Polar(ポラール) Vantage Mの機能や特徴をまとめてみた

2018年11月にリリースされたPolar(ポラール)Vantage Vに引き続き、2019年2月にそのセカンドモデルとなるVantage Mに関するリリースを出しました。
※Vantage Mは2019年3月20日に発売開始。

関連記事:Polar(ポラール)の Vantage Vが新たに搭載した次世代のランニングウォッチ機能とは?

Vantage VがPolar(ポラール)のフラッグシップモデル(最上位モデル)となっていますが、そのデザインや一部の機能を受け継いだVantage Mについて、今回はVantage Vとの比較もしながら機能や特徴をまとめてみました。

Polar(ポラール)Vantage Mのスペック

まずはVantage Mのスペックについて、まとめておきます。

同じVantageシリーズということで、Vantage Vとの比較もしてみました。

※違いのある部分のみ赤字で記載。

今回リリースされるVantage Mのカラーバリエーションはブラック、ホワイト、レッドの3色展開です。

<Polar Vantage Mの主なスペック>

■サイズ:幅46×高さ46×奥行き12.5mm(Vantage Vよりも奥行きが0.5mm薄くなっている)

■重量:45g(Vantage Vは68gなので、23gの軽量化。この違いは大きい)

■防水機能:30m防水

■画面解像度:240×240ピクセル

■稼働時間

・1日1時間のトレーニング、24時間心拍計測使用で最大1週間
・GPS(高精度:1秒取得)心拍計同時使用で最大30時間
(Vantage Vは40時間。10時間短くなったとは言え、長時間のバッテリーライフ)

■その他の主な機能

カラータッチディスプレイ採用
Vantage Vと同じく、ランニングを含めたアクティビティ実行中は、タッチセンサーがオフになるので、自動的に画面が変わるということはありません。

GPS機能、気圧計機能、ランニングプログラム機能(レース日程を登録するだけで、今までのトレーニング実績や、最近の運動量に基づき、ユーザーに合ったトレーニングプログラムを作成できる機能)、ルートガイダンス機能など。

■標準価格:
¥37,800(税抜)
(Vantage Vが¥69,800(税抜)なので、32,000円(税抜)もお得。)

Polar Vantage VとMの一番の違い

今回リリースされたPolar(ポラール)Vantage MとフラッグシップモデルであるVantage Vの違いは、本体が若干薄くなり、軽量化し、価格がかなり安くなっているのは分かりました。

その分、バッテリーの稼働時間はGPS1秒取得で10時間のマイナスとなっています。

いくつか違いはありますが、中でも最も大きな違いとなるのは、ランニングパワー計測の有無でしょう。

Polar(ポラール)の Vantage Vが新たに搭載した次世代のランニングウォッチ機能とは?の中でもご紹介した通り、Vantage Vには外部センサーを使用することなく、時計内でランニングパワーを予測する機能が搭載されていました。

ですが、Vantage Mには時計内でランニングパワーを計測する機能が搭載されていません。

上記の記事内に書いていた、トレーニング負荷Proの一部(筋肉負荷)とリカバリーProの2つの機能も搭載されていないことになります。

なぜなら、両方共にランニングパワーのデータから算出するものだからです。

なので、機能面で考えると実質的にはVantage VとMの違いは時計内でランニングパワーが計測できるか否かの違いと言っていいでしょう。

Vantage MはStrydなどの外部のパワーメーターと接続することはできますので、必要があれば計測することができます。

GPSウォッチに必要な機能は網羅されているので、ランニングパワー計測ができなくなった分、安くなったと考えていいでしょう。

まとめ

個人的にVantage Mの最大の魅力は「3万円台で最大30時間のバッテリーライフ」にあるのではないかと思っています。

他社メーカーでバッテリーの稼働時間がGPS1秒取得で30時間のデバイスは、今の所Garminのfenix 5X Plusになるのではないかと。

コンセプトやその他の機能が異なるので、単純比較はできませんが、Garminのfenix 5X Plusは10万円以上。

稼働時間が最大21時間のForeAthlete 935と比較しても2万円程安くなります。

Vantage Vにあった時計内蔵型のパワーメーターやリカバリープロという2つの機能はなくなりました。

ですが、Strydなどの外部センサーを使用すれば、ランニングパワーの計測をすることができますし、トレーニング負荷ProとリカバリーProのデータも外部のランニング用パワーメーターの活用で算出することができます。

より「簡易的にかつコストパフォーマンスを踏まえて選ぶ」のであれば、Vantage Mはオススメなのではないでしょうか?

created by Rinker
ポラール(POLAR)
¥36,800 (2021/08/04 10:03:51時点 Amazon調べ-詳細)