1. TOP
  2. ランニングお役立ち情報
  3. 【アミノサウルス】ランナー向けアミノ酸・BCAAサプリメントの比較・解説

【アミノサウルス】ランナー向けアミノ酸・BCAAサプリメントの比較・解説

ランニングお役立ち情報 ランニングと身体のケア
この記事は約 8 分で読めます。 17,312 Views

ランナーがランニングを実践する中で、マラソンで自己記録を更新する(サブ4、サブ3など)、最後までパフォーマンスを落とすこと無く走り切る、日頃から出来る限り疲れを残さない・・・といったことが実現可能だとしたら、いかがでしょうか?

現在、ランナーの数、大会数が増加するに伴い、ランニングに関するギア・アイテムも増加しています。

中でも、ランナーやトライアスリートに特化したサプリメントは年々数が多くなっています。

マラソンで自己記録を更新する、最後までパフォーマンスを落とすこと無く走り切る、日頃から出来る限り疲れを残さないための方法の1つとして、アミノ酸・BCAAのサプリメントを活用することは、多くのランナーにとって当たり前になりつつあります。

ランナーズNEXTの中でもアミノ酸、BCAAサプリメントに関する記事は多数紹介済みです。

参考:マラソンレースで必ず携帯したいアミノ酸サプリメント・ベスト5を徹底比較してみた

特にサプリメントに関する情報は、実際に自身で使用したものを読者の皆さんに共有するというスタンスで記事を書いています。

今回、自身で活用したオススメのサプリメントはアミノ酸・BCAAの【アミノサウルス】というサプリメントです。

アミノサウルスとは?成分と特徴

IMG_2507※アミノサウルス1袋の大きさ。メダリストとアミノバイタルの中間くらいの大きさ。

アミノサウルスはトライアスロンの元オリンピックアスリートと、フルマラソンをサブ3で走るドクター(医師)らが共同で開発したアミノ酸・BCAAサプリメントです。

ちなみに、アミノサウルスの共同開発をしているドクターはフルマラソンレースを4週連続で走り、全てサブ3を達成しているランナーとのこと。

※現在、顆粒タイプのアミノサウルスと、主にビタミン・ミネラルの摂取のために開発されたベースサウルスの2種類がありますが、この記事ではアミノ酸・BCAAに特化したアミノサウルスについて紹介していきます。

では、アミノサウルスに含まれる成分や特徴を見ていきましょう。

・1本あたりのコスト・・・229円。

・1本(5g)あたりに含まれる主な栄養素・・・下記の表を参照

・アミノ酸含有量・・・4,000mg。

<内訳(BCAA)>

バリン・・・250mg

ロイシン・・・2,000mg

イソロイシン・・・500mg

計2,750mg

スクリーンショット 2016-12-28 15.16.33

もう1つ、アミノサウルスが掲げる特徴としては新世代アミノ酸と言われる、OCAA(Ornithine Cycle Amino Acids)として、アルギニン、オルニチン、シトルリンが1,000mg含まれます。

オルニチンには体内の疲労回復のサイクルを早めるための効果があり、シトルリンは血管の弾性や血流促進に、アルギニンには疲労回復や免疫力を高めるなど、マルチな効果を持つアミノ酸です。

今後の研究で、よりスポーツにおけるパフォーマンスや疲労回復に絡んだ見解が示されてくるかもしれません。

対してBCAAは非常に有名ですが、Branched Chain Amino Acidsの頭文字で、分子構造から分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸と呼ばれています。

具体的には必須アミノ酸でもあるバリン、ロイシン、イソロイシンのことを指します。

アミノサウルスの効果は?

s_hill-runner-featured

次にアミノサウルスを飲むことで得られる効果について、考えてみたいと思います。そもそも、アミノサウルスを含む「アミノ酸サプリメント」を摂取することで得られる効果とは一体何なのでしょうか?

もちろん、アミノサウルスは薬ではなくサプリメントです。この辺りを踏まえて解説していきましょう。

アミノ酸とはタンパク質を構成している栄養素です。

つまり、筋肉はタンパク質がもとになってできているので、アミノ酸は筋肉の構成要素とも言えます。特にハードな練習やトレーニングを行うことで、筋肉は微細な損傷を受けるため、筋の損傷を修復するためにタンパク質を摂ることは重要だというわけです。

中でも、体内で合成することができない「必須アミノ酸」は食事からしか摂取することができません。

食事で補えない部分はサプリメントで摂取する必要があります。

ハードな練習・トレーニングの後は、それだけ筋肉へのダメージも大きくなります。

また、マラソンレースを考えると、下肢の筋肉に大きなダメージが加わります。レース後半になればなる程、ダメージの総量は大きくなるわけです。

なので、練習やトレーニング後、レース中にアミノ酸サプリを飲むことは、蓄積した疲労やダメージの回復を目的としていると言えます。

アミノ酸の摂取とパフォーマンスに関する研究も複数存在しており、フルマラソンタイム3時間から3時間半の男性ランナー(平均39歳)104名を2群に分け、一方にのみBCAA16gを4回に分けて摂取させたBlomstrandらの実験では、BCAA摂取群では非摂取群に比べて明らかにレースタイムが向上したと報告しています。

これらのアミノ酸はエネルギー源の補給だけでなく、中枢性疲労も抑える効果があり、このことがパフォーマンス向上に役立ったと考えられています。

もし、日頃の練習やトレーニングからの回復を早めたい、レースでのパフォーマンスを向上させたいというランナーはアミノ酸サプリメントを活用するのも1つの解決策となるでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • Apple Watchはランニングやマラソンでも「使える」のか?

  • SUUNTO(スント)3はフィットネスウォッチとして新たな市場を作る!

  • スントらしさの詰まったSUUNTO(スント )5レビュー

  • アウトドアウォッチ Polar(ポラール) Grit X レビュー

関連記事

  • ランニングパフォーマンスは水の「質」で変わるのか?

  • ランニングサークルに入れば本当に仲間作りはできるのか?仲間作りで越えなければならない3つの壁

  • 【マラソンレース中のトラブル】足にマメができてしまった時の対処法まとめ

  • マラソンレースで活躍!補給で使えるエナジージェル比較まとめ

  • ふくらはぎ用コンプレッションタイツを比較するならこの5つがおすすめ!

  • オーバープロネーションを改善するために必要な対策まとめ【ランニング編】