SUUNTO(スント)SPARTANシリーズの特徴・選び方を徹底解説

株式会社アールビーズによるランナー世論調査2016(サンプル数12,934人)の結果によると、所有しているGPSウォッチメーカーは1位GARMIN(ガーミン)2位EPSON(エプソン)3位SUUNTO(スント)となっており、所有率はそれぞれ約29%、18%、3%程度となっています。

各社で数値に開きはありますが、いわゆるランニング業界におけるGPSウォッチ3強です。もちろん、今後はどうなるか分かりません。

2012年にアスリート向けのGPSウォッチが発売され、そこから急激にGPSウォッチの市場が伸びると共に、機能やデザインも各社進化を続けています。

※とは言うものの、マラソンやランニング、ジョギングをする人の中でGPSウォッチを持っている人というのは全ランニング人口の約12%程度。

各メーカー毎に特徴はあるものの、比較検討という意味で、強いて各メーカーの強みを簡単に挙げるとすれば、エプソンはGPSを稼働させた状態でのバッテリー持続時間がコストの割に長いこと。ガーミンは機能・計測項目の充実。スントはデザイン。といったところでしょうか。

参考:ランニング用GPSウォッチ5社の選び方を徹底解説!

各メーカーでバッテリー持続時間向上、機能の向上が図られていますが、最初に液晶画面がカラー対応となったのはガーミン。

恐らくこれから液晶のカラー化は各社ともテコ入れしてくるでしょう。

SUUNTO(スント)は2016年8月25日、9月28日に、それぞれSPARTAN ULTRA(スパルタン ウルトラ)、SPARTAN SPORT(スパルタン スポーツ)をリリースしました。

SUUNTOのGPSウォッチの中では初のカラータッチスクリーンモデルです。

さらに、各社が光学心拍計搭載のランニングウォッチを投入し、市民ランナーには当たり前の機能となりました。

スントは光学心拍計の対応に遅れをとっていましたが、2017年にSUUNTO SPARTAN SPORT WRIST HRを、さらに低価格帯のモデルとして、SUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HRを投入。

それぞれ光学心拍計に対応したランニングウォッチとなっています。

スントのランニングウォッチ・GPSウォッチはAmbit3シリーズが有名でした。

参考記事:SUUNTO(スント)のランニングウォッチAMBIT 3シリーズ徹底活用術!

今回はその後継モデルとなっている、SUUNTO SPARTANシリーズについて見ていきましょう。

ランナー、トライアスリート向けの記事ということで、SPARTAN FITNESS(スパルタンフィットネス)以外のスパルタン ウルトラ、スポーツ、スポーツリストHR、トレーナーの4シリーズについて解説しています。

SUUNTO SPARTAN ULTRA(スパルタン ウルトラ)

s_SPALTANULTRA

<スペック>

サイズ 幅50×高さ50×奥行き17mm

重量 約73〜77g(カラーによって異なる)

※BLACK、WHITEは77g。他は73g

防水機能 10気圧(100m)

動作時間

最大18時間/GPSデータ取得頻度1秒毎

最大35時間/ GPSデータ取得頻度5秒毎

最大140時間/GPSデータ取得頻度60秒毎

最大20日間/時計画面表示のみ

心拍計測 オプションでHRモニターベルト購入の必要あり

標準価格:84,000円(税抜)〜

SUUNTO SPARTAN SPORT(スパルタン スポーツ)

s_SpartanSport

<スペック>

サイズ 幅50×高さ50×奥行き13.8mm

重量 約70g

防水機能 10気圧(100m)

動作時間

最大10時間/GPSデータ取得頻度1秒毎

最大25時間/ GPSデータ取得頻度5秒毎

最大80時間/GPSデータ取得頻度60秒毎

最大14日間/時計画面表示のみ

心拍計測 オプションでHRモニターベルト購入の必要あり

標準価格:63,000円(税抜)〜

SUUNTO SPARTAN SPORT WRIST HR(スポーツ リストHR)

<スペック>

サイズ 幅50×高さ50×奥行き16.8mm

重量 約74g

防水機能 10気圧(100m)

動作時間

最大10時間/GPSデータ取得頻度1秒毎

最大20時間/ GPSデータ取得頻度5秒毎