1. TOP
  2. イベントレポート
  3. 【Run With Power】パワートレーニング入門セミナー・イベントレポート

【Run With Power】パワートレーニング入門セミナー・イベントレポート

イベントレポート
この記事は約 6 分で読めます。 2,255 Views

2018年8月4日(土)、5日(日)に、ランナーを対象としたパワートレーニング入門セミナーを開催しました。

このセミナーは2018年の2月と3月に開催したセミナーをアップデートしたものです。

そこで今回は、セミナーの様子をイベントレポートとして紹介していきます。

※講師として話をした本人がレポートを書く、というのもある意味斬新ではないでしょうか・・・?

なぜセミナーを開催しようと思ったのか?

そもそも、なぜこのセミナーを開催しようと思ったのか?

理由はただ1つで「世界との情報格差を少しでも埋めるため」です。ランニングにおけるパワートレーニングがテーマのセミナーでしたが、残念ながら現時点で日本にはこのテーマに関する情報がほとんどありません。

ランニング用のパワーメーターは2016年に初めてアメリカで生まれ、2年程の月日が経っています。

トレーニングに関するノウハウは、自転車のパワートレーニングをベースに体系化されつつあります。

今後、ナレッジはもっとアップデートされることでしょう。

しかし、日本においてはネットを含め、ほとんど情報がありません。

もちろん、他に同じテーマでのセミナーが開催されているのであれば、敢えてランナーズNEXTで主催する必要はありません。

私自身の立ち位置はWebメディアの運営人(編集長)です。基本的にランナーズNEXT内の記事として情報発信する、メールマガジン形式で情報発信することがメインです。

ただ、今回は今までに無かった、新しいテクノロジーを活用したトレーニングということで、セミナー形式で情報発信をさせてもらったという経緯です。

パワートレーニング入門セミナーレポート

今回は2日間に渡り、セミナーを開催しました。それぞれ同じ内容のセミナーを実施し、ありがたいことに両日共、多くの方にご参加いただきました。

非常にニッチかつマニアックなテーマにも関わらず・・・。

遠方にお住まいの方、キャパの関係上、会場で受講できなかった方に関しては、オンライン上でセミナーを視聴できるように、リアルタイムの映像配信を実施。

※映像配信は8月5日(日)のみ。

今回もウルトラランナーでもある、関根隆さんのご協力の下、無事に開催できました。本当に。

※映像配信席からの様子。重たい機材をいつも.ありがとうございます。

ランナーズNEXTでは過去にも2度、オンラインでのライブセミナーを実施していますが、全ての回でご協力をいただいてます。

また、今回は1回あたりの定員を少し増やした関係で(1回あたり30〜35名)、受付や参加者の皆さんのフォローを含め、3名の方にご協力をいただきました。

一人でやっていたら、まともにセミナーをできていなかったと思います・・・。本当に感謝です。

会場内は両日とも、相変わらずの男性率ですが・・・。

今回はパワートレーニングを実施する上で、非常に大事なポイントを3時間に凝縮して、お伝えしました。全体的な概要はこれでマスターできるはずです。

もちろん3時間で全てを完璧に理解できるわけではありませんが、何度も映像や資料を見返していただければ、パワートレーニングの概略はマスターできるはずです。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • SUUNTO7は一歩先を行くアウトドアウォッチ&スマートウォッチ

  • Apple Watchはランニングやマラソンでも「使える」のか?

  • SUUNTO(スント)3はフィットネスウォッチとして新たな市場を作る!

  • スントらしさの詰まったSUUNTO(スント )5レビュー

関連記事

  • RaidLight Presents 来年は出たい!世界のULTRA RACE! 【イベントレポート】

  • 【イベントレポート】青梅高水山トレイルランニング

  • 【充実の2日間】100マイル完走攻略トレーニングキャンプ参加レポート

  • 【イベントレポート】トレイルランニング体験ワークショップ

  • サハラマラソンとは人間にとって最も大事なことを探求する「旅」である!創始者パトリックバウアーが日本人ランナーに伝えたかったこと。

  • 【イベントレポート】ランニングフォーム改善・実践ワークショップ