1. TOP
  2. ランニングお役立ち情報
  3. 海外のマラソンやトレイルレースに参加する際の交通費、宿泊費を安く抑えるコツから無料にする方法までを解説!

海外のマラソンやトレイルレースに参加する際の交通費、宿泊費を安く抑えるコツから無料にする方法までを解説!

ランニングお役立ち情報
この記事は約 12 分で読めます。 1,593 Views

フルマラソンの完走、記録向上を目指すランナーやトレイルランニングのレースに参加するランナーであれば、「いつかは海外のマラソン、トレイルランニングレースに参加してみたい!」という方も多いのではないでしょうか?

「ホノルルマラソンを走ってみたい!」

「基準タイムを突破して、ボストンマラソンに参加したい!」

「いつかはUTMBに出たい!」

「砂漠レースに参加してみたい!」などなど。

海外ではなくとも、旅行も兼ねて日本各地で行われている様々なレースに参加してみたい!という方もいらっしゃるかもしれません。

以前に比べると、社会全体的な流れとしては仕事の休みも取りやすくなり、働き方も多様化しつつあるため、休暇を使って海外のレースに参加する日本人ランナーも増えてきました。

とは言うものの、海外のレースに参加しようと思うと、時間と共に各種費用もかかってきます。

7日間のステージレースを除くと、レースの参加費そのものは日本のレースに参加するのと同じくらい。

ですが、宿泊費と交通費は国内を移動することに比べると、どうしてもかかってしまいます。

そこで今回、「いつかは海外のマラソンやトレイルランニングレースに参加したい!」というランナーのために、できるだけ安く宿泊費や飛行機代を抑えるコツから、実質無料で航空券を手に入れ、場合によっては宿泊費までタダにしてしまう方法まで紹介します。

※私自身、これまでホノルルマラソンを皮切りに、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ大陸で開催のマラソンやトレイルランニングレースに参加してきました。現在、自身で実践している方法の一部をシェアしていきますが、より良い方法があれば、ぜひご指摘下さい。

航空券料金&宿泊費を抑えるコツ

海外のレースに参加する場合、航空券と宿泊場所の手配が必要です。

宿泊に関しては、大会のオフィシャルホテルに泊まるのが便利(スタート地点までの送迎等)な場合がありますが、そうではないケースについて紹介します。

まず、航空券はスカイスキャナーを使って検索。

旅行代理店経由だと、その分金額も上がってしまいます。

スカイスキャナー以外にも旅行比較サイトはいくつかありますが、格安の航空券を探す場合はスカイスキャナーをベースに検索するのがオススメ。

スカイスキャナー経由で航空券を手配し、同時に航空会社のマイレージを貯めたいという場合、搭乗クラスによってはマイル積算の対象外のチケットの場合もあるので、その点は注意しましょう。

ホテルの手配に関しては、booking.comを活用しています。

海外で、急遽宿泊が必要になった際(レースでリタイアしてしまった場合など)も、booking.comのアプリでサクッと予約が取れるわけです。日本語で予約可能。

正直、宿を格安で予約する場合、agoda等で検索してもいいのですが、booking.comにはGenius(ジーニアス)会員なるものが存在していて、各種特典を受けることができます。

ジーニアス会員とは、いわゆるリピーター向けの特典プログラムのようなものです。

一定期間に一定回数の宿泊をすると、割引で宿泊できるようになる他、アーリーチェックイン、レイトチェックアウト、空港シャトル、ウェルカムドリンク等のサービスを受けることができます。

スカイスキャナーとbooking.comを活用すれば、旅費交通費は結構抑えることが可能です。

海外はもちろん、国内のレース参加でも活用できるサービスです。もちろん、レース以外の旅行にもオススメ。

実質無料で海外に行き、宿泊費までタダにしてしまう方法

これまでご紹介したのは、安く航空券を手配し、宿泊費を抑えるための方法です。

ここからは航空券を実質無料で手に入れて、場合によっては宿泊費までタダにしてしまう方法をご紹介します。

結論から書いてしまうと、「ポイント、マイルを貯めて、航空券の代金や宿泊費にあててしまおう!」という方法です。

「普段飛行機には乗らないからマイルは貯めていない・・・」という方もご心配なく。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。

自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「ランニングテスト」でパフォーマンスレベルが明らかに!果たしてその結果は?

  • 目標とするレースに向けてのスタートは現状把握をすることから〜ASICS Sports Complex RUNNING TEST〜

  • 4ヶ月間の低酸素トレーニングで、身体とランニングパフォーマンスはどう変わるのか?【Ultra Trail Mt. Fuji (UTMF)までのストーリー】

  • 【充実の2日間】100マイル完走攻略トレーニングキャンプ参加レポート

関連記事

  • 東京マラソン2016の抽選結果で当選したらやっておきたい3つのこと

  • 【ランニングシューズのインソール】選ぶ際の注意点を徹底解説!

  • 低酸素トレーニングで市民ランナーのパフォーマンスはどう変わるのか?

  • 【カツサプの効果】カツオペプチドでマラソンの持久力を向上させる方法論

  • マラソンレースで活躍!補給で使えるエナジージェル比較まとめ

  • 【マラソンのエネルギー補給】エナジージェルはどう選ぶ?