Garmin(ガーミン) ForeAthlete 245 & Musicの進化のポイントは?

2019年5月16日にGarmin(ガーミン)から新しいGPSウォッチ、ForeAthlete 245 & Musicがリリースされました。

ForeAthlete 245は2色(ブラック、イエロー)ForeAthlete 245 Musicは3色(ブラック、ホワイト、アクア)の展開です。

前作のForeAthlete 235Jから機能が大幅にバージョンアップされています。

また機能の近しいForeAthlete 645 & Musicとも比較しながらレビューしていきましょう。

尚、ForeAthlete 245とForeAthlete 245 Musicの違いは音楽機能の有無だけで、その他の機能に違いはありません。

音楽機能とセットだと思っていたGarmin Pay機能(時計を端末にかざすと決済ができる機能。財布や小銭を持たずにランニングができる)はどちらも対応していないようです。

Garmin ForeAthlete 245 & Musicの主なスペック

では、早速ForeAthlete 245 & Musicの主なスペックから確認していきましょう。

■サイズ:幅42.3×高さ42.3×奥行き12.2mm

■重量:38.5g(非常に軽い)

■防水機能:50m防水

■画面解像度:240×240ピクセル

■稼働時間

スマートウォッチモード:最大7日間

GPS+心拍計測+音楽モード:最大6時間

GPS+心拍計測+音楽なし:最大22時間(前作11時間から2倍に伸びています)

■その他の主な機能

ランニングダイナミクス機能、ボディバッテリー機能、セーフティー機能(それぞれ後述)。

GPS、みちびき、GLONASS、Galileoといったあらゆる位置情報測位システム対応、光学心拍計対応。

■標準価格:

ForeAthlete 245 Music: ¥39,800(税抜)

ForeAthlete 245:¥34,800(税抜)

ForeAthlete 245 & Musicの注目ポイント

ForeAthlete 245 & Musicを評価していくにあたって、注目すべきポイントをいくつかピックアップしてみました。

1.長時間のバッテリー稼働時間

まず個人的に一番の注目ポイントがバッテリー稼働時間の長さです。

前作のForeAthlete 235JがGPS1秒取得+光学心拍計測をした状態で最大11時間だったものが、245では22時間と2倍になっています。

これまでForeAthleteの最長バッテリー稼働時間がハイエンドモデルであるForeAthlete 935の21時間を考えると、ハイエンドモデルではないForeAthlete 245の22時間は大きな進化だと言えるでしょう。

既に公表されていますが、ForeAthlete 935の後継となる945はバッテリーの稼働時間が最大32時間なので、こちらも大幅な改善がなされています。

2.ランニングダイナミクス機能

ガーミンのハイエンドモデルにのみ搭載されていた、ランニングダイナミクス機能(ランニング中の上下動、接地時間、左右バランス等、ランニングフォームの良し悪しを数値化する機能)が245にも搭載されました。

※ForeAthlete 235Jは非対応。ランニングダイナミクスを計測する場合は、別途「ランニングダイナミクスポッド」を購入する必要があります。

バッテリーの稼働時間とランニングダイナミクス機能を考えると、これまでのハイエンドモデルと同等の機能を備えていることになります。

3.ボディーバッテリー機能

ボディバッテリー昨日とは、心拍数の変動、ストレス、アクティビティなどのデータを使用して「予備エネルギー量」を測定できる機能です。

この機能は1から100の数字でユーザーのエネルギーレベルを表示します。

数値が高いと、ユーザーがワークアウトやエクササイズを行うのに充分なエネルギーを持っていることを意味し、反対に数値が低いと、体力を温存して休憩した方がいい、という判断ができます。