1. TOP
  2. ランニングウォッチ・GPSウォッチ
  3. 【フルマラソン用】人気おすすめランニングウォッチ・ベスト5!

【フルマラソン用】人気おすすめランニングウォッチ・ベスト5!

「測定できるものは必ず改善できる」ということで考えるならば、マラソンやランニングにはランニングウォッチは欠かせません。

なぜなら、ランニングのパフォーマンス改善に必要な数字を、あんなコンパクトなランニングウォッチで計測してくれるからです。

以前、ランニングウォッチのおすすめはこれだ!機能性に優れたGPSウォッチを比較してみた。というテーマで記事を書きましたが、この時はオススメのGPS付きランニングウォッチを4社の中から紹介していきました。

ただし、この記事を見ただけでは自分に合ったランニングウォッチは選択できないでしょう。

なぜなら、ご紹介しているランニングウォッチの数がが多く、比較する項目も沢山あったからです。

そこで今回は、「フルマラソン」にターゲットを絞り、おすすめのランニングウォッチ・ベスト5を紹介したいと思います。全てGPS機能は搭載です。

ターゲットはフルマラソンなので、GPS稼働時のバッテリーが長ければ良い!

というわけでもありませんが、今回おすすめするランニングウォッチに関しては、コスト感・重量・機能性・デザインの4項目を★の数で採点したいと思います。

尚、ランキング形式にしてしまうと個人的な趣味・嗜好も反映されてしまうため、これからご紹介する5つの内のどれかを選べば間違いない!というスタンスでご覧いただければと思っています。それでは、早速ランニングウォッチのおすすめを見ていきましょう!

Garmin ForeAthlete 645 Music

コスト感:標準価格 ¥49,800(税抜) ★★

重量:約42.2g ★★★★★

機能性 ★★★★★

デザイン ★★★★★

高い機能性と軽量感が売り!軽量なのに、ランニングウォッチらしくない(安っぽくない)デザインが好評です。

最大の特徴は、ランニングダイナミクス機能を含め、高機能なモデルにも関わらず、スマホや有線イヤフォンなしに音楽を聞けること。

心拍計測用ベルトやランニングダイナミクスポッド(RD Pod)を装着する事で、ランニング時の自分の身体の上下運動や、1分あたりのピッチ(歩数)、足が地面に接地している時間の計測が行えるようになります。

つまり、自分自身のランニングフォームを可視化できるということです。

さらに人間が体内に取り込む事の出来る酸素量の最大値、VO2max(最大酸素摂取量)が計測可能です。この摂取量を認識することで、運動レベルを設定できるようになるので、日々どれくらいのレベルでトレーニングをするのか?という、トレーニングのコントロールに役立てる事が出来ます。

GPSウォッチの中ではGarminのみの機能でもある「乳酸性作業閾値(LT)」の予測機能が搭載されています。

※乳酸性作業閾値の予測機能を使うには、心拍計測用ベルトの装着が必要です。

乳酸性作業閾値とは、運動強度を徐々に高めて血中の乳酸値が急に上昇し始める時の運動強度のことを指します。

乳酸性作業閾値(LT)がある程度予測できるということは、分かりやすく説明すると、長時間運動可能な運動強度が理解できるようになるということです。

参考記事:乳酸性作業閾値(LT)を計測しランニングパフォーマンスを向上させるには?

Bluetooth対応の無線のイヤフォンを使えば、スマートフォンなしに音楽を聞きながらフルマラソンレースを完走し、様々なデータも取ることが可能なランニングウォッチです。

ForeAthlete 235J

61d9fa03-s

コスト感:標準価格 ¥31,297(税抜) ★★★

重量:約42g ★★★★★

機能性 ★★★

デザイン ★★★

機能としてはForeAthlete 230Jとほぼ同じですが、最大の違いは、心拍計測が心拍計測用ベルト無しで、心拍の計測ができること、ある程度のデータを取得することができること。それなのに、この金額は正直、コスパがGoodです!

前作のForeAthlete 225Jと比べても、V02max機能、リカバリーアドバイザー、レース予想タイム、バーチャルパートナーといった機能が新たに搭載されています。

これらの機能は光学心拍計の機能が向上したことを意味しています。つまり、前作よりも手首で脈拍を感知する能力が上がったわけです。

ガーミンでははじめて、ランニングウォッチの機能に加えて、スマートウォッチとしての機能が搭載されています。

ランニング以外の健康管理にも活用できるのが嬉しいところです。

前述のForeAthlete 654 Musicに比べて、機能やデザインは落ちますが、ガーミンの中では最も人気のあるモデルです。

Wristable GPS SF−850 B/V

os_wristable01

コスト感:標準価格 ¥24,800(税抜) ★★★★

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 約2ヶ月の低酸素トレーニングと筋トレでランニングテストのパフォーマンスはどう変化したのか?

  • 標高2,000mと3,000mの低酸素トレーニング時に身体反応はどう変化するのか?

  • 【Run with Power】ランニングのパワートレーニングに関する動画解説まとめ

  • 低酸素トレーニングから約1ヶ月で最大酸素摂取量(VO2max)はどう変化したのか?

関連記事

  • 【スマートウォッチ】HUAWEI(ファーウェイ) WATCH GT 2レビュー

  • ランナーズNEXTが今最もオススメするGPSウォッチGarmin ForeAthlete 935

  • 【2020年最新版】ランニングウォッチ・GPSウォッチの人気・おすすめを徹底比較

  • GPSウォッチは結局どれがオススメなのか?

  • GARMIN(ガーミン)ForeAthlete935についてまとめてみた!

  • GARMIN(ガーミン)fenix 5 徹底解剖〜スペックの違いから選び方まで〜