Zwift Runで「ランニング」をアップデートする!

東京オリンピックに向けて、特に男子のマラソン界は盛り上がりを見せており、代表選考レースとなるMGC(Marathon Grand Championship)終了まで益々目が離せない状況が続いています。

一方、市民ランナー人口の増加は落ち着きを見せつつありますが、「ランニングスタイル」に目を向けてみると、マラソン以外のランニングアクティビティも数多く生まれており、楽しみ方も多様化の一途を辿っているようです。

同様に国内外問わず、ランナーを対象とした様々な商品やサービスが展開されています。

中でも、ランナーズNEXTでは「ランニング×テクノロジー」というテーマで、ランニングをアップデートする企画コンテンツをお届けしていきたいと思っています。

今回は、その第一弾。2014年にアメリカで誕生し、カリフォルニア州ロングビーチに本社を置く、Zwiftというサービスです。

Zwiftというと、サイクリストには言わずと知れたサービスですが、今回は特にZwift Runというランナー向けのサービスが、どのようにランニングをアップデートしていこうとしているのか?に迫ります。

サービスについてはもちろん、海外のスポーツテック系スタートアップのストーリーは必見です!

2014年に生まれた”Zwift”とは?

Zwiftは、共同創設者Jon Mayfieldのひらめきで誕生しました。

Jonは2010年に初めてバイクを購入すると、すぐにその魅力の虜に。

しかし幼い子供がいた上、仕事などにより時間的制約がある中で、トレーニングの時間を確保することが次第に困難になりました。

この問題を解消するため、トレーナーを購入して屋内でトレーニングに励むようになったのです。

ただ、Jonも多くの人々と同様に、屋内トレーニングが退屈だと感じていました。

そこで、ビデオゲームエンジニアである彼は、より楽しめてよりやる気が湧くように、バーチャルリアリティのトレーニングプラットフォームを構築しようと決心します。

Jonはこの初代プラットフォームを”VRBike Coach”と名付けました。

その後、年月を重ねてプラットフォームは進化・発展していきます。

ある日、Eric Minは偶然にも、SlowtwitchのフォーラムでJonの投稿を見つけたのです。

ちょうどEricはSakonnet Technologyという新規事業を成功させたばかりで、次のビジネスへの構想を模索中でした。

ビジネスパートナーであるAlarik Myrinと実兄Jiのアドバイスもあり、Ericは自らのサイクリングへ の情熱を新規事業に繋げたいと考えていたのです。

その頃、EricもJonと同じように、利便性と時間効率の良さを理由に屋内サイクリングに励んでいました。

ただ、屋内サイクリストに対するサービスが十分ではないと実感しており、ビデオゲームの技術とソーシャルメディアを活用し、フレンドリーかつ競い合うことのできる環境で、人々を繋げたいというビジョンを描いていました。

そして、Jonの構築したプラットフォームを一目見ると、Ericはその翌日に実際にJonに会いに行ったのです。

2人はその場で合意に達し、新会社の発足に動き出しました。

こうして、2014年にZwift が誕生したのです。

このプラットフォームは当初、サイクリングに特化した製品として開発、発表されました。

しかし、そこに至るまで共同創設者の間では「第1弾製品はランニングに特化すべきではないか?」という議論が交わされていたのです。

最終的に、サイクリングの開発技術の方がより進んでいたことを理由に、サイクリングプラットフォームを第1弾として発表しました。

あまり知られてはいませんが、実はZwiftの誕生時からランニングのコンセプトは存在していたのです。

Zwiftが「サービス化」されるまで

これまでZwiftは、自力で新しいものを発見しては一層の発展を遂げる、非常に積極的なコミュニティの恩恵を常に受けてきました。

Zwiftが登場した2014年当時、どうにかコミュニティがZwiftを発見してくれるよう、共同創設者らは固唾を呑んで見守っていました。

Jon Mayfieldは当時を振り返りながら、製品発表までに膨大な時間を費やしたものの、どのようにユーザーを集めるのかについては確信を持てずにい たと語ります。

しかし、ユーザーは増えていきました。

発表から年月を経て、Zwiftは巨大なサ イクリングプラットフォームへと成長したのです。

サイクリングプラットフォームが成長するにつれ、Jonと彼のチームはランニングプラットフォームという当初のコンセプトに立ち戻るようになりました。

そして2016年後半、アイアンマン世界選手権がコナで開催された際、Zwiftではランニング機能がひっそりとデビューを果たしていたのです。

当時のプラットフォームは依然として開発段階にあり、大勢のメンバーが参加するには適していませんでした。

しかし、コミュニティ内の熱心なZwiftファンは、システムを「ハック」し て、ランニングを体験する方法を発見しました。

今年2月に正式発表をするずっと前から、多くの人々がZwiftでランニングに興じてきたのです。

彼らはランニングプラットフォームへの潜入方法を解説する動画をYouTubeにアップして、Facebookでは”Zwift Runners”と呼ばれるグループを立ち上げました。

こうして人々が自発的に集まり、Zwift Runベータ版のテスターグループが結成されたのです。

2017年を通して、Zwiftはランニング機能の開発作業を黙々と続けました。

Jon Mayfieldも新機能を試すために、トレッドミルで数百マイル走り込むなど、膨大な量のテストをこなしました。

2018年2月にはZwift Runの発表準備が整い、ニューヨークでのイベント開催を皮切りに、誰でも参加できるようになりました。

今では誰もが世界中の数千人に及ぶランナーと一緒に、トレッドミルで走ることが可能になっています。

タイプ別Zwift Runの楽しみ方

最初のコメントをしよう

必須

*