ランニングのトレーニング・レース分析にToday’s Planがおすすめなワケ

ランナーズNEXTでは比較的早い段階から、ランニング用パワーメーターを活用したトレーニングについて情報をお届けしてきました。

一番最初に書いたのは、ランニング用パワーメーターStrydでパフォーマンスは変わるのか?という記事で、2017年の5月に紹介しています。

他にはランニング用パワーメーターの種類と選び方に関する記事や、ランニングのパワートレーニングで得られる5つのメリットについても書きました。

ランニング用パワーメーターを活用することで、今までは見ることのできなかった、ランニングパフォーマンスを上げるための深いデータが見れるようになったわけです。

当社で推奨しているランニング用パワーメーターは、アメリカのスタートアップが開発したStrydです。

Strydにはソフトウェア”Power Center”が付随しています。

ですが、Power Centerとは別に専用のソフトウェア(ここでは分かりやすく「分析ツール」と表記します)を活用した方が自身のパフォーマンスアップやコンディション管理に必要な詳細データを把握することができます。

ランニングのパワートレーニングで成果を上げるためにチェックすべき2つの重要指標とは?の中で紹介している2つの指標は、分析ツールで得られたものです。

分析ツールの中でもいくつか種類があり、ポピュラーなものだとTraining Peaks, Today’s Plan, Final Surgeなどがあります。

全て海外の企業が開発・運用していて、自転車用のパワーメーターを使用しているサイクリストやトライアスリートであれば、Training Peaksを使用している人が多いのではないでしょうか?

私は紆余曲折あり、現在自身のトレーニング分析・管理ツールとして、コーチングツールとしてToday’s Planを使用しています。

そこで今回は、私がなぜToday’s Planを使用しているのか?「ランニングのトレーニング・レース分析にToday’s Planがおすすめなワケ」と題して、Today’s Planの魅力について紹介していきます。

なぜToday’s Planを使用するようになったのか?

私自身、パワーメーターを使い始めた当初は前述のTraining Peaksを使用していました。

Training Peaksは業界では老舗の分析ツールであり、他社のユーザー数を凌ぎます。

ですが、Today’s Planが2018年の4月に当時のStrydユーザーに向けて30日間の無料トライアルを実施したことをきっかけに、ひとまず登録して使ってみることにしました。この時はTraining Peaksと同時並行での使用です。

※現在Training Peaks、Today’s Planは無料で使用できるトライアル期間はそれぞれ14日間と7日間となっています。以降も無料で使用することは可能ですが、使用制限がかかり、通常利用をする場合は有料版に移行する必要があります。

ガーミンのGPSウォッチを装着してランニングの計測をすれば、両方の分析ツールにデータは自動転送されます。

※Run with Powerの著者、Jim VanceもToday’s Planのユーザーの一人であり、開発にも大きく関わっています。

しばらく両方のツールを使用していく中で、最終的にはToday’s Plan一本で使用していくことにしましたが、その理由も含めて下記に記しておきます。

マルチスポーツに対応するようになってから日が浅い

もともとToday’s Planはサイクリスト向けの分析ツールでした。ですが、2018年の4月からランニングを含めたマルチスポーツにも対応することになったわけです。

その背景には、ランニングでもパワートレーニングができるようになったことが大きく影響しています。

正直、パワーメーターを使用しないのであれば、ここで紹介している分析ツールの恩恵を受けることはできません。

逆を言えば、ここで紹介している分析ツールの全てはパワートレーニングの実施を前提としていると言っていいでしょう。

今回、Today’s Planをメインで使用することにした1つ目の理由は、ランニングの分析ツールとしてリリースされてから、まだ日が浅いことです。

見方によってはデメリットでもありますが、個人的にはこれから様々なソフトウェアのアップデートをチェックしながら活用できるのは非常にありがたいわけです。

Training Peaksは既に長年の運用実績がありますから、過去の膨大な情報の中から活用法をキャッチアップしていかなければなりません。

最初のコメントをしよう

必須

*