膝の痛みを克服しながらフルマラソンを完走する際に実施した3つのこと

いざ、ランニングを始めよう!と意気込んでスタートしたものの、燃え尽き症候群になって辞めてしまう人は多く、国内大手スポーツブランドが行った調査によると、ランニングを1年以上継続できたランナーは23.6%という結果が出ています。

燃え尽き症候群になってしまった理由は様々あるようですが、その中でも、非常にもったいないのがランニングを初めてから身体のどこかを痛めてしまい、走るのをやめてしまったというもの。

これは事前のウォームアップの徹底や、ランニング中のちょっとしたケアで回避する事が出来るものです。

実は私もランニングを初めて2年目で、膝を痛めたことがあります。しかも、初めてのフルマラソンレースまで、あと1か月と言う時に…!です。ですが、それでもランニングを続けられているのは、この時怪我のことを学んだお陰で、再発を防げているから。

そこで今回はランニング初心者に起こりやすい、怪我の経験や再発防止策についてお話ししていきます。

ならない人はいない?膝の痛み

ハーフマラソンくらいの距離を走れるようになってくると、多くの人が直面するのが膝の痛み。

それまではなんの不調もなかったのに、いきなり痛みがやってくる時もあれば、じわじわと痛みを感じていくタイプもあり、症状は人それぞれです。

私も初めてのフルマラソンの1か月前、最後の仕上げに・・・と22km走った時にやってしまいました。歩くのですら痛くてこれは本気でやばい!!!でもここで病院に行って「フルマラソン、走っちゃだめです」なんて言われたら今までの練習もすべて水の泡になってしまう…。

私にランニングを教えてくれた先輩に相談し、ロキソニンのシップを貼り包帯でぐるぐる巻きにして安静にし、残りの一カ月はほぼ走らないでいました。

すると約1か月安静にしていたせいか、フルマラソン当日は走り出しても膝の痛みを感じなかったのです!

ですが、30kmを超えた途端、急にあの1か月前の膝の痛みが現れてしまいました。そこからは走るというよりはもはや歩き。そこから約10kmは痛みと共に足を引きずりながら、ほぼ歩くことに。

最後の2kmはもう無理矢理走ってどうにかゴールにはたどり着けました。

翌日は全身筋肉痛でベッドからなかなか起き上がれなかったのですが、痛い脚を引きずり、整形外科へ。

レントゲンを取ると、案の定、炎症をおこしていました。「これは痛かっただろうによくゴールできたね」と。治療は電気療法と痛み止めのシップと包帯。しばらくは走ることを辞める、という最初に痛めた時に先輩が教えてくれたものとほぼ一緒でした。

電気治療が加わったのみでしたが、これが驚くほど私には合っていたようで2回行ったら今までの痛みがうそのようになくなったのです。今まで何も信用していなかった電気治療、恐るべし。

「こんなことなら本番前に早めに整形外科に行っておけばよかった、トホホ」と大反省。

なので故障しましたが2週間以内には短い距離からまた走り出すことが出来ました。

膝を怪我した際の病院選びのコツとは

ランニングで膝を痛めた時に病院へ行くときのポイント。

膝が痛くなったとき、病院に行くならスポーツでの故障をちゃんと見れる整形外科を選びましょう。

このあとしばらくは膝の痛みもなくなり、ランニングを続けていたのですがこの時から2年後に古傷が痛む、と言いましょうか、ランニング中に膝の痛みを感じます。