知っておきたいランニングで起きる膝の痛み・怪我ベスト3

ランニングの経験がある人なら、ランニング中に膝が痛くなったり、膝に違和感が出てしまったという経験が一度くらいはあるのではないでしょうか?

ランニングを始めたばかりの時期や、はじめてレースを走った後、練習量がいつもより多くなった時などは、特に膝に痛みが出やすくなってしまいます。

また一度痛くなってしまうと、なかなか完治しないんだよね・・・

という悩みを持つ方も多くいらっしゃいます。

膝が痛くてどうしたら良いか分からない・・・

走りながら直したらいいのか、ただ休めばいいのか、いい対処法は無いのか・・・

そんな方のために、まず今回は膝の怪我・痛みが出やすい場所について理解を深めていきましょう。

ランニングで膝が痛くなるメカニズム

まず、ランニングで起きる怪我のほとんどが、ある特定の部位に何度もストレスが加わることで起こるケースです。

1回のストレスで膝の靭帯が切れた!とか、膝の半月板が傷ついた!というケースはほとんどありません。

痛みが出るということは、必ず何らか原因があります。

例えば、太ももの前の筋力が弱い、太ももの前の筋肉が硬い、ランニングの着地の時にお尻の筋肉で上手く身体が支えられない、O脚が強い、全体的に身体が硬い・・・などなど。

実際に怪我の状態を評価してみないと原因は分かりませんが、ここでは1つのパターンとして参考にしてみてください。

膝のお皿の上下に痛みが出る

12559276831643820891

ランナーにも多いですが、特にバスケットやバレーボールなどジャンプをする競技に多く発症することから、ジャンパー膝という別名が存在するほどです。

膝のお皿の上もしくは下に痛みが出ます。

特に太ももの前の大腿四頭筋という筋肉が硬い場合は、膝に付着している上下の筋肉や腱が引っ張られるようにして、ストレスが掛かります。

最初のコメントをしよう

必須

*