マラソンレース中に爪が剥がれる・爪が黒くなってしまったらどうする?

特に長い距離を走るランナーにとって、足のトラブルは避けたいものです。

以前、【マラソンレース中のトラブル】足にマメができてしまった時の対処法まとめ

というテーマで記事を書きましたが、その時に爪が剥がれる、爪が黒くなってしまうというご質問も寄せられましたので、この記事ではランニング中に起こる爪のトラブルを解決策するためのヒントをご紹介できればと思っています。

爪のトラブルに関しては、まずシューズが自分の合っているのか?

を確認するとともに、爪が伸びていないか?という基本的なことも確認しておく必要があります。

もちろん、爪に関するトラブルの原因は人それぞれなので、実際に見てみないことには正確な情報はお伝え出来ません。

ですが、「よくあるパターン」の中に解決の糸口を見つけることができるかもしれませんので、最後までご覧いただければと思います。

001

まず最初に知っておかなければならないのは、自身の足の特徴です。

一言で「足」と言っても、実に様々な足があります。例えば、外反母趾のように、足の親指が人差し指側に曲がっていたり、極端にどこかの指だけが長かったり、小指が内側を向いていたり、捩れる感じで内側を向いていたり・・・

もっというと、指だけでなく足全体を見ていく必要があるのですが・・・。

などなど、本当に多くの特徴があります。

なぜランニング中に爪のトラブルが起こってしまうのかというと、特定の指の爪がシューズの壁と何度もぶつかってしまっているからです。

ランニングシューズを選ぶ時に、本当にシューズと足のサイズがピッタリのものは選んではいけない!

というのは、こういう点からも言えることなんです。