1. TOP
  2. ランニングと怪我の悩み
  3. マラソン・ランニングで膝痛が起きたら、最初に考えたい2つのこと!

マラソン・ランニングで膝痛が起きたら、最初に考えたい2つのこと!

ランニングと怪我の悩み
この記事は約 6 分で読めます。 20,269 Views

ランニングやマラソンをやっていて困ることトップ3に必ず入るもの。

それは膝の痛みに関する悩みです。

初心者の方であろうと上級者であろうと、ランニングやマラソンをやっている人は怪我をする可能性は0ではありません。

ランニングやマラソンが膝の痛みを引き起こしやすいスポーツである!ということを言いたいのではなく、あらゆるスポーツにおいて、怪我をするリスクは必ずついて回ります。

その怪我や痛みを予防しながら、ランニングライフを楽しむことができればいいですよね?

そもそも、「怪我」は大きく2つの分類ができます。

1つは1回のインパクトで怪我をしてしまうもの→外傷

例えば、膝の前十字靭帯という箇所をジャンプの着地に失敗し、損傷してしまった。

集団の中でのランニング中、前の人の足に躓き、足首を捻挫してしまった。

などが「外傷」にあたります。

もう1つは、身体の一部に何度も同じストレスが加わることで痛みを引き起こしてしまうもの→障害

例えば、今回のテーマでもある膝の痛み(ジャンパー膝、ランナー膝など)や足の骨の疲労骨折などが「障害」にあたります。

ランニングの場合は、1回のインパクトで怪我をするケースはどちらかというと少なく、ほとんどが何度もストレスが加わることによって起きる「障害」です。

ランニングで膝を痛めるケースは実際に多いようですが、しっかりと予防をすることで、ランニングによる障害は減らすことができます。

知っておきたいランニングで起きる膝の痛み・怪我ベスト3

という記事の中でもご紹介しましたが、ランニングで起きやすい膝の痛みを分類すると、

膝のお皿まわりに痛みが出るもの(ジャンパー膝)

膝の外側に痛みが出るもの(ランナー膝)

膝の内側に痛みが出るもの(鵞足炎)

という感じで分けることができます。当然痛む箇所が違えば、膝を痛める原因も違うわけです。

ですから、ジャンパー膝とランナー膝の対処法は違いますし、もっというと同じジャンパー膝の中でも原因が同じであるとは限らないわけです。

つまり、ここで最初のポイントに成りますが・・・

原因を追求・把握する

s_shutterstock_92175247

まずは、しっかりと膝の痛みが出てしまった原因を追求することからスタートしなければなりません。

以前、ランニングで膝が痛くなってしまったら必ず実施したい4つの対処法!という記事の中で、対処法の概略をお伝えしました。

この記事の中では、アイシングをする、病院へ行く、ストレッチをする、トレーニング(筋トレ)をするという形で紹介しました。

もちろん、どれも取り組むべき項目です。

ですが、中でも原因を追求し、把握していなければ、どこをどうストレッチしていいのか?どこをどのようにトレーニングすればいいのかが分かりません。

病院に行って、診断名がついたとしても、それは「結果」であり「原因」ではないわけです

例えば、ランニングで膝の痛みを感じるようになった場合、太ももの前の筋肉が硬いか、筋力が弱いかという判断をする場合が多くあります。

だから太ももの前をストレッチしたり、トレーニングすることが多いですよね。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • SUUNTO7は一歩先を行くアウトドアウォッチ&スマートウォッチ

  • Apple Watchはランニングやマラソンでも「使える」のか?

  • SUUNTO(スント)3はフィットネスウォッチとして新たな市場を作る!

  • スントらしさの詰まったSUUNTO(スント )5レビュー

関連記事

  • オーバープロネーションを改善するために必要な対策まとめ【ランニング編】

  • ランニングフォームの「質」を高めるための3つのポイント

  • 女性ランナー必見!ランニングで気をつけるべき爪のケガと対処法!

  • マラソンレース中に爪が剥がれる・爪が黒くなってしまったらどうする?

  • 知っておきたいランニングで起きる膝の痛み・怪我ベスト3

  • ランニングやマラソンレース後の筋肉痛を回復させる5つの具体的対処法