ランニングシーンでスポーツサングラスが手放せなくなる5つの理由

今やトップアスリート、陸上競技選手だけでなく、一般の市民ランナーの間でも使用率が高まっている、スポーツサングラス。
マラソンレースの時だけに限らず、あらゆるランニングシーンでスポーツサングラスをかけている人を見かけるようになってきました。

確かにランニング中にスポーツサングラスをかけて走ると、何だかカッコイイし、速く走れそうにも見える!

ですが、スポーツサングラスを「何故、かけなければならないのか?」を知らないまま、使用している人がほとんどなのではないでしょうか?

そこで今回は、スポーツサングラスのプロショップを東京・上野に立ち上げてから20年、南は沖縄から、北は北海道まで、日本の都道府県全てにお客様を抱えるオードビー、オーナーの佐藤さんに「マラソン・ランニングとスポーツサングラス」をテーマにお話を伺ってきました。

これから数回に渡って、佐藤さんのインタビュー記事を掲載していきます。

s_DSCN2001※今回、インタビューをさせていただいた、オードビー佐藤さん。

第一回目の今回は、「ランニングシーンでスポーツサングラスが手放せなくなる5つの理由」ということで、何故ランニング中にスポーツサングラスをかけなければならないのか?
ということについて、お話を伺いたいと思います。

今回は佐藤さん(以下、敬称略)と筆者である浦中とのインタビュー形式でお送りします。

スポーツサングラスのプロショップ立ち上げの経緯

浦中

それでは、まず佐藤さんがこのサングラスショップを立ち上げた経緯について教えていただけますか?

佐藤

もともと僕は眼鏡業界にいて、卸やメーカにいたんですけど、昔から目が悪くて、スポーツも色々とやったんですけど、コンタクトなどを含めて非常に苦労をしてきたんですね。

で、ある時そういう苦労を、せっかく眼鏡業界にいるんだから「何とかしよう!」と思い、始めました。

はじめはメーカーにいたんですが、次に各メーカーをまとめるボランタリー・チェーンをやって、そこで小売店のコンサルティングなどをやっていました。なので、小売店の問題などはよく理解していましたね。

その時は、度付きのサングラスとスポーツサングラスというのはメガネ業界とスポーツ業界で全く分かれていたんですね!なので、それを一緒にした、というのがスタートです。一番は自分自身が困っていたからなんですが。
お店をスタートしたのが今から20年前です。

何故ランナーにスポーツサングラスが必要なのか?

浦中

今でこそ、ランナーやトライアスリートがスポーツサングラスをかけるシーンが増えてきましたけれど、そもそも何故ランナーにサングラスが必要なのかを教えていただけませんか?

佐藤

ひとつスポーツサングラスが流行り始めたきっかけは、Qちゃん(高橋尚子さん・2000年シドニーオリンピック女子マラソン金メダリスト)ですよね!
彼女がシドニーオリンピックのレース中にサングラスを投げて・・・あれがかなりインパクトが大きかったですね!

あれからマラソンでスポーツサングラスをかけるようになった人が多くなった気がしています!

浦中

実際にお店を経営されていて、感じるところはありましたか?

佐藤

はい。それに加えてオークリーというメーカーが陸上競技界の色んなスポーツ選手にかけさせて、有名なアスリートがかけることによって広まっていたというのもあります。

浦中

実際にスポーツサングラスをかけることによって、目を保護するですとか、集中力を上げるといった効果はあるんですか?

佐藤

スポーツサングラスをかけることで得られる効果は大きく5つあります!

最初はジョギング、マラソンに関して言うと、眩しさ避けとして使用されていたんですが、調べていくと目から紫外線が入ることで脳下垂体などで疲労物質が出るということが分かってきました。