SUUNTO(スント)のランニングウォッチAMBIT 3シリーズ徹底活用術!

今やランナーにとって欠かすことのできないアイテム“ランニングウォッチ”。

一昔前までのランニングウォッチはラップタイムを計測できることが、「機能的」であるかどうかの大きな指標でした。今ではラップタイムを計測できるのは当たり前。

GPS機能の付いたランニングウォッチ(GPSウォッチ)がある意味デフォルトの状態だと言っていいでしょう。

これまで様々な切り口でランニングウォッチに関する記事を紹介してきましたが、国内のGPS機能付きランニングウォッチと言えば、SUUNTO(スント)、GARMIN(ガーミン)、EPSON(エプソン)が主流。多くのランナーが活用しています。

各社様々な特徴がありますが、今回はSUUNTO(スント)の中でもAMBIT 3シリーズに焦点を当てて、機能や活用法をご紹介していきたいと思います。

AMBIT 3シリーズに関する詳しい機能や活用術はアメアスポーツジャパン株式会社、SUUNTO(スント)のブランドマーケティングマネージャーである成瀬秀樹氏にお話を伺ってきました。成瀬氏から伺ったお話を踏まえて、筆者なりにご紹介していきたいと思います。

SUUNTO(スント)の歴史

2016年でスントは創業80周年。液体(オイル)を入れたフィールドコンパスを世界で初めて開発し、ビジネスをスタートさせたのが1936年です。もともとはコンパスメーカーとしてスタートしました。

ロシアとフィンランドが戦う冬の戦争の時に10倍以上の兵の数を持っていたロシアにフィンランド軍が勝利。真冬の豪雪地帯の中で、フィンランド軍がスントのコンパスを使って、位置を確認しながらロシア軍と対戦した経緯が世界中に広がり、世界各国の軍隊から注文が殺到してビジネスが拡大。

スントにとって転機になったのは1980年代です。

コンパスの技術を海の上でマリンコンパスとしてヨットやボードの上につけたり、潜水夫の人達が方位を知るための、水中で使えるダイブコンパスとして使用していました。ダイバーの人達は海に潜る時に水深何メートルのところまで潜り、何分静止して、何分上がって・・・という風に、ゆっくりと段階を上げて浮上していかないと、一酸化窒素が身体の中に入り込み、潜水病になってしまいます。

それまでのダイバーは紙と鉛筆を使って、自分で計算をしていたそうなのですが、それをコンピュータにしてみたらどうだろうということで、1984年にダイビングコンピューターを開発。その結果、ダイバーの中であっという間に広がりを見せました。

自分で計算しなくても水中での深度や滞在時間が一目でわかるため、潜水病にならないように安全にダイビングを行えるコンピュータが誕生したのです。

そこからスントはダイビングコンピューターの中では世界No.1のトップシェア。この技術を陸に上げて、山の高さや天気、気圧を計測する技術を開発して、世に出したのが1998年です。

スントのヴェクターというモデルで山登りの人達のための高度計、気圧計、電子コンパスの機能を使って、新製品を出しました。これが2000年位から北米で爆発的なブームになり、アメリカで爆発的に売れ、そこから同じく2000年に日本に来ました。

このような背景もあり、アウトドアに対するスントのイメージを持っている方が非常に多いのかもしれません。2012年にはGPSのカーナビと同じチップを埋め込んだAMBITという製品をリリース。特にトレイルランナーを始めとして、GPSウォッチが非常に評価され、人口が15万人と少なかった時代からスントはトレイルランナーの世界をサポートしていたとのこと。

そういった意味では、トレイルランナーの方の多くはスントのランニングウォッチを身に付けているのかもしれません。

2012年にはアスリート向けのGPSウォッチが発売され、そこから急激にGPSウォッチの市場が伸びています。

ですが、マラソンやランニング、ジョギングをする人の中でGPSウォッチを持っている人というのは全ランニング人口の約12%程度だと言われています。

スントのランニングウォッチを選ぶ3つの指標

ランナーにとても評価されているのがAMBIT 3 RUNというモデルです。

s_SS021260000_Ambit_3R_Lime_Perspective_Distance_Speed_rpm_metric_negative

AMBIT 3シリーズを分かりやすく、かつランナーの目的に応じて分類すると、ランナー向けにはAMBIT 3 RUNが、トライアスリート向けにはAMBIT 3 SPORTが、登山・トレイル・ロングレーサーにはAMBIT 3 PEAKがそれぞれオススメとのこと。自分自身のスポーツスタイルに合わせて、商品があるのがありがたいところです。

さらにデザイン重視型がSPORT、機能重視型がPEAK、お値段重視型はRUNという分類もできるのではないかとのことでした。

スントというブランドはフィンランドの製品というところもあって、デザインにとてもこだわっています。計測機器としてスポーツシーンで活用するだけではなくて、普段から使用できる時計として十分に役立つデザインとイメージを持った製品を展開しています。

例えば、ウルトラマラソンに出場するランナーはAMBIT 3 RUNでは対応しきれないのか?という問いに対しては、仮にその人がウルトラマラソンを14時間で走るランナーだとしたら、GPSデータ取得頻度が1秒の場合、確かにバッテリーが持ちません。

※AMBIT 3 RUNはGPSデータ取得頻度が1秒の場合、約10時間稼働。

その場合の解決策としては

GPSデータ取得頻度を1秒から5秒に変える(GPS取得の正確性は多少落ちてしまいますが)、もしくは稼働時間の長いタイプに変えるのも1つです。

s_SS022306000_Ambit 3 Peak Sapphire Blue Perspective  Negadisplay 2  Imperial

※AMBIT 3 PEAKはGPSデータ取得頻度が1秒の場合でも、約20時間稼働します。

現状、お客さんがSUUNTOのランニングウォッチを選ぶ際には、その選び方も2通りあり、

自分自身でしっかりと勉強した上で、指名買いをされる方

もう一つはお店で説明を受けて、購入する方。その後に、自分のスポーツスタイルをお店の人にお伝えして、製品の使い方のアドバイスを受けて、自分でカスタマイズされているそうです。

これだけ分かればいい!という方はロードランナーに多く、ものすごくカスタマイズする方はトレイルランナーに多い傾向にはあるそうです。

Movescountアプリでランニングをカスタマイズする

s_Movescount_PC画面

より、機能的にかつランニングライフを楽しむために、スントではMovescountというアプリを提供しています。アプリ上で様々な設定をすることができ、独自のプログラムを作ることが可能です。

例えば、ゴーストランナーという機能を時計に入れと、設定したペースに対して何秒速いのか、何秒遅れているのか、という表示を教えてくれます。

また、エイドステーションやトイレの位置を予めアプリに入れていくことで、次のエイドまで後何キロとか次のトイレまで後何キロといったことをアプリとして作ってダウンロードすることができます。

例えば、2015年は湘南国際マラソン専用アプリが作成され、予めエイドの位置が分かるようになっています。