1. TOP
  2. おすすめランニンググッズ
  3. ランニング用パワーメーターSTRYDでパフォーマンスは変わるのか?

ランニング用パワーメーターSTRYDでパフォーマンスは変わるのか?

 2017/05/19 おすすめランニンググッズ ランニングフォーム
この記事は約 9 分で読めます。

近年、専門施設や研究機関で計測をしなくても、自分自身のランニングパフォーマンスを定量的に評価できるようなデバイスが増えてきました。

GPSウォッチと心拍計(最近ではGPSウォッチで脈拍を計測できる光学心拍計が一般的になってきた)を使えば、ランニング中のパフォーマンスを評価することが可能です。GPSウォッチが日本で普及し始めたのが2012年頃。そして2017年、次の波がやって来ようとしています。

RUN with POWERの著者、JIM VANCEはランニング中のパワーを計測することがランナーのパフォーマンス、特にランニングエコノミーの改善に役立つと著書の中で話しています。

アメリカでは既にランニング中のパワーを計測する「パワーメーター」を利用するランナーが増えてきています。

アメリカで起きていることは、数年遅れて日本でも起きるわけなので、ぜひ今の段階で情報をキャッチアップしておきましょう。

今回ご紹介するのは、STRYDというランニングパワーメーターです。

STRYDとは?

IMG_2809

写真のランニングシューズ右側中央についている黒の物体がランニングパワーSTRYDです。ランニングシューズにデバイスを装着し、計測します。

スマートフォンやGPSウォッチ(この記事を書いている時点では、GARMIN、SUUNTO、Polar)とBluetoothで繋いで、データを取ることが可能です。ちなみにSTRYDを購入するには公式サイト(アメリカ)から取り寄せ、セットアップ等全て英語となっています。

STRYDを通じて取得できるデータは下記の通りです。

Power(パワー)・・・ランニング中に出力される力。

Cadence(ケイデンス)・・・ピッチ数=1分あたりのステップ数。

Ground Time(接地時間)・・・ランニング中、足が地面と接している時間。

Vertical Oscillation(上下動)・・・ランニング中、どれだけ上下方向に動いているか。

Form Power(フォームパワー)・・・ランニングフォームを維持するための力。
※ランニング中に生み出される力は前方方向だけではありません。上下方向、左右方向などにも力が分散されます。Form Powerは前方方向以外に力が分散された力の数値を表しています。つまり、Form Pwerの数値は小さい方がランニングエコノミーは高いということです。
※仮に同じペースで走っているデータを比較する場合、値が小さい方が少ない力でランニングができている=ランニングエコノミーが高い、ということになります。

Leg Spring Stiffness(LSS)・・・簡単に言うと、足のバネがどれくらいあるか。
※LSSの値が大きい=ランニングエコノミーが高い、ということになります。

心拍計測できるGPSウォッチと同期することで、上記の各項目+心拍変動を比較することが可能になっています。

GARMINのランニングダイナミクスで計測できるものを除くと、STRYD特有の計測項目としてはパワー、フォームパワー、LSSの3つとなります。ただし、GARMINのランニングダイナミクスは胸部ベルトもしくは腰の部分(ランニングダイナミクスポッド)で計測しているのに対し、STRYDは足部で計測しているため、接地時間や上下動の値に違いが出てきます。

個人的な見解としては、上下動は胸部ベルトや腰の部分で、接地時間は足部で計測したほうがリアルな値に近い感じがします。

ですが、より大切なのは、どちらの値が正確か?ではなく、データを蓄積し、データ間の比較をしいくことでどんな変化があったのか?を評価することです。

STRYDで出力されたデータ

poweranalysis

STRYDが提供しているプラットフォームです。PCの画面で確認すると、このようにデータの推移を確認することができます。GPSウォッチと同期させた状態で走ると、Heart Rate(心拍数)と他の計測項目をオーバーラップして確認することも可能です。

スマートフォン用のアプリもありますが、表示される情報量が本当に限られています。

strydlap

他にも、ラップ毎のペースやパワー、Front Power、Leg Springの推移を表にしてまとめてくれます。

garminstryd

GPSウォッチを使っている人であれば、GPSウォッチのプラットフォーム上で、STRYDのデータを分析することができます。写真のデータはGARMINが提供するGARMIN Connectというプラットフォームです。

ただし、STRYDで計測できる数値変動が表としてアウトプットされていないので、現状はGARMIN ConnectとSTRYDのプラットフォームの両方を見ながらデータ分析をする必要があります。

GARMINとSTRYDで取得した数値を表にしてまとめてくれる機能があると嬉しいですね。なかなか難しいとは思いますが・・・。

STRYDで得られたデータをどう活かすか?

strydimage

ランニングパワーメーター、STRYDは確かにランニングエコノミーの関するデータを算出してくれる優れものです。ですが、単にデータを算出しただけで満足してしまっては意味がありません。

GPSウォッチに関しても同様に、これらのツールはランニングパフォーマンス改善のために使うことが本来の目的です。

なので、STRYDを使用して現状の課題を見つけ出し、解決に向けたアクションプランを作らなければなりません。

または、パワーメーターだからできる活用方法でトレーニング(パワートレーニング)を継続していくことが大切になってきます。

では、具体的にどのようにしてランニングパフォーマンスの課題を見つけ、活用していくのか?

