1. TOP
  2. ランニングウォッチ・GPSウォッチ
  3. 【フルマラソン用】人気おすすめランニングウォッチ・ベスト5!

【フルマラソン用】人気おすすめランニングウォッチ・ベスト5!

「測定できるものは必ず改善できる」ということで考えるならば、マラソンやランニングにはランニングウォッチは欠かせません。

なぜなら、ランニングのパフォーマンス改善に必要な数字を、あんなコンパクトなランニングウォッチで計測してくれるからです。

以前、ランニングウォッチのおすすめはこれだ!機能性に優れたGPSウォッチを比較してみた。というテーマで記事を書きましたが、この時はオススメのGPS付きランニングウォッチを4社の中から紹介していきました。

以前の記事だけですと、自分に合ったランニングウォッチは選択できないでしょう。

なぜなら、まだまだ選択肢が多く、比較する項目も沢山あったからです。

そこで今回は、「フルマラソン」にターゲットを絞り、おすすめのランニングウォッチ・ベスト5を紹介したいと思います。全てGPS機能は搭載です。

ターゲットはフルマラソンなので、GPS稼働時のバッテリーが長ければ良い!

というわけでもありませんが、今回おすすめするランニングウォッチに関しては、コスト感・重量・機能性・デザインの4項目を★の数で採点したいと思います。

尚、ランキング形式にしてしまうと個人的な趣味・嗜好も反映されてしまうため、これからご紹介する5つの内のどれかを選べば間違いない!というスタンスでご覧いただければと思っています。それでは、早速ランニングウォッチのおすすめを見ていきましょう!

TOMTOM SPARK GPS

s_spark_cardio_negro_grande_tomtom_4_ad_l

コスト感:標準価格 ¥18,260(税抜) ★★★★★

重量:約47~50g ★★★★

機能性 ★★★

デザイン ★★★★

1つ目はTomTom SPARK(トムトム スパーク)です。TomTom SPARKに加えて、SPARK CARDIO、SPARK CARDIO+MUSICの三種類がラインナップされています。ランニングウォッチとしての機能はそれぞれ変わりませんが、光学心拍計を内蔵しているものがSPARK CARDIO、SPARK CARDIOにオーディオ機能を追加したものがSPARK CARDIO+MUSICとなっています。CARDIO、CARDIO+MUSICに関しては、バンドサイズがSサイズとLサイズの2種類あります。SPARKはSサイズのみ。

スペックを分かりやすくまとめると、下記の通りとなります。

スクリーンショット 2017-02-20 14.42.07

TomTom SPARKのみ光学心拍計が搭載されていないモデルなので、心拍数を計測する場合は別途心拍ベルトの購入が必要です。

動作時間は時計モードで約6週間。GPSモードで約11時間。GPS+心拍計測モードで約9時間。音楽を聞きながらの場合は最大約5時間持続するとのこと。

Garmin ForeAthlete 630J

s_garmin-launches-gps-watch-foreathlete630j-foreathlete230j-and-fitness-band-vivofit3

コスト感:標準価格 ¥29,800(税抜) ★★★★★

重量:約44g ★★★★★

機能性 ★★★★★

デザイン ★★★

高い機能性と軽量感が売り!タッチパネル機能があるので、操作が楽。グローブタッチ、雨や汗への安定動作に対応しています。

最大の特徴は、ランニングダイナミクス機能。

心拍計測用ベルト(HRM-Run)を装着する事で、ランニング時の自分の身体の上下運動や、1分あたりのピッチ(歩数)、足が地面に接地している時間の計測が行えるようになります。

つまり、自分自身のランニングフォームを可視化できるということです。

さらに人間が体内に取り込む事の出来る酸素量の最大値、VO2max(最大酸素摂取量)が計測可能です。この摂取量を認識することで、運動レベルを設定できるようになるので、日々どれくらいのレベルでトレーニングをするのか?という、トレーニングのコントロールに役立てる事が出来ます。

GPSウォッチの中ではGarminのみの機能でもある「乳酸性作業閾値(LT)」の予測機能が搭載されています。

※この記事の中で紹介している1位〜5位のモデルの中ではForeAthlete 630Jのみに搭載されている機能です。

乳酸性作業閾値とは、運動強度を徐々に高めて血中の乳酸値が急に上昇し始める時の運動強度のことを指します。

乳酸性作業閾値(LT)がある程度予測できるということは、分かりやすく説明すると、長時間運動可能な運動強度が理解できるようになるということです。

ForeAthlete630Jを使用するのであれば、ランニングダイナミクス機能が最大の特徴ですので、心拍計測用ベルト(HRM−Run)は必須と言えるでしょう。

ForeAthlete 235J

61d9fa03-s

コスト感:標準価格 ¥36,800(税抜) ★★★★

重量:約42g ★★★★★

機能性 ★★★

デザイン ★★★

機能としてはForeAthlete 230Jとほぼ同じですが、最大の違いは、心拍計測が心拍計測用ベルト(HRM−Run)なしでできること。それなのに、この金額は正直、コスパがGoodです!

