ランナーズNEXTが今最もオススメするGPSウォッチGarmin ForeAthlete 935

ランナーズNEXTではこれまで様々なランニングウォッチ、GPSウォッチのメーカーや機種について、記事中でご紹介をしてきました。

私自身もランニング愛好家であり、ランニングウォッチ・GPSウォッチの(ヘビー)ユーザーでもあります。各メーカーのGPSウォッチを使用してきました。

これまでは、一メディアとして、なるべく個人の趣味嗜好を介入させず、中立的な立場で記事を投稿してきました。GPSウォッチに限らず、様々なランニングギアやアイテムに関しても同じです。

ただ、多くの読者の方に記事をご覧いただく中で、「自分に合ったランニングウォッチ・GPSウォッチは何ですか(どれですか)?」というお問合わせも多数いただいています。

基本的にメディアの中ではGPSウォッチを選ぶ基準についてお伝えするのみにとどまり、具体的に「どのGPSウォッチがいいですよ!」という類のアドバイスは避けてきました。というのは、前述のように一メディアとして中立的な立場を崩したくなかったからです。

ですが、個人的に「これを使ったほうが良い!」と断言できるものは確かに存在します。

そこで今回は、私の独断と偏見でランナーが使うべきGPSウォッチの紹介と、その理由について書いていきます。

そもそもGPSウォッチは必要なのか?

まずランナーが使うべきGPSウォッチを紹介する前に、そもそもランナーにGPSウォッチは必要なのか?というところから考えていきましょう。

こうして記事を書いているわけなので、結論は「必要」ということにはなります・・・。ただ理由は明確で、「量を測れるものだけが進歩を測れる」からです。

私たちは何らかの進歩をするために走っているわけです。速く走る、長く走る、3kg痩せる、生活習慣病に関わる数値を下げる等。

単純に考えるだけでも、速く走るためにはペースを測る必要があります。長く走るためには距離を測る必要があります。痩せるためには消費カロリーを測る必要があります。

より効率的に進歩することを目指すのであれば、心拍数やパワー等を計測することが大切です。

スマートフォンやストップウォッチ機能をメインとしたランニングウォッチでは、ここまでの数値を計測することができません。

必然的に、スマートウォッチもしくはGPSウォッチが必要になります。

ランニングに特化したものとして考えた場合、スマートウォッチよりもGPSウォッチを選択した方が必要なデータを計測することができます。

編集長オススメのGPSウォッチ

では、私自身がオススメする(というより、使ったほうが良い!)GPSウォッチは何なのか?

結論から言うと、GARMIN社のForeAthlete 935です。

メーカー間で比較すると、やはり取得できるデータ数は圧倒的にGARMINが一番です。そのGARMINの中でも高機能のForeAthlete935がfenix5と並んで、多くのデータを取得できます。

機能が同じでコストが安い分、fenix5よりもForeAthlete935がオススメ。

ただ、高機能のGPSウォッチを薦めた場合、決まって「そんな高機能のGPSウォッチは使いこなせない・・・」と言った声が上がります。

確かに、GPSウォッチは簡単には使いこなすことができません。

ですが、機能が限定的なGPSウォッチなら使いこなせるのか?と言うと、決してそうではない!ということがこれまでに分かっています。

つまり、多くのの機能が搭載されているかどうかに関わらず、そもそもGPSウォッチは使いこなせていない人がほとんど。

では、なぜ使いこなすことが難しいのか?というと、GPSウォッチを使いこなすには、ある程度の専門的な知識が必要になるからです。

仮に操作の方法は分かっても、ある程度の知識が無いと、やはり「活用」はできません。