォッチは結局どれがオススメなのか?