1. TOP
  2. ランニングウォッチ・GPSウォッチ
  3. 1万円台でGPSウォッチが手に入る!GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 230J

1万円台でGPSウォッチが手に入る!GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 230J

ランニングウォッチ・GPSウォッチ
この記事は約 7 分で読めます。 61,604 Views

GARMIN(ガーミン)のGPSウォッチの中で、最も女性に人気が高かったForeAthlete 220J。多くの女性ランナーがWhite/Violetカラーのランニングウォッチを付けて走っているのをよく見かけました。

そのGARMIN(ガーミン)のForeAthleteシリーズの中で、2016年6月8日にリリースされたのがGARMIN(ガーミン)ForeAthlete 230Jです。前作のForeAthlete 220Jの進化版として発売されました。

※ForeAthlete620Jの進化版、ForeAthlete630Jも、同日発売開始されています。現在630Jは廃番となっています。

関連記事:GARMIN(ガーミン)の最上位版モデルForeAthlete 630J

ForeAthlete 220Jといえば、GPSウォッチの中で最も軽量級の40.7g。なので、女性にも人気が高く、ランニングウォッチを付けて走ることに抵抗のある人(重量感に抵抗のある人)にもオススメのモデルでした。

そのForeAthlete 220Jの進化版は果たしてどんな進化を遂げているのか?

前作からの比較も含めて概要を解説していきたいと思います。

GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 230Jとは?

本家アメリカでは、既にForerunner 230としてリリースされています。この日本バージョンがForeAthlete 230Jです。

日本版はアメリカ版とカラーバリエーションが違いますが、機能は基本的に同じです。

※ForeAthlete 230JのカラーバリエーションはBlack/WhiteとPurple Strikeの2パターン。

ちなみに、Forerunner 230のプロモーションビデオはこちら。

新たに加わった機能

ForeAthlete230Jは前モデルと比べ、バッテリー駆動時間が拡大され、ディスプレイサイズの大画面化、解像度のUPを図りました。

加えて、最大酸素摂取量(VO2max)の予測も可能になり、リカバリーアドバイザー機能(要は次のランニングまでどれくらいの休息が必要なのか、ランニングウォッチがアドバイスしてくれる機能)。

VO2maxの予測機能はForeAthlete920XTJ、620J、235J、今回新たに加わる630Jに搭載されていますが、230Jにも同じく搭載されることになりました。

今後のモデルには全て搭載される(標準装備)であろうことが予測できます。

ForeAthlete230Jは初級ランナーから上級ランナーまで、幅広く対応できるモデルと言えるでしょう。

つまり、ビギナーの頃に購入しておけば、自身のランニングに関するレベルが上がっても、長く愛用できるわけです。

ランニングウォッチ、GPSウォッチと言うと、ランニングのパフォーマンスUPに役立つ機能ばかりが注目されがちですが、Garminは2016年に発売している全てのモデルに「スマートウォッチ」としての機能を搭載しています。

つまり、Garminのライバルは、エプソンやスントなどの、所謂ランニングウォッチだけではなく、Apple WatchやFitbitなどとも対応していくことになるのでしょうか。

※Garminはスマートウォッチ単体としてはvivo activeやvivosmartシリーズを展開。

その他スペックの比較

サイズ(厚さ) 

220J・・・12mm

230J・・・11.7mm

重量

220J・・・約40.7g

230J・・・約41g

ディスプレイ

220J・・・直径 25.4mm / 180 x 180 ピクセル / カラー

230J・・・直径 31.1mm / 215 x 180 ピクセル / カラー

防水機能 

220J・・・50m完全防水

230J・・・50m完全防水

動作時間

220J

– トレーニングモード 約10時間

– 時計モード 約6週間

230J

– トレーニングモード(GPS):約16時間

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 低酸素トレーニングから約1ヶ月で最大酸素摂取量(VO2max)はどう変化したのか?

  • 【スマートウォッチ】HUAWEI(ファーウェイ) WATCH GT 2レビュー

  • 「ランニングテスト」でパフォーマンスレベルが明らかに!果たしてその結果は?

  • 目標とするレースに向けてのスタートは現状把握をすることから〜ASICS Sports Complex RUNNING TEST〜

関連記事

  • 【2020年最新版】ランニングウォッチ・GPSウォッチの人気・おすすめを徹底比較

  • ランナーに必要なGPSウォッチを再考する!

  • Apple Watchはランニング系GPSウォッチメーカーを飲み込むのか?

  • Polar(ポラール)の Vantage Vが新たに搭載した次世代のランニングウォッチ機能とは?

  • TomTomアドベンチャー【GPSウォッチ体験レビュー】

  • GARMIN(ガーミン)ForeAthlete 630JがランニングのパフォーマンスUPに必要なワケ!