ランニングフォームを正しく評価するにはどうすればいいのか?

「もっと効率よく走りたい」「怪我をしないような走りを身に付けたい」「自分の走り方は果たして理にかなっているのだろうか?」などなど、走り方やランニングフォームに関する疑問・悩みを持つランナーは多いのではないでしょうか?

特にランニング中にどこかを痛めてしまったり、レース後半で失速してしまうといった経験をしてしまうと、「自分の走り方はどこかがおかしいのではないか?」と考えるようになります。

そこから、(良くも悪くも)走り方に対する試行錯誤が始まるわけです。

残念ながら、自分の感覚だけでは、そもそも自分の走りがどうなっているのか?を把握できません。

さらに、「走り方を変えよう!」と思っても、その結果どこがどう変わったのか?が分からない・・・というのが現状です。

一方、誰かからランニングフォームや走り方の評価を受けることを考えた場合、

「腰が落ちているね」とか「肩甲骨が動いていないよね」とか「踵から着地しているよね」という感じの評価になるケースがほとんどではないでしょうか。

この場合、評価をする側と受ける側が共通認識をしているか?というと、実はそうではないケースがあります。

そこで今回は、ランニングフォームや走り方を「正しく」評価するにはどんなことが必要なのか?を改めて考えてみたいと思います。

 現状、ランニングフォームを分析・評価する場合、大きく2つの方法が考えられます。

評価法1:映像上のランニング動作を見て評価する

評価法の1つ目は、撮影したランニングフォームをもとに評価をする方法です。

ランニング動作を映像として確認することで、感覚で捉えることに比べると、ある程度客観的に動作を評価することができます。

例えば、自分の感覚では着地の際に足の裏全体で着地ができていると思っていたとしても、映像で見ると踵着地だった・・・というケースもあるかもしれません。

映像を活用することで、ランニングフォームを評価する精度は確実に高くなります。

ただし、映像上のランニングフォームを評価する場合、3つの問題点があります。

1つはコーチやトレーナーによって評価が変わる可能性があるということ。

映像を評価するのが「人」の場合、どうしてもその人の経験や主観が入ってしまいます。

極端な例かもしれませんが、何百人ものランニングフォームを評価してきた人(専門家)と、素人の方が同じ評価をできるはずがありません。

実際のランニングフォームから受ける印象は、個人によってどうしても差が出てしまいます。

2つ目はランニングフォームを評価する際に医学的知識の有無で、評価は大きく変わるということ。

ランニングフォームの評価に関する個人差は、単に「経験値の差」による場合はもちろんあります。

それは間違いありません。

ですが、意外と知られていないのは、評価をする側にスポーツ医学に関する知識があるかどうかで、ランニングフォームの評価は大きく変わるということ。

実は解剖学や機能解剖学といって、「人体の構造と機能」に関する知識はランニングフォームの評価に必要不可欠です。

例えば、ランニング動作中に右の膝が内側に入っていた場合に、「右の膝が内側に入っているので注意してください」とのフィードバックをしても、基本的には何の問題解決にもなっていない場合がほとんどだと言っていいでしょう。

なぜなら、基本的に走っている本人に膝が内側に入っている意識や感覚はないからです。

大事なのは膝が内側に入るということはどこの筋肉が弱くなっているか?どこの筋肉が硬くなっているのか?というところまで予測してアプローチして行く必要があります。

単に経験値を積むだけでは、そうしたアプローチを行うことはできません。「人体の構造と機能」に関する理解が重要になってきます。

3つ目はいくら医学的な知識を持って評価をしようとしても「細かい評価」をするのに限界があるということ。

仮にスポーツ医学の知識や評価ができる人であっても、映像のみで細かい評価をするのは限界があります。

例えば、映像上は足の裏全体で荷重ができているように見えていたとしても、実際は内側よりも外側の荷重圧の方が大きかった、ということがあるかもしれません。

左右でバランスよく荷重しながら走っているように見えていたとしても、実際は左側よりも右側の足にかかっている負担の方が大きい場合も考えられます。

なので、人の目だけでランニングフォームを評価をする範囲には限界があるわけです。

評価法2テクノロジーの力を有効活用する

もう一つ方法は、ランニングフォーム定量化(数値化するという方法です。

見た目だけでランニングフォーム を判断する場合、どうしても評価が主観的になってしまうリスクがあります

前述した通り、個々で評価の仕方に違いが出てくるわけなので。

定量的な判断軸を持たせることで、誰が見ても違いが分かるようにできわけです。

最初のコメントをしよう

必須

*