1. TOP
  2. ランニングとビジネス
  3. ランニングはただ走るだけではもったいない!あなたの人生を10倍楽しくするランニング活用法

ランニングはただ走るだけではもったいない!あなたの人生を10倍楽しくするランニング活用法

ランニングとビジネス ランニングノウハウ
この記事は約 5 分で読めます。 3,204 Views

ランニングやマラソンをやっている人の多くが、「ある特定の何かに向けて」日々活動をされています。

それは、目標とする大会に出ることだったり、自己ベストを更新することだったり、ダイエットのためだったりと様々です。

記録にしても体重にしても、数値が改善されるから面白いという側面は確かにあります。

むしろ、そういう考え方のほうが王道でしょう。

ですが、ランニングをすることで数値としては計り知れない可能性を見出すことができます。

今回はそんなランニングを通じて広がる世界や可能性について、具体的に書いていきたいと思います。

人と人との繋がりを作ることができる

s_Teamwork

まず1つ目は、人と人との繋がりです。

「ランニング」や「マラソン」という共通言語を通じて、お互いがコミュニケーションを取りやすくなる。

それは、友人同士だけではなく、世代や肩書きを越えた繋がりです。

一緒に身体を動かすことだけで、それが1つのコミュニケーションとなります。ノンバーバルコミュニケーションという言葉がありますが、一緒に走るということもノンバーバルなコミュニケーションだと思っています。

正確に言うと、実際のコミュニケーションに繋げるためのノンバーバルコミュニケーションといった感じでしょうか。

身体を動かすことで得た共通体験(非言語的)をネタに話を膨らませることができますよね。

例えば、マラソンのレースとなると「一緒にキツイ思いをしながらゴールまで頑張った!」という一体感が更に強まります。

「今日のコースは10km過ぎのあの坂がキツかったですよね・・・」

「タイムどうでした?」

「ラップタイムが・・・」

のようなレースを走った人なら、口にしたくなるような話題をキッカケに話を膨らませんることができます。

一緒に走っている時は、年齢のことや肩書きのことはあまり深く考えす、フラットに付き合えるということも1つのポイントです。

最近では、オンライン上(特にSNS上)での交流も盛んに行われています。SNS上で特定のコミュニティを作り、互いに励まし合いながら、中には一度も合ったことのない人同士が繋がり、ネット上で様々なコミュニケーションを取っています。

これも時代を象徴するコミュニケーション法の1つと言えるでしょう。

いわゆるビジネス力の向上

s_2014011816499773

以前、ビジネスマンの間で話題になっているランニングに関する「考え方」が変わる5つのポイントという記事を書きましたが、ランニングをすることで頭が良くなったり(頭がクリアになる、集中力が増す)、時間管理ができるようになったり、自分に自信が持てるようになったりとビジネスに繋がる様々なプラスの効果があります。

最初からビジネス力を上げるために走ろう!という人はほとんどいないと思いますが、ランニングを始めていたら自然に色々な力が身についていた!というのもちょっと面白い。

世の経営者が密かに実践しているランニングのルールの中でも紹介しましたが、経営者の中には「ビジネスのため」にランニングをしている人も増えてきました。

今後、ランニングをする目的が「健康のため」「ダイエットのため」だけではなく「ビジネススキルを上げるため」という目的が加わると熱いんじゃないかなと個人的には思っています!

学生が「勉強の成績を上げるため」というのもいいですね(笑)!

知らない世界を堪能できる

s_P1320086

自己ベストの更新!や今まで走れなかったような長い距離を走れるようになった!という意味でもそうですが、ランニングを通じて知らない世界を堪能することもできます。

例えば、あなたが旅先や出張先でランニングをするとします。

そこにはあなたが普段触れることのできない、見ることのできない空気感そして景色が広がっているはずです。

これは「旅ラン」とも言われますが、出張の時の朝のちょっとした時間を使って走るだけで、訪れた街を観光することができますし、視界から様々な刺激が加わります。

もし時間に余裕があるのなら、知らない場所を気ままに走ることもオススメです。道に迷いながら走るのも違った楽しさを堪能できますし、気がついたら思った以上に長く走っていたな・・・なんてこともよくあります。

余談ですが、旅先でランニングをした後の朝食は格別に旨い!これはぜひやって欲しいことの1つです。

筆者はホノルルマラソンやサハラマラソンなど、国内のレースだけでなく海外のレースにも参加していますが、異国の街を走るのは本当に刺激的です。

レースに参加しなくても、海外旅行ついでに走る、海外出張ついでに走るだけで普段は触れることのできない町並み、景色を堪能できるはずです。

まとめ

以上、今回はランニングを通じて広がる世界や可能性について書いてみましたが、いかがだったでしょうか?

ランニングをキツくて辛いもの、健康のために頑張ってやらなくてはならないものだから嫌だな・・・

と思っている人ほど、今回のように違う切り口でランニングを捉えるといいのではないでしょうか?

それがランニングを継続する・習慣化するためのポイントになるかもしれません。

参考にしていただければ幸いです。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやパワーメーターなどのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • ランニング用パワーメーターの種類と選び方

  • ランニングのパワートレーニングで得られる5つのメリット

  • 「才能の正体」から学ぶ、マラソンの才能・能力を伸ばすために必要な考え方【編集長コラムVol.1】

  • 【新企画】編集長コラムがスタートします!

関連記事

  • 乳酸性作業閾値(LT)を計測しランニングパフォーマンスを向上させるには?

  • 情報化社会でランニング人口が増え続けるたった1つの理由

  • 東京マラソン2016の抽選結果で当選したらやっておきたい3つのこと

  • ランナーが心拍数だけで運動強度を判断するのは限界がある!

  • 走力が劇的にアップ!準備するだけでマラソンの記録が「グングン」伸びる3つの秘訣

  • マラソンのトレーニングで絶対に外してはならない必須エクササイズはこれだ!