ウルトラマラソンにも対応可能!おすすめランニングウォッチ・ベスト3!

今回は、「ウルトラマラソン」にターゲットを絞り、おすすめのランニングウォッチ・ベスト4を紹介したいと思います。全てGPS機能は搭載です。

ターゲットはウルトラマラソンなので、GPS稼働時のバッテリーは14時間以上としました。GPSデータを1秒毎に取得した場合です。

※ウルトラマラソンの制限時間が13時間〜14時間であるため。

尚、GPSの稼働時間は、色んな機能(バックライトや他のデバイスとの連携、Bluetoothをオンにしているなど)をオンの状態にしていると、当然このことがら全体の稼働時間は短くなってしまいます。

その辺りを踏まえると、稼働時間の長いGPSウォッチがおすすめです。

今回おすすめするランニングウォッチに関しても、コスト感・重量・機能性・デザインの4項目を★の数で採点していきます。

今回ご紹介するランニングウォッチは、結果的に各社の上位ブランドとなりました。その結果、どれも機能性に優れていますので、中でも特筆すべき点を記載しておきます。その代わり、値段は高くなります。

ForeAthlete 935XTJ

935

コスト感:標準価格 ¥57,800(税抜) ★★

重量:約49g ★★★★

機能性 ★★★★★

デザイン ★★★★

動作時間 トレーニングモード 約21時間

     ウルトラトラックモード 約44時間

     時計モード 約2週間

※トレーニングモードは毎秒計測ですが、ウルトラトラックモードでは一定の間隔でGPSがオフになり、最大約44時間までのバッテリーライフを延ばすことが可能です。ただし、ウルトラトラックモードを使用すると、距離計測は全くあてにならないため、基本的には使用しないほうが懸命です。

ただ21時間あれば、100㎞のロードレースは問題ありません。100㎞を超えるレースや長距離マラニックにも対応可能。

ラン、バイク、スイム、トレイルランニングと全てのアクティビティに対応できるマルチGPSウォッチです。

高機能かつ長時間の稼働に耐えられるハイエンドモデルなので、フルマラソンの記録を狙う方から、ウルトラマラソン、トレイアスロンに取り組む方まで幅広い層のランナーが使用しています。

最大の特徴は「ランニングダイナミクス機能」。付属のハートレートセンサー(心拍計測ベルト)やランニングダイナミクスポッドを装着することで、ランニング中の上下動、ピッチ、地面接地時間、左右の接地バランス、そして最大酸素摂取量や乳酸性作業閾値(LT)の計測することができることが特徴です。

詳細はGARMIN(ガーミン)ForeAthlete935XTJについてまとめてみた!に書きましたので、参考にしてみて下さい。

カラーディスプレイ対応モデルなので、レース中もデータが確認しやすいです。

Wristable GPS SF−850 B/V

os_wristable01

コスト感:標準価格 ¥31,900(税抜) ★★★★

重量:約52g ★★★★

機能性 ★★

デザイン ★★

動作時間 GPS機能稼働時(脈拍計速ON時) 20時間

     GPS機能稼働時(脈拍計速OFF時) 24時間

     時計表示時(オートスリープON時) 16日間

フルマラソン用に引き続き、エプソンのSF-850はウルトラマラソンでも活用できます。理由はGPSを取得しながら最大20時間走れる点にあります。