Garmin(ガーミン)の時計・ランニングウォッチの人気やオススメは?選び方を解説してみた

ランナーやトライアスリートに必要不可欠なギアの1つが、ランニング用の時計(ランニングウォッチ)です。

なぜなら、どんな目的でランニングをするにしても(スイムやバイクを含めて)、数値計測が重要だからです。

フルマラソンなどのレースで記録を更新する、ダイエットする、ウルトラマラソンを完走する、どんな目的であれ、トレーニング中、そして日々の数値管理が成果に結びつきます。

ただ、私たちランナーにとって厄介なのは、実に様々な時計、ランニングウォッチ・GPSウォッチが出回っている状況で、一体どの時計、ランニングウォッチ・GPSウォッチを選べば良いのかが非常に分かりにくくなっていることです。

ランニングウォッチ・GPSウォッチのおすすめを徹底比較【最新版】の中だけでも4社のメーカー、25種類もの時計を紹介しています。市場にはまだまだ沢山のランニングウォッチがあります。

その数は、今後益々増えていくでしょう。

そこで、今回は数ある時計、ランニングウォッチ・GPSウォッチメーカーの中で、Garmin(ガーミン)社の時計に焦点を当てて、人気・オススメのモデルはどれなのか?選び方と一緒に解説していきます。

Garminのランニングウォッチの購入、活用を考えている方であれば、きっとあなたにピッタリのものが見つかるはずです。

Garmin(ガーミン)の時計・ランニングウォッチ

ガーミンは1989年に生まれた、ナビゲーションおよび通信デバイスを作る会社ではありますが、2003年にGPS機能搭載の時計を世界で初めて発売したことでも有名です。

実売金額ベースではウェアラブルブランドの中で、日本一のシェアを誇っています。日本のランナーの中で、最も使用されているのがGarminのデバイスです。

他のメーカーとの違いは、ランニングの目標達成に対する機能が充実していることです。

どこまで活用するかは別にしても、Garminのランニングウォッチを活用することで、ランニングに関する様々なデータが表示されます。

Garminが展開するデバイスそのものは沢山ありますが、今回は特にランナーが使用するタイプの時計を目的・レベル別に紹介していきます。

初心者〜フルマラソンの完走用の時計・人気のランニングウォッチ

ランニングを始めて、フルマラソンの完走を目指すフェーズにいる方向けにオススメのランニングウォッチはForeAthlete235Jです。

光学心拍計対応(胸部の心拍ベルト無しで、手首で脈拍が計測できる)で、フルマラソン完走に必要な機能は全て揃っています。

ガーミンの中で最も人気のモデルでもあり、失敗のない買い物をしたい場合にオススメです。

ランニングフォームを数値化してくれるランニングダイナミクス機能(ランニング中の身体の上下動や接地時間など)が無いため、まずは心拍数やペースを見ながら走りたいランナーは選択すると良いでしょう。

記録も大事だけど、フルマラソンを楽しみながら走りたい!というランナーであれば、ForeAthlete235Jがオススメです。

関連記事:GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 235Jを前作、他社製品と比較してみた!

ミュージック機能付き時計・ランニングウォッチ

「ランニング中の音楽は外せない!」というランナーにはForeAthlete 645がオススメ。ガーミンの中では、唯一ミュージック機能が搭載したランニングウォッチです。

※ミュージック機能の付いたForeAthlete 645 Musicとミュージック機能のないForeAthlete 645があるので、ご注意下さい。

ランニングウォッチとワイヤレスイヤホンをBluetoothで繋ぎ、音楽を聞きながら走ることができます。

ランニングウォッチ内に最大500曲の音楽を格納可能、GPSを取得しながら最大5時間使用可能となっています。

ランニングのパフォーマンスアップには欠かせない、ペースや心拍数はもちろん、最大酸素摂取量、乳酸性作業閾値(LT値)の予測値、ランニング中の上下動や接地時間が計測可能なので、上級者でも活用することができます。

普段使いもできるシンプルなデザイン、かつ軽量(42.2g)というスペックから、女性に人気の高い時計です。

参考記事:Garminの新型ランニングウオッチForeAthlete645 Musicのの機能を総まとめ

レースでの記録向上のための時計・人気ランニングウォッチ

フルマラソンやその他の距離レース(5km、10km、ハーフマラソンなど)で自己記録を目指したいランナーにはForeAthlete935がオススメです。現時点でガーミンのランニングウォッチの中で最もスペックの高いモデル。

GPSウォッチ全体の中で、最も豊富なデータを取ることができます。ペースや心拍数はもちろん、最大酸素摂取量、乳酸性作業閾値(LT値)の予測値、ランニング中の上下動や接地時間まで。

ランニングパフォーマンスの向上を目指す場合、①最大酸素摂取量②乳酸性作業閾値③ランニングエコノミーという3つの要素を高める必要があります。

これら3つの要素を高めるためには、当然のことながら、3つに関する数値を把握しておく必要があります。専門施設で計測し続けるのはハードルが高いため、日々ランニングウォッチを通じてモニタリングできるデバイスを持っておくと良いでしょう。

ランニングのパフォーマンスアップに必要な「機能」という点では、ForeAthlete735XTJでも十分です。ForeAthlete935と同じく最大酸素摂取量、乳酸性作業閾値(LT値)の予測値、ランニング中の上下動や接地時間の計測ができます。

ただし、ForeAthlete 735XTJは気圧高度計機能が搭載されているデバイスではないので、ランニングパワーの計測に735XTJは対応できないことになります。

より効率よくランニングパフォーマンスを上げたいランナーはForeAthlete935がオススメです。

最初のコメントをしよう

必須

*