1. TOP
  2. おすすめランニンググッズ
  3. ランニング用パワーメーターの種類と選び方

ランニング用パワーメーターの種類と選び方

おすすめランニンググッズ
この記事は約 9 分で読めます。 12,735 Views

2016年にアメリカで初めてリリースされたランニング用パワーメーター。

まもなく2019年を迎えようとしている現在、ようやく日本でも徐々にではありますが、ランニング中にパワーを計測することが認知され始めました。

関連記事:ランニングのパワートレーニングで得られる5つのメリット

まだまだ「ランニングのパワー?何それ?」といった状況かと思いますが、ランニング用のパワーメーター(パワーを計測できるデバイスを用意している会社)は私が知っているもので5つ程あります。

ランニング中の心拍数を計測することが徐々に理解され、心拍トレーニングが一般化されてきたのと同じく、今後ランニング中のパワーを計測するパワートレーニングも普及してくることでしょう。

そこで、今回は一方先ゆくランニングメディアらしく(?)ランニング用のパワーメーターにはどんなものがあって、どのように選んでいけばいいのか?というテーマで書いていこうと思います。

マニアックな「テーマ」ではありますが、内容そのものは読んでも理解できるように書いているつもりです。

ランニング用パワーメーターの種類

ランニング用パワーメーターは2015年にStrydがクラウドファンディングプラットフォームである、Kickstarterからクリップ型のポッドをリリースしようとしたのが一番最初だと認識しています。

今で言う、ガーミンのランニングダイナミクスポッドと同じようなデバイスをリリースしようとしたわけです。

そこから最終的にStryd Pioneerとして、胸部でパワーを計測するデバイスが誕生しました。

心拍ベルトの胸部中央に加速度センサーを埋め込み、パワーを予測するデバイスです。

※世に初めて出たランニング用パワーメーター“Stryd Pioneer”

Strydがきっかけとなり、そこから数社がランニング用のパワーメーターを開発し、世に送り出しています。

今現在リリースされている、ランニング用のパワーメーターを分類すると、

①ランニングシューズや胸部など装着するポッドタイプ

②インソールにセンサーを埋め込んで計測するインソールタイプ

③時計そのものでパワーを予測するウォッチタイプ

の3種類です。

ポッドタイプのランニング用パワーメーター

ランニング用パワーメーターの中で最も数が多いのが、ポッドタイプのパワーメーターです。

ランニングシューズにデバイスを装着するフットポッドタイプのもの、心拍ベルトの胸部中央で計測するもの、腰回りにクリップで装着するものがあります。

メーカー毎に、それぞれ見ていきましょう。

Stryd(ストライド)

Strydは前述の通り、世にランニング用のパワーメーターを初めて出した、いわゆるリーディングカンパニーです。

初代Stryd Pioneerから、現在はランニングシューズに装着するフットポッドタイプに変わっています。Stryd Pioneerではランニング中のパワーはもちろん、心拍数、ケイデンス、接地時間、上下動が計測できました。

現在のフットポッドタイプのStrydでは、ランニング中のパワー、ケイデンス、接地時間、上下動に加えて、Form Power(フォームパワー)、Leg Spring Stiffness(レッグスプリングスティフネス)という新しい概念を生み出し、ランニングエコノミーを評価する指標として活用されています。

また、Strydに付随するPower Centerというソフトウェアでトレーニングプランを提示してくれたり、日頃のトレーニングの特徴や癖を可視化してくれる機能もあります。

フッドポッドタイプに変更したことで、当然ながら心拍数は計測できませんし、フットポッドは片方だけの装着なので、左右のバランスを見ることができません。

Strydに関する記事はランニング用パワーメーターSTRYDでパフォーマンスは変わるのか?の中でも書いていますので、ぜひ参考にして見てください。

価格は199ドルとなっています。

Garmin(ガーミン)

GPSデバイスとして日本でお馴染みのガーミンでも、2018年あたりからランニング時のパワーを計測できるようになりました。

ガーミンから新たなランニング用パワーメーターが発売されたわけではなく、既存のランニングダイナミクスポッドやHRM-Run、HRM-Triといったいわゆる心拍ベルトに内蔵されている加速度センサーを通じて、ランニング中のパワーを予測できるようになったというわけです。

Connect IQというサイトから専用のアプリをダウンロードすることで、ランニング中のパワーを計測することができますが、全てのGPSウォッチでパワーが計測できるわけではありません。

現在はForeAthlete 645/Music, ForeAthlete 935, fenix5シリーズのみランニングパワーに対応しています。

上記のGPSウォッチを使用している方であれば、ランニングパワーを計測することができますので、ぜひ試してみてください。

価格も他のデバイスより安く、ランニングダイナミクスポッドであれば日本で購入する場合、8,400円(税別)で購入することができます。

RunScribe(ランスクライブ)

Strydと同じく、クラウドファンディングを経てリリースされたのがRunScribeです。KicksterterでのプロジェクトはStrydよりも先でしたが、当初はランニングパワーという指標は考慮されていませんでした。

RunScribeもランニングシューズに装着して使用します。

もともとはランニング中の足の接地位置(踵接地なのか、ミッドフットなのか、フォアフットなのか)の情報をフィードバックしてくれたり、接地時にどれくらいブレーキがかっているのか?を可視化してくれます。

怪我に繋がる動作の一つ、プロネーション(足が内側に倒れ込むような動作)を評価してくれるのも大きな特徴です。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【自宅で筋トレ】ランナーのための家でもできるオススメトレーニング5選

  • GARMINで心拍トレーニングの精度を上げる方法

  • トレーニング以外でランニングパフォーマンスを上げるためにできること〜最大酸素摂取量(VO2max)編〜

  • 約2ヶ月の低酸素トレーニングと筋トレでランニングテストのパフォーマンスはどう変化したのか?

関連記事

  • サハラマラソンで実際に使った装備・持ち物リストを全公開

  • 【保存版】ランニングタイツ、機能性タイツおすすめベスト5

  • 【最新ウェアラブルデバイスHumon Hex】ランニング時にリアルタイムで筋肉中の酸素を計測し、疲労状態を可視化する!

  • ランニング用パワーメーターSTRYDでパフォーマンスは変わるのか?

  • マラソンレースで必ず携帯したいアミノ酸サプリメント・ベスト5徹底比較

  • 箱根外輪山トレイルランニングの準備と楽しみ方