マラソンで怪我したランナー必見!絶対に失敗しない病院の選び方

スポーツに怪我はつきものです。100%怪我を予防することは、残念ながらできません。

ですが、できることなら怪我はしたくないですし、仮に怪我をしたとしても早く治したいですよね。

今の世の中、多くの人が病院だと「認識してしまっている」ケースが沢山あるります。

怪我をしてもちゃんと治療してくれない、マッサージだけしかしてくれなかった、湿布だけもらって「痛みが引くまで休んで下さい」としか言われなかった・・・

などの不満を耳にすることも非常に多いわけです。

全ての医療機関が、それぞれの怪我に対してベストな解決策を提示してくれるとは限りません。

そこには専門家の経験も必要ではあるが、そもそも「できること」と「できないこと」が施設によって異なります。

サービスを受ける側(患者)としては、色んな情報があり過ぎて、正直何を選択していいのか分からない・・・。

と言うかもしれません。

ですが、この件に関して言うと、受ける側に思い込みや固定概念がある場合がほとんどです。

例えば、

「病院に行って一度診察を受けた方が良いですよ」

というアドバイスに対して、

「病院で電気治療とマッサージをしてもらいました」

というやり取りは未だにあります。

恐らく、このやり取りに何の違和感があるのか、わからない人も多いはずです。

※今回の記事の中でしっかり解説していくのでご安心を。

201503130005-spnavido_2015031300045_view

筆者のもとにも、日々怪我に関する多くの相談が寄せられます。

ですが、これからの時代は「自分で選択する力」が益々必要になってきます。情報自体は益々多くなってくるからです。

そこで、今回は「マラソンで怪我したランナー必見!絶対に失敗しない病院の選び方」と題し、

あなたがランニング中に怪我をしても、どんな医療機関に行って、診断もしくは評価を受けるべきか?

そのガイドラインとなるよう、解説していきます。

今回の情報を「知っているか」、「知らないか」ただそれだけで、怪我の回復に大きな差を生むので、参考にしていただければと思います。

一般的に考えると、医療機関は5つのカテゴリーに分類されます。

5つのカテゴリーを踏まえて、私達はどこを選べばいいのか?

それでは順番に紹介&解説をしていきます。

病院・医院(整形外科)

330daf701bc90e8f37d1f96e5ed0a43f105da35d.80.2.14.2

まず最初に紹介するのは「病院」。小規模施設の場合は診療所や医院と記されているところです。

ランニングに関する怪我が起きた場合、基本的にはまず整形外科を受診したい。

最大の特徴は、お医者さん(ドクター)がいること。

つまり、ドクターがいない施設は病院とは呼べないわけです。

冒頭のやり取りの中の違和感、それはアドバイスをした人は病院に行って欲しかったのに、アドバイスを受けた側は整骨院に行ってしまった・・・というケース。

アドバイスする側が悪いとか、受け手が悪いとか、そういうことを言いたいのではなく、お互いの認識の違いによって、やり取りの中でミスマッチは起きてしまうということです。

整形外科の良いところは、レントゲンやMRIなどを含めた「診断」ができること。

ただ、整形外科単体では「診断」はしてもらえても「治療」をしてくれるわけではないので、怪我の状況を把握するという意味で受診することが大事です。

整形外科の中には「リハビリテーション科」を併せ持つ施設もあります。

ドクターの診察を踏まえて、リハビリや治療をしてくれるのでオススメです。そこでは理学療法士というリハビリの専門家が担当してくれます。

では、病院以外の施設はどうか?紹介していきましょう。

121105db13e28310e51530d75206e4ea_s

整骨院・接骨院

次に紹介するのは整骨院。接骨院というところもありますが、基本的には同じだと考えて下さい。

柔道整復師という国家資格を持ったスタッフが働いています。

骨折や捻挫、脱臼などの怪我には強いですが、現状は、最初に電気をあてて、数分マッサージをして終わりというところが多いようです。

健康保険が適応となるため、ある意味コストパフォーマンスはgood。

安いからというだけで、受診するのはお勧めできません。ちゃんと痛みの原因を教えてくれて、原因をもとに治療やリハビリをしてくれるところに通いましょう。

鍼灸院

鍼灸院は、はり師(鍼師。ひらがなが正式)、灸師という国家資格を持ったスタッフが働いています。

中には、あん摩マッサージ指圧師(要はマッサージの資格)も合わせて持つ方もいらっしゃいます。

あん摩マッサージ指圧師も国家資格です。

東洋医学的に気の流れやツボを押さえながら治療する人がいたり、ピンポイントの凝りや硬くなっている箇所をほぐすことに関しては優れています。

最初のコメントをしよう

必須

*