マラソンに「チャレンジ」する事で得られる本当のメリットとは?結果を出すことよりも大切なたった1つのこと。

より良い人生を送るためには「チャレンジ」をすることが必要不可欠です。

ランニングやマラソンだけに限らず、仕事・ビジネスも同じです。

現状維持は物凄く楽かもしれませんが、惰性で日々を過ごしかねません。チャレンジをすることで時にうまくいかないこともあるかもしれませんが、チャレンジをしたという経験によって、自分自身が大きく成長していることを実感できるのではないでしょうか。

では、そもそもチャレンジすることの一番のメリットって何だろうと考えた時に、得られる結果よりも、結果を得るまでのプロセスに物凄く大きなメリットを感じるわけです。

「ランニング」というテーマで2015年を振り返ってみると、この1年間でのチャレンジは「サハラマラソン」と「フルマラソンでサブ3.5を達成する」ことでした。

サハラマラソンにチャレンジする事で気づいた思考の癖

サハラマラソンは完走できたという結果よりも、そこまでに至るプロセスから大きな気付きを得ることができました。

サハラマラソンに出発をするまでの準備、そしてステージレース中のレースマネジメントに関して言うと、本当に自分自身をよく表していたなと。

アフリカの大地を走る(しかも250㎞という距離を)という未知なる体験に、ワクワクすると同時に、本当に完走できるのか?途中でリタイアしてしまったらどうしようか?といった不安も伴いながら、準備をしていくわけです。

ある人は、まあなんとかなるだろう!とあまり準備をせずに、勢いで参加する人もいるでしょうし、できる限りの情報収集と装備でチャレンジする人もいるでしょう。

普段から、「何とかなるさ!」と思っている人は、そういった準備(?)をするでしょうし、普段から慎重な人はサハラマラソンの準備も慎重になることでしょう。

また、サハラマラソンをどう走るか?によっても準備の仕方は変わってきます。

ステージレース中の日々の快適さよりも、背負う荷物の重量を最大限に軽量化を図る人もいれば、できるだけ快適に生活する方を優先して、食料や生活用品を充実させる人もいます。

私の場合、レースに関してはただただ完走ができればいい、という思考が一番強かった。荷物の準備に関しては「レース中に最大限のパフォーマンスを出す」ことが最も重視したポイントだったなと、振り返ってみるとそう思います。

なので、装備品のクオリティに関して言うと結構高かった気がします。

例えば、いかにシューズの中に砂が入らないようにするか=足にマメを作らない、爪のトラブルを起こさないようにするかを考え抜き、オーダーメイドのインソールを作ったもらったり、砂がランニングシューズに入ってこないようにするためのゲーター(※1)と呼ばれるカバーを、シューズに縫い付け、釘を打ったりもしました。

結果的に爪のトラブルはなく、レース後半にマメを2つ作ってしまいましたが、恐らくダメージは少ないほうだと思います。

s_IMG_0717
※1 ランニングシューズの上からゲーターを着用。接着剤+縫い付け+釘で固定。

インソールはU2株式会社さんから合計6本のインソールを提供していただき、ステージ毎に常に新しいインソールを履いてレースに臨めるようにも配慮していただきました(非常に贅沢な使い方です)。

7日間のレースマネジメントに関して言うと、良くも悪くも自分自身の性格が露骨に現れてしまいました。

7日間のレースを完走するために、始めはできる限り体力をセーブしながら走り(歩き)、後半で余裕があれば頑張ろうとする人、1日1日を全力で走ろうとする人、とにかく制限時間内にゴールできればいい!という人など、色んな思考を持って参加する人がいると思います。

日常生活(特に仕事)でも、失敗を恐れずガンガン前に進んでいける人もいれば、失敗のリスクを最小限に抑えつつ上手く事を運ぼうとする人もいるはずです。もちろん、リスクは取らないという人もいるでしょう。

どれが良い・悪いというわけではなくて、チャレンジする事を通じて自分の思考に気付くことが大切です。

サブ3.5にチャレンジする事で気づいた思考の癖

準備に対する思考はサハラマラソンだけでなく、日常のマラソンの練習においても同じような思考をしていることに気が付きます。

例えば、3ヶ月でフルマラソン、サブ3.5を達成しようという目標設定をし、実際に練習をしていく中で、練習の中身に関しては物凄く考えますし、実際にどんなアイテムを使って走ろうかといったパフォーマンスを引き出すためのアイデアはトコトン考え抜きます。