GARMIN(ガーミン)ForeAthlete935についてまとめてみた!

GARMINのForeAthlete935が2017年5月18日(木)に発売されました。

ForeAthlete920XTJの進化版として、特にウルトラマラソンランナー、トライアスリート待望の新作が満を持しての登場です。

これで2016年から始まったGARMINの新作ラッシュも一段落、といったところでしょうか。

ForeAthlete920XTJの進化版は930ではないか?と思ってしまいますが、GARMINのForeAthleteシリーズはGPSウォッチに光学心拍計が搭載されているものは数字の末尾が「5」で終わります。なので、今回の新作は935です。

では、ForeAthlete935のスペックや活用方法などを、前作の920と比較しながら解説していきましょう。

ランナーズNEXTが最もオススメしているランニングウォッチ・GPSウォッチがGarmin ForeAthlete 935です。

関連記事:ランナーズNEXTが今最もオススメするGPSウォッチGarmin ForeAthlete 935

ForeAthlete935とは

まずはプロモーションビデオから。

935の特徴としては前作では無かった光学心拍計が搭載されてことで、心拍ベルトの装着なしで計測ができるようになったこと、910、920とデザインが四角だったものがその他のForeAthleteシリーズと同様に丸型となったことです。

920では乳酸性作業閾値の予測機能はありませんでしたが、935には搭載されています。

ディスプレイもカラー対応となり、スマートウォッチとしても活用できるようになりました。

920XTJ=トライアスロンモデルというイメージでしたが、935はトライアスロンはもちろん、気圧高度計やコンパス機能も搭載されているので、トレイルランニングにも対応可能です。

軽量感にこだわる人はトレイルシーンで935を活用するのも、アリだと思います。

また、GARMINの最も特徴的な機能の1つは「ランニングダイナミクス機能」です。心拍ベルトを装着することで、ベルト部分に埋め込まれている加速度センサーがランニング中の上下動、接地時間、左右の接地バランスなどを数値化してくれます。

ですが、今回心拍ベルトを装着せずに、ランニングダイナミクスを計測できるようになりました。心拍ベルトに変わるソリューションがRunning Dynamics Pod(ランニングダイナミクス・ポッド)です。

ランニングダイナミクスを計測する際、Running Dynamics Podをランニングパンツのウエスト部分に引っ掛けて走ります。

ということで、特に心拍ベルトを装着するのを嫌がっていた人に朗報です!ForeAthlete935の標準付属品としてRunning Dynamics Podは付いているということなので、お得ですね!

Running Dynamics Podは935の他、fenix、ForeAthlete735XTJにも対応しています。※920XTJには対応していないとのこと。

ただし、心拍ベルトがRunning Dynamics Podに置き換わることで失われる機能が1つ。それは乳酸性作業閾値(LT)の予測機能です。LTの予測は心拍ベルトを装着しなければなりません。

これは個人的な意見ですが、Running Dynamics Podを使うより、心拍ベルトを装着して走った方がランニングのパフォーマンスUPを考えている方は絶対に良いです。なぜなら、レースマネージメントの指標として乳酸閾値をベースにするのは有効だと考えるからです。

ForeAthlete935のスペック

935

次にForeAthlete935のスペックについて、920XTJと比較しながら見てみましょう。

サイズ(厚さ)

935・・・1.39cm