1. TOP
  2. ランニングノウハウ
  3. ランニングを仲間と一緒にやることで生まれる弊害について僕が思うこと

ランニングを仲間と一緒にやることで生まれる弊害について僕が思うこと

ランニングノウハウ
この記事は約 3 分で読めます。 4,575 Views

ランニングを継続・習慣化するために必要な要素はいくつかありますが、中でも「これだ!」と思うのは、仲間と一緒に頑張ること。

もちろん、得手不得手もあるでしょうから必ずしも仲間とやることが正しいわけではありません。

ですが、多くの場合「仲間がいるから頑張れる」ものではないでしょうか。

仕事やものづくりで考えても、一人でできる事には限界があります。

だから、「チーム」というものが存在するんです。

チームにも色んな形があります。

Team

雇用関係があるビジネスチーム、フリーランスで集まっているプロジェクトチーム、会ったことはないけれどオンライン上でやり取りをしているチームなどなど。

ただ、形はどうであれ、人が集まっていればいいのか?というとそうではないですよね。

チームには「共通の目的」があります。

イベントを成功させるために集まったチーム、皆でフルマラソン完走を目指して集まったチームなど。

目的なきチームは単なる「集団」です。

この点で言うと、特にランニング初心者が仲間の力を使って習慣化を目指すのであれば、

僕自身は「ユルいチーム感」が大事ではないかと思うわけです。

ユルい繋がりをもったチームとも言えるかもしれません。

私はそれを「仲間」と呼ぶのがいいんじゃないかと。

正式な定義とは違うと思いますが、イメージがしやすいので。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • SUUNTO7は一歩先を行くアウトドアウォッチ&スマートウォッチ

  • Apple Watchはランニングやマラソンでも「使える」のか?

  • SUUNTO(スント)3はフィットネスウォッチとして新たな市場を作る!

  • スントらしさの詰まったSUUNTO(スント )5レビュー

関連記事

  • 【3月5日(土)開催】GARMIN(ガーミン)のランニングウォッチを活用したフィットネス講座

  • たった1㎞ランニングすることさえ苦手だった私がフルマラソンを3度完走するまでの具体的ステップ!

  • ランニングを始めたい、継続したい人が取るべき4つの具体的ステップ

  • ランニングはただ走るだけではもったいない!あなたの人生を10倍楽しくするランニング活用法

  • マラソンの成長が頭打ちになった時に考えたいトレーニングの3原則

  • ランニングフォームを評価する3つのポイント〜効率の良い走りを実現するために〜