ランニングサークルに入れば本当に仲間作りはできるのか?仲間作りで越えなければならない3つの壁

マラソンやランニングもチームで頑張ろう!

ということで、全国各地に様々なランニングサークルが存在しています。

私自身もランニング継続の秘訣の1つとして、「仲間を持つこと」を推奨しているわけです。

以前、ランニングを仲間と一緒に行うことで生まれる弊害について僕が思うこと

という記事で、「ランニングと仲間」に関する内容を書きました。

なぜ、このようなテーマで記事を書いているのかというと、

筆者自身がスポーツ(ランニング)で人と人との繋がりを作る方法を模索しているからです。

s_jogging

ランニングと言うと、一人でできるし、場所もほとんど選ばない、大会も一人で参加できるので、他のチームスポーツに比べると仲間作りに不向きなスポーツだと言えます。

だから良いんじゃないか!という人はもちろん沢山います。

ですが一方で、

一人だとなかなか続けられない・・・

ランニングは孤独で地味だからね・・・

という人がいるのも事実です。

じゃあ、ランニングサークルに入ればいいじゃないか!ということに関しては、

ランニングサークルに入るとなると、足を引っ張りそうだ・・・

強制されるのは嫌だ・・・

参加しなくなった時が非常に気まずい・・・

何とも難しいですね!

超長期的に見ると、ランニングサークルに参加することで、参加者同士が個々の繋がりを作っています。

ですが、一回のランニングだけの体験だけでは、なかなか繋がりを作ることが難しい!

と筆者自身は思っています。

一緒に走っているとは言え、ランニング中は基本的に自分にフォーカスが向いてしまいますからね。

これは競技特性上、仕方がないことです。

自分にフォーカスが向いてしまうスポーツなのに、なぜ仲間作りが進むのかというと、

実は多くの場合、ランニングサークル自体で仲間作りをしていると言うよりは、ランニング後の飲み会(食事会)をセットにすることでコミュニケーションが生まれ、仲良くなる!

という構造がほとんどです。

純粋にランニングのみでチーム(仲間)が作れているところは、チームの目標がある、もしくは個々の目標をチームで励まし合いながらサポートし合っている、たまたま同じくらいの走力の人が残っている、これらの内のどれかではないでしょうか。

こうなってしまうと、多くの人がサークルに参加する事に対し、二の足を踏んでしまうわけです。