1. TOP
  2. ランニングお役立ち情報
  3. マラソンで目標達成するための「良い戦略」と「悪い戦略」

マラソンで目標達成するための「良い戦略」と「悪い戦略」

ランニングお役立ち情報 ランニングとビジネス
この記事は約 6 分で読めます。 5,210 Views

日々ランニングに取り組むランナーであれば、何らかの目的・目標を持って走っているのではないでしょうか?

健康のためかもしれませんし、減量・ダイエットのため、フルマラソン完走のため、フルマラソンでサブ4を達成する!といった数値目標を掲げているケースだってあるでしょう。

何らかの目標があるということは、当然のことながら、「今現在できていないこと」なわけです。

今できていることを、わざわざ目標にはしないですからね。

なので、必ず今の自分が何らかの目標を達成するには、目標達成に至るまでのプロセスを作っていく必要があります。つまり、アクションプランですね。

長期的な視点で策定する計画・プランのことを一般的には「戦略」と呼びます。

なので、ランニングで何らかの目標を達成するためには「良い戦略」を作る必要があるわけです。

そこで、今回はランニングにおける目標を達成するための「良い戦略」を作るために必要なことを、ビジネス戦略の切り口を踏まえて、紹介していきたいと思います。

そもそも「良い戦略」とは何か?

good

では、マラソンにおける「良い戦略」とは、いったいどんなものなのでしょうか?

良い戦略、悪い戦略の著者である、リチャード・P・ルメルトによると、良い戦略には3つの基本構造で成り立っていると言います。

※著書の中では3つの基本構造=カーネル(核)と呼んでいます。以下本書より抜粋。

①診断

状況を診断し、取り組むべき課題を見極める。良い診断は死活的に重要な問題点を選り分け、複雑に絡み合った状況を明快に解きほぐす。

②基本方針

診断で見つかった課題にどう取り組むか?大きな方向性と総合的な方針を示す。

③行動

ここで行動と呼ぶのは、基本方針を実行するために設計された一貫性のある一連の行動のことである。全ての行動をコーディネートして方針を実行する。

これらはあくまでビジネスにおける戦略を考える際の指標です。

ですが、マラソンにおける戦略立案、つまり目標達成までのプロセスを作る上でも同じことが言えます。

マラソンにおける「良い戦略」とは?

good2

①診断とはすなわち、ランニングにおける現在地を把握することです。今現在の自分がどこに課題があるのかを把握し、更にその中の「最重要課題」を見つけることだといえるでしょう。複雑に絡み合った状況を明快に解きほぐす、つまりランニングで目標を達成するための要素を色んな切り口からカテゴリー分けすることに相当します。

②基本方針とは①の診断で見つかった、目標達成に関する課題に対してどんな取り組みをしていくのか?つまり、練習やトレーニング計画を立てることに相当します。

③行動は、その名の通り基本方針にしたがって、練習やトレーニングに取り組んでいくことです。もちろん、行動=練習・トレーニングだけではありません。

栄養や食事に関する課題があって、そもそも知識が不足しているのであれば、自分で勉強したり、何らかの講座に参加することかもしれません。

つまり、行動=身体を動かすことだけでなく、頭で解決できることもあるということです。

もう少し掘り下げて考えると、例えば海外のマラソンレースに参加するために1週間以上、日本を離れなければならないと仮定します。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • トレーニング以外でランニングパフォーマンスを上げるためにできること〜最大酸素摂取量(VO2max)編〜

  • 約2ヶ月の低酸素トレーニングと筋トレでランニングテストのパフォーマンスはどう変化したのか?

  • 標高2,000mと3,000mの低酸素トレーニング時に身体反応はどう変化するのか?

  • 【Run with Power】ランニングのパワートレーニングに関する動画解説まとめ

関連記事

  • ビジネスマンの間で話題になっているランニングに関する「考え方」が変わる5つのポイント

  • 【保存版】ランニングシューズの選び方徹底解説!

  • なぜデキるビジネスパーソンは走るのか?ランニングとビジネスに共通する2つの視点

  • マラソンレースでカーボローディングを実施する際の具体的方法と注意点まとめ

  • アミノ酸サプリメントの決定版!マラソンランナーにおすすめのサプリとその摂取方法

  • 【トレイルランニング用スポーツサングラス】選び方をプロのアドバイスをもとに実証してきた!