前作のForeAthlete 225Jと比べても、V02max機能、リカバリーアドバイザー、レース予想タイム、バーチャルパートナーといった機能が新たに搭載されています。

これらの機能は光学心拍計の機能が向上したことを意味しています。つまり、前作よりも手首で脈拍を感知する能力が上がったわけです。

ForeAthlete230、630、235J全てに言えることですが、ランニングウォッチの機能に加えて、スマートウォッチとしての機能が搭載されています。

ランニング以外の健康管理にも活用できるのが嬉しいところです。

Wristable GPS SF−850 B/V

os_wristable01

コスト感:標準価格 ¥39,800(税抜) ★★★

重量:約52g ★★★

機能性 ★★★

デザイン ★★

最大の特徴は時計内に心拍計測機能が搭載されていることです。

心拍数は基本的に別売りの心拍計測ベルトを胸に装着しなければ計測できません。

ですが、このWristable GPS SF−850はGARMIN ForeAthlete 235Jなどと同様、心拍ベルトを装着する必要がないんです。

心拍計測ベルトは6,000円〜8,000円程しますから、コストパフォーマンス的に見ると、最高のランニングウォッチだと言えます。

ただし、心拍計測の性能・正確性で見ると心拍ベルトには劣ります。

また、通過ラップなどをアラームと共に振動で知らせるバイブレーション機能も搭載しているため、走りに集中できる点も嬉しい機能です。

ただし、デザイン的にはイマイチなのと(個人的に)、オールマイティというのは逆に言うと特徴が薄まってしまうという点もありますから、4位となりました。

AMBIT 3 RUN

s_Suunto Ambit3Run_press_rgb

コスト感:標準価格 ¥39,000(税抜) ★★★

重量:70g ★★

機能性 ★★★★

デザイン ★★★★★

ランニングウォッチの中では抜群のデザイン力が売り。軽量感・コストを気にする方にはおすすめできませんが、デザイン重視でマニアックにデータを取得したい方にはオススメの一品です。

カラーバリエーションも他社には無いラインナップが揃っています。

最大酸素摂取量(VO2Max)を計測できる他、Epoc(運動後過剰酸素消費量)が計測できるのが他にはない特徴です。

EPOCとはExcess Postexercise Oxygen Consumptionの略で、運動直後にカロリー消費効率が高くなる状態のことを指します。つまり、その人にもっとも適した運動量を計算してくれるんです。

ダイエット目的にランニングをする方にも、嬉しい機能です。

スマートフォンアプリ、Movescountで作成するSUUNTO Movieが実際に走ったコースを映像でナビゲートしてくれます。

※付属品の心拍計測用ベルト(HRモニター)は標準価格6,000円(税抜)にて販売しています。

まとめ

今回の記事はいかがだったでしょううか?

主にフルマラソンを目指すランナー、フルマラソンで最大のパフォーマンスを発揮したいランナーにおすすめのランニングウォッチ・ベスト5を紹介しました。

フルマラソン用にランニングウォッチ、GPSウォッチであれば、この5つの中から選べば間違いないでしょう。

ですが、自分自身が性能、デザイン、機能など、どの点を重視するのか?または、妥協できる点はどこか?など総合的に判断しながらチョイスしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ビジネスアスリート
データサイエンティスト

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

自分自身も実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

関連記事

  • ランナーズNEXTが今最もオススメするGPSウォッチGarmin ForeAthlete 935

  • エプソンから新型GPSウォッチWristable GPS SF−850が発売開始!

  • GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 235Jを前作、他社製品と比較してみた!

  • GPSウォッチは結局どれがオススメなのか?

  • Apple Watchはランニング系GPSウォッチメーカーを飲み込むのか?

  • GARMIN vs TomTom GPSの正確性はどちらが上なのか?