海外のマラソンやトレイルレースに参加する際の交通費、宿泊費を安く抑えるコツから無料にする方法までを解説!

フルマラソンの完走、記録向上を目指すランナーやトレイルランニングのレースに参加するランナーであれば、「いつかは海外のマラソン、トレイルランニングレースに参加してみたい!」という方も多いのではないでしょうか?

「ホノルルマラソンを走ってみたい!」

「基準タイムを突破して、ボストンマラソンに参加したい!」

「いつかはUTMBに出たい!」

「砂漠レースに参加してみたい!」などなど。

海外ではなくとも、旅行も兼ねて日本各地で行われている様々なレースに参加してみたい!という方もいらっしゃるかもしれません。

以前に比べると、社会全体的な流れとしては仕事の休みも取りやすくなり、働き方も多様化しつつあるため、休暇を使って海外のレースに参加する日本人ランナーも増えてきました。

とは言うものの、海外のレースに参加しようと思うと、時間と共に各種費用もかかってきます。

7日間のステージレースを除くと、レースの参加費そのものは日本のレースに参加するのと同じくらい。

ですが、宿泊費と交通費は国内を移動することに比べると、どうしてもかかってしまいます。

そこで今回、「いつかは海外のマラソンやトレイルランニングレースに参加したい!」というランナーのために、できるだけ安く宿泊費や飛行機代を抑えるコツから、実質無料で航空券を手に入れ、場合によっては宿泊費までタダにしてしまう方法まで紹介します。

※私自身、これまでホノルルマラソンを皮切りに、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ大陸で開催のマラソンやトレイルランニングレースに参加してきました。現在、自身で実践している方法の一部をシェアしていきますが、より良い方法があれば、ぜひご指摘下さい。

航空券料金&宿泊費を抑えるコツ

海外のレースに参加する場合、航空券と宿泊場所の手配が必要です。

宿泊に関しては、大会のオフィシャルホテルに泊まるのが便利(スタート地点までの送迎等)な場合がありますが、そうではないケースについて紹介します。

まず、航空券はスカイスキャナーを使って検索。

旅行代理店経由だと、その分金額も上がってしまいます。

スカイスキャナー以外にも旅行比較サイトはいくつかありますが、格安の航空券を探す場合はスカイスキャナーをベースに検索するのがオススメ。

スカイスキャナー経由で航空券を手配し、同時に航空会社のマイレージを貯めたいという場合、搭乗クラスによってはマイル積算の対象外のチケットの場合もあるので、その点は注意しましょう。

ホテルの手配に関しては、booking.comを活用しています。

海外で、急遽宿泊が必要になった際(レースでリタイアしてしまった場合など)も、booking.comのアプリでサクッと予約が取れるわけです。日本語で予約可能。

正直、宿を格安で予約する場合、agoda等で検索してもいいのですが、booking.comにはGenius(ジーニアス)会員なるものが存在していて、各種特典を受けることができます。

ジーニアス会員とは、いわゆるリピーター向けの特典プログラムのようなものです。

一定期間に一定回数の宿泊をすると、割引で宿泊できるようになる他、アーリーチェックイン、レイトチェックアウト、空港シャトル、ウェルカムドリンク等のサービスを受けることができます。

スカイスキャナーとbooking.comを活用すれば、旅費交通費は結構抑えることが可能です。

海外はもちろん、国内のレース参加でも活用できるサービスです。もちろん、レース以外の旅行にもオススメ。

実質無料で海外に行き、宿泊費までタダにしてしまう方法

これまでご紹介したのは、安く航空券を手配し、宿泊費を抑えるための方法です。