1. TOP
  2. ランニングお役立ち情報
  3. 東京マラソン2016の抽選結果で当選したらやっておきたい3つのこと

東京マラソン2016の抽選結果で当選したらやっておきたい3つのこと

ランニングお役立ち情報 ランニングノウハウ
この記事は約 6 分で読めます。 15,583 Views

2015年9月16日は東京マラソン2016の抽選結果の日!

ということで、当選した人もいれば、残念な結果におわった人もいるかと思います。

筆者自身も参加経験がありますが、この東京マラソンは何度出ても「素晴らしい!」と思える、日本最大のマラソンレースです。

東京マラソンは、ハワイのホノルルマラソンと同様にイベント性・エンターテイメント性が非常に高い大会なので、エリートランナー、ベテランのランナーだけでなく、マラソン初心者、始めてフルマラソンに挑戦する方も沢山いらっしゃいます。

大都会・東京の本当にド真ん中を走れる大会なので、特別感を味わうことができますし、地方から参加される方であれば、一緒に東京観光をすることも可能です。

もし、フルマラソンを初めて走る!という方でも、せっかくなら苦しい想い出より楽しい思い出にしたいですよね。

そこで、東京マラソン本番まで残り5ヶ月ほどですが、東京マラソン2016までにやっておきたい5つのことを紹介しておきたいと思います。

しっかり練習しておく

hurumarasonn

まずは当然のことながら、しっかりと練習しておきましょう。ぶっつけ本番でも走れないことはありませんが、本番で楽しく走るためには、それまでに(楽しみながらも)トレーニングしておく必要があります。

東京マラソンは、「観光」という意味合いも強いので、一度も歩かずに完走を目指すよりも、途中途中で歩きながら、写真やビデオ撮影をしながら走るのも楽しみの1つです。もちろん、タイムを意識しないのであれば。

「歩くのなら、楽でいい!」と思った方、実は真逆です!!

実は、途中で歩くよりも、走り続ける方が筋肉にとっては楽なんです。精神的にも同様ですね。

実際にフルマラソンやウルトラマラソンを走った経験のある方なら、一度くらいは経験があると思いますが、足が重くなってしまった状態で、走っている途中に歩いたり、立ち止まったりすると、逆に疲労が蓄積してしまいます。

長時間立ち止まった後にリスタートするのは、非常に苦しいわけです。

これには理由があるんですが、走るという動作の中には両足が宙に浮いているフェーズがあります。両足が地面から離れている時ですね。

一方、ウォーキングは、常に片足が地面に着いています。立ち止まっているときは両足で立った状態です。

ランニングをしている最中は、両足が地面から離れているフェーズがあると書きました。実はこれが重要です

両足が地面から離れている時は、ある意味筋肉にダメージが加わりません。

負荷をかけずに休ませている状態になります。

一方、立ち止まった場合やウォーキングをしている時は、両方もしくはどちらかの足に負荷がかかっています

ですから、歩いたり、立ち止まったりするよりも走り続けた方がいいわけです

足が攣りそうになった時に、立ち止まってストレッチをするよりも、できることなら立ち止まらずに、ペースを落としてでもいいのでゆっくり走り続けることが大事です。

ただし、完全に攣ってしまった時は走ることができないと思いますので、その時は仕方がありません。

ストレッチをしながら走りましょう!

もう一点、歩いたり立ち止まるより、走り続けた方がいい理由は、単純にゴールまでの時間を短縮できるという点です。

例えば、5時間でゴールするのと、7時間でゴールするのを比べてみて下さい。

2時間多く動き続けなければならないわけですから、身体にかかる負担も、それだけ大きくなってしまいます。

ですから、東京マラソンを含めたフルマラソンを楽しく完走するためには、それだけの体力、脚力が必要になるということです。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 約2ヶ月の低酸素トレーニングと筋トレでランニングテストのパフォーマンスはどう変化したのか?

  • 標高2,000mと3,000mの低酸素トレーニング時に身体反応はどう変化するのか?

  • 【Run with Power】ランニングのパワートレーニングに関する動画解説まとめ

  • 低酸素トレーニングから約1ヶ月で最大酸素摂取量(VO2max)はどう変化したのか?

関連記事

  • 脂肪をうまく活用してマラソンのパフォーマンスを高める方法

  • 乳酸性作業閾値(LT)を計測しランニングパフォーマンスを向上させるには?

  • ランニングフォームを可視化するスマートシューズ【ORPHE TRACK】

  • マラソンレースでカーボローディングを実施する際の具体的方法と注意点まとめ

  • ランニングを始めたい、継続したい人が取るべき4つの具体的ステップ

  • ランニングはただ走るだけではもったいない!あなたの人生を10倍楽しくするランニング活用法