1. TOP
  2. ランニングお役立ち情報
  3. 【マラソンレース中のトラブル】足にマメができてしまった時の対処法まとめ

【マラソンレース中のトラブル】足にマメができてしまった時の対処法まとめ

 2015/06/29 ランニングお役立ち情報 ランニングと怪我の悩み
この記事は約 4 分で読めます。

マラソンレースに出たことのある人ならば、足にマメを作ってしまったことのある方も多いのではないでしょうか?

もちろん、マラソンのレース中だけでなく、普段の練習・トレーニングの際も同様です。

足にマメが出来た状態で走り続けるのは結構辛いですよね・・・。

マメをかばうあまり、ランニングフォーム自体がおかしくなり、身体の他の部位に痛みを引き起こしかねません。

そこで、今回はマラソンのレース中、足にマメができてしまった時の対処法をご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは、ある意味「応急処置」的な対処法ですので、まずは足にマメができないような工夫をしておくことが大切です。

この点については、改めてお伝えします。

そもそも、なぜランニング中に足にマメができてしまうのか?

それは、ランニングシューズのソールとソックス、皮膚との間に摩擦が起きるわけですが・・・

skin_001

そもそも、皮膚とは上の図のように表皮と真皮、皮下組織の3層からできています。

マメ(正確には水疱)とは、表皮と真皮の間に液体がたまった状態を言います。

表皮がソックスやシューズのソールに固定させた状態で真皮との間にズレるような力が加わり、表皮と真皮が引き剥がされ、その間に液体が溜まる事によって出来るものです。

レース中のマメができてしまった場合はどうするか?

もちろん、マメができたかどうかは痛みによって気づくパターンか、何となく足にプヨプヨした感じがした時にしか分かりません。

レース後半の後半で1秒でも速く走りたい場合は別ですが、基本的には一度立ち止まって処置をしてあげましょう。

もちろん、処置にはアイテムが必要です。

ウルトラマラソンで着替え等ができるチェックポイントがある場合は、自分の荷物の中にアイテムを準備しておくのも一つの手です。

これがあれば最低限処置ができるというものは

①水

②ワセリン

③リガードスキンケア

④カバーロールストレッチ(キネシオテープ)

この4つです。マメは潰れていても、潰れていなくても基本的に対処法は同じです。レース中の応急処置ですので。

潰れていないマメを敢えて潰す必要はありません。対処は簡単に済ませるのが鉄則です。

レース後にしっかりケアしてあげましょう。

①の水に関してですが、これはマメができた箇所とその周辺をキレイにしてあげることです。

水を拭き取った後は②のワセリンをマメができているところに塗ってあげます。

③のリガードスキンケアに関しては聞き慣れないアイテムかもしれませんが、要は絆創膏と同じ役割です。

ただ絆創膏と違い、汗や水分を吸収して、動きの多い部位や曲面部にしっかりフィットする、皮膚感覚の「パッド」なんです。

外からの水分を入りにくくし、衣服にも引っかかりにくくしている為、はがれにくく、適度な厚みと弾力性が、長時間肌を守ってくれます。

スクリーンショット 2015-06-29 13.35.57

※リガードスキンケア 大・中・小の3つのサイズがります。詳細はこちら

クッションとしての機能もありますので、これを付けることで痛みが和らぐこともあります。数枚持って走ると良いでしょう。

ただ、ワセリンを塗った上に貼っていると言うこともありますが、粘着性はさほど強くはありません。

ですから、④のカバーロールストレッチでスキンケアが剥がれないように、動かないようにしてあげるわけです。

s_kaba-ro-ru50

この商品も聞き慣れないものだと思いますが、スポーツの現場などではよく使われます。

粘着性が高いので、レース中にテープが剥がれる心配はありません。

詳細はこちら

カバーロールストレッチの代わりに、キネシオテープで代用する方法もありますが、粘着性が全く違います。

適当な枚数カットしてレース中も携帯しておくといいでしょう。

ワセリンが小さなケースに少量、リガードスキンケアとカバーオールストレッチはジップロックに入れておきます。

重さは気にならないと思いますので。

 

以上、足にマメができてしまった時の対処法をまとめましたが、いかがだったでしょうか?

日頃からマメを予防することは大事ですが、レースの時にマメができないとも限りません。ぜひ、対処法でも知っておくとストレスや痛みを抱えながら走らずに済みますので、参考にしてみてください。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ビジネスアスリート
データサイエンティスト

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

自分自身も実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【トレイルランニング用スポーツサングラス】選び方をプロのアドバイスをもとに実証してきた!

  • ランナーが心拍数だけで運動強度を判断するのは限界がある!という話

  • Zwift+Strydの合せ技でランニングマシンでも飽きずに効率よくトレーニングできる?

  • Garmin(ガーミン)の時計・ランニングウォッチのオススメは?選び方を解説してみた

関連記事

  • トレイルランニング用ヘッドライトを選ぶなら様々なシーンに対応できるコレがオススメ!

  • アミノ酸サプリメントの決定版!マラソンランナーにおすすめのサプリとその摂取方法

  • フルマラソンでサブ3.5達成のためのランニングシューズの選び方!自分に合ったものを選択するための思考術とは?

  • ランニングの疲労回復、セルフケアで使えるストレッチポールの効果とは?

  • 【保存版】ランニングシューズの選び方徹底解説!

  • 「ランニングフィットネス」でランニングのパフォーマンスを上げる