ランニングのパワートレーニングで得られる5つのメリット

マラソンに必要な練習・トレーニング方法【最新版】にも記したように、マラソンやランニングのトレーニング手法は目的によっていくつも存在します。

もちろん、特定のトレーニングを実施すれば速く走れるようになる!というものではなく、自身の現状を把握した上でトレーニング(計画)を考えていかなければなりません。

以前はランニングを評価する指標は「距離」と「ペース(スピード)」しかありませんでした。

ですが、そこからランニング中の心拍数を把握できるようになり、今ではGPSウォッチなどのデバイスを通じて、手軽にランニング中の様々なデータを取得できるようになっています。

テクノロジーの進歩と共に、ランニングの領域でも様々なデバイスやソフトウェアが生まれているのが現状です。

そこで今回は比較的新しいツールである、ランニング用のパワーメーターを活用した「パワートレーニング」について紹介をしていきます。

ランニングのパワーとは?

「ランニング中のパワーを計測する」と聞いて、イメージできる人の方が少ないかもしれません。

そもそも、ランニング中に発揮される「パワー」とは何でしょうか?

ランニング中のパワーとは、簡単にいうと「どれくらいの「馬力」で走っているのか?」「どれくらいの力で自身の身体を移動させようとしているか?」を示す指標だと考えてください。

ランニングの場合は、前方方向へ身体を移動させることができれば良いのですが、上下方向、左右方向にも力は伝わります。

つまり、地面を蹴って身体を移動させようとした時に、大なり小なり力が必要で、その時に地面に加わった力であったり、身体がどの角度でどれくらいのスピードで動いているか?などの情報をもとにパワーが算出されます。

スピードを上げて走る場合は、それだけ大きな力・パワーが必要ですし、体重が重ければ、同様に大きな力・パワーを使って身体を前方方向へ押し出す必要が出てきます。

特に屋外を走る際は、実際に地面にどれくらいの力が加わっているか?を計測する事はできないので、多くのランニング用パワーメーターが、3Dの加速度センサーを活用し、

ランニングパワー=体重×加速度×速度

として算出しています。

ランニングのパワーを計測する5つのメリット

では、そもそも論として、なぜランニング中にパワーを計測した方がいいのでしょうか?

ここからは、ランニング中のパワーを計測する事で得られるメリットについて、紹介して行きましょう。

パワーを計測する事で得られるメリットは大きく5つあります。

ランニングで加わるストレスが定量化できる

自分自身がどれだけのトレーニングを行ってきたか?を評価する指標はこれまで「走行距離」しかありませんでした。

多くのランナーが、1ヶ月間でどれくらいの距離を走ったか?という月間走行距離を参考にしているはずです。

例えば、フルマラソンで4時間を切るためには月間200kmは走らなければならない・・・とか、3時間を切るためには300km以上走らなければならない・・・といった情報もあるくらいです。

ですが、(月間)走行距離だけではトレーニングの「量」は把握できても、トレーニングの「強度」を把握することができません。

極端な例かもしれませんが、同じ月間走行距離200kmでも、毎回ゆっくり時間をかけながら走る200kmと毎回全力でランニング する200kmでは、明らかに身体に加わるストレスは異なります。

ランニング用のパワーメーターを活用することで、距離だけでなく強度を考慮した「ストレススコア」を算出することが可能です。

その時の体力レベルに対応した運動強度を把握できる

パワートレーニングではFTP(Functional Threshold Power)という指標をもとに、運動強度が決まります。

FTPとは1時間のランニングで疲労せずに出し続けることができるパワーの値です。

1時間で全力を出し切るランニングをした時の平均パワー=FTPと言うこともできます。

1時間持続できるパワーは、その時の体力レベルや外部要因(気温や湿度など)によっても変わります。

例えば、日本で夏場に1時間全力で走った時の結果と、冬に1時間全力で走った時の結果は、仮に体力が全く同じであったとしても、変わるということです。

基本的には、夏場よりも冬場の方が速く走れますよね?

なので、例えば夏場の4分/kmペースと冬場の4分/kmペースでは運動強度は違うはずです。

FTPは自分自身の体力レベルや外部要因によって変化しますので、その時々の運動強度を把握するためにも必要な指標となります。

トレーニングやレース時のペーシングに役立つ

5kmを全力で走る時のペースとフルマラソンを走る時のペースは、当然ながら変わってきます。

ただ、様々な距離のレースで、自分がどれくらいのペースで走ればいいのか?つまり、自分にとっての適正ペースは把握しにくいのが現状です。

パワーメーターを活用することで、運動強度に対応したペーシングが可能になります。

これは心拍数では実現することはできません。