現段階でパワーメーターを活用し、具体的にどのようにしてランニングパフォーマンスの課題を見つけていくのか?について言及するなら、方法は大きく3つ。

①トレーニングの目的ごとにデータを比較できるようにしておく。
②1回トレーニングの中で、各測定項目が時間とともにどのような変化をしているのかをチェックしておく。
③FTP(Functional Threshold Power)を活用したトレーニング

具体例を紹介しておきましょう。

トレーニング目的ごとのデータ比較

測定項目の中で、Form Power(フォームパワー)はランニングフォームを維持するための力であり、仮に同じペースで走っているデータを比較する場合、値が小さい方が少ない力でランニングができている=ランニングエコノミーが高い、と書きました。

STRYDを使って、10㎞・4’30秒/kmでペース走を行うとします。

lap10km

実際のデータで、アベレージペース:4’30秒/km、アベレージフォームパワー:70.3Wです。例えば、3ヶ月後に4’30秒/kmでペース走を実施した際に、フォームパワーの数値が低くなっていたら、ランニングエコノミーは向上していることが分かります。

つまり、3ヶ月間で取り組んできたこと(ランニングエコノミー改善のために取り組んだこと)が成果として現れているということですね。

逆に、変化が無かった、もしくはフォームパワーの数値が上がってしまった、という場合は別の取り組み(解決策)を考え、実施していく必要があります。

各測定項目の時間変化

次に②について。各測定項目が時間とともにどのような変化をしているのか?をチェックしましょう!と言いましたが、基本的に各測定項目はペースの値に追随します。

どういう事かというと、ペースが上がれば、パワーも上がります。ペースが上がれば、接地時間は短くなります。ペースが下がれば、パワーも下がりますし、接地時間は長くなります。他の測定項目もペースに応じて変化するわけです。

ですが、唯一、ペースに追随しない測定項目が1つ。それは心拍数です。基本的に走るペースが上がれば、心拍数も上がります。ですが、特にフルマラソンなど長い距離、時間を走っている時はそうならない場合があるわけです。

どういう時か?例えば、レース後半で徐々に失速していっている時に心拍を見ると、数値は下がらずに上がっているケースというのはよくあります。

なので、心拍数とその他の測定項目を比較しながらデータをチェックすると、課題が発見できる場合が多いわけです。

FTP(Functional Threshold Power)を活用したトレーニング

最後に、FTPを活用したトレーニングについて。バイクトレーニングをされる方であれば、FTPは馴染みのあるワードなのではないでしょうか。

バイクトレーニングでは一般化しつつあるトレーニングがSTRYDを使用することによって、ランニングでも行えるようになったわけです。

ランニングの場合、乳酸性作業閾値(LT)や無酸素性作業閾値(AT)といったワードに代表される、いわゆる「閾値」を活用したトレーニングは非常に有効です。

LTやATのパワー版がFTPです。日本語では「機能的作業閾値パワー」と表現されます。

FTP=1時間のランニングで疲労せずに出し続けることができるパワーの最高値です。理論的にはFTPを向上させるようなトレーニングを実施すること=ランニングエコノミーを高めることに繋がります。

つまり、パワーメーターを活用したトレーニングは、今より楽に速く走ることを実現できるツールとなり得るのです。

※FTPを計測するためのプロトコル等については、別の記事で紹介します。

まとめ

ここまで、これから日本でも拡がりを見せていくであろうランニングパワーメーター、STRYDについてご紹介してきました。

RUN with POWERを読み進めていくと、パワーメーターとは単にランニング中のパワーを計測し、課題を発見するツールに留まらず、パワーをベースにしたトレーニング方法も確立されています。

ランナーの皆さんからは「マラソンに関するトレーニング方法が分からない」「どんな練習をすれば怪我なく速く走れるのか知りたい」「効率の良い走り方を身に付けたい」といった声をよく聞きます。

ですが、多くのランナーが抱える「練習やトレーニング方法が分からない」という問題は本当の問題ではなく、実際は「何が課題なのかが分かっていない」ことが問題です。だから、練習やトレーニング方法が分からないのは、ある種当たり前です。

効果的な練習・トレーニング内容を確立するためにも、データを取得できるGPSウォッチやパワーメーターは、活用して損はないはずです。

私自身、1年半ほどStrydを使用しています。簡単にではありますが、下記の動画でStrydの仕組みも紹介していますので、ご覧ください。

ランニングにおけるパワートレーニングに興味のある方はランナーズNEXTでパワートレーニングの入門セミナーを開催することになりました。オンライン配信もありますので、よかったら参加してみて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ビジネスアスリート
データサイエンティスト

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

自分自身も実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【マラソンのサプリメント徹底解剖】シーン別にサプリの活用法を解説

  • ランニングのダイエット効果を高めながらマラソンの自己ベストが目指せる一石二鳥のサプリメント

  • Garmin(ガーミン)fenix 5 Plusシリーズは前作と何がどう変わったのか?

  • MAURTEN(モルテン)のスポーツドリンクがマラソンの水分補給の常識を変える!

関連記事

  • 箱根外輪山トレイルランニングの準備と楽しみ方

  • マラソンレースで必ず携帯したいアミノ酸サプリメント・ベスト5を徹底比較してみた

  • ウルトラマラソンレースで持参したい!必須ランニンググッズ・ベスト5!

  • ランニングフォームからマラソンで疲れない走り方、着地方法を考える

  • HOKA ONE ONEのランニングシューズ徹底比較【トレイルランニングシューズ編】

  • 一部のトレーナーだけが知っているランニングフォーム改善法4つのチェックポイント