1. TOP
  2. おすすめランニンググッズ
  3. ウルトラマラソンレースで持参したい!必須ランニンググッズ・ベスト5!

ウルトラマラソンレースで持参したい!必須ランニンググッズ・ベスト5!

おすすめランニンググッズ ウルトラマラソン
この記事は約 5 分で読めます。 19,689 Views

ウルトラマラソンを走ろうと思うと、それなりの準備が必要になってきます。長くて13時間〜15時間走り続けることになりますから、何のランニングアイテム・ランニンググッズも持たずに、エイドステーション頼り走るのはリスクが高すぎるでしょう。

ウルトラマラソンに参加する殆どのランナーが、小型のザックやウエストポーチを装着し、走っています。

中身は人それぞれだと思いますが、個人的に持参した方が良い、装着しておいた方が良いものを5つピックアップしてみました。

ご自身の状況に合わせて、活用してみてください。

コンプレッション系インナーシャツ

compress

インナーシャツは個人的に大事だと思っていて、レース中の乳擦れ、脇擦れ予防、ある程度の振動による上半身の筋肉疲労緩和、そして体温調節機能としても非常に役立ちます。

ウルトラマラソンの場合は早朝、夜と日中の気温差が大きくなる事があります。開催時期が梅雨の時期とも被ってしまうこともあるので、雨が降ったり、途中で止んで晴れるということも起こり得ます。

なので、普通のTシャツだけではなく、速乾性の高いインナーシャツで体温調節できるようにしておくと良いでしょう。

気温が暑くても通気性の良いものであれば、逆に着ないよりも快適です。

オススメなのはCompressportのMultisport Shirtというアイテムで、生地は若干厚手ですが、夏の暑い時期に装着しても快適です。

通気性を良くするために、シャツに多数の穴が空いているので、耐久性という面ではそれほど高くは無いかもしれませんが、ウルトラマラソンレースにおいては非常にオススメです。

長袖のコンプレッション系シャツだと、暑い時にストレスになってしまうので、インナーは半袖かノースリーブシャツを着用し、必要があれば簡単に着脱可能なアームカバーを装着するほうがベターです。

サプリメント各種

s_2015-03-07 14.18.41

サプリメント、特にエネルギージェルは必要不可欠です。各エイドステーションに補給食は用意されていますが、固形物だけを頼りに走ると、どうしても消化と吸収に時間がかかります。

胃腸への負担もかかってしまうわけです。ただでさえ、ウルトラマラソンは胃腸にストレスをかけることになってしまいますので、補給時においても胃腸に負担の少ないジェルを有効活用ぢましょう。

また、特にレース後半は徐々に足が動かなくなってしまいますので、アミノ酸サプリメントを活用するのも1つでしょう。

参考:マラソンレースで活躍!補給で使えるエナジージェルまとめ

   マラソンレースで必ず携帯したいアミノ酸サプリメント・ベスト4を徹底比較してみた

スキンケアグッズ

スクリーンショット 2015-06-29 13.35.57

スキンケアグッズと言うと、非常に幅が広いですが、中でも足のマメや靴ずれの応急処置ができるアイテムを携帯しておくと安心です。

処置ができるのはもちろん大事ですが、処置後になるべく通常通りの走りができるかどうかも長い距離を走る上では大きなポイントです。

そこで、絆創膏やテーピングで靴擦れやマメができた箇所を覆うよりも、若干のクッション性があって、水を弾くタイプのスキンケアグッズを紹介します。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 約2ヶ月の低酸素トレーニングと筋トレでランニングテストのパフォーマンスはどう変化したのか?

  • 標高2,000mと3,000mの低酸素トレーニング時に身体反応はどう変化するのか?

  • 【Run with Power】ランニングのパワートレーニングに関する動画解説まとめ

  • 低酸素トレーニングから約1ヶ月で最大酸素摂取量(VO2max)はどう変化したのか?

関連記事

  • HOKA ONE ONEのランニングシューズ徹底比較【トレイルランニングシューズ編】

  • おすすめトレイルランニング・ウルトラマラソン用ヘッドライト【最新版】

  • 【最新ウェアラブルデバイスHumon Hex】ランニング時にリアルタイムで筋肉中の酸素を計測し、疲労状態を可視化する!

  • ランニング用スポーツサングラスの人気ブランド・ベスト4はこれだ!

  • ウルトラマラソンにも対応可能!おすすめランニングウォッチ・ベスト3!

  • 箱根外輪山トレイルランニングの準備と楽しみ方