なぜ市民ランナーにビール好きが多いのか?僕らはアルコールより、体験に酔う!

日々の生活の中にランニングというアクティビティが加わり、継続していくと「自分は何のために走っているのか?」と考えるようになります。人によっては「なぜ、こんなに辛い思いをしてまで走り続けているのか?」という表現になるのかもしれませんし、「どんな楽しみのために走っているのだろうか?」という問いかもしれません。

いずれにしても、誰もが「なぜ走っているんだろうか?」と考えるようになるはずです。きっかけは何であれ。

もちろん、走る目的は人それぞれ。健康の保持・増進のため、ダイエット、達成感を得るため、非日常の体験をするため、などなど。

色んな目的で走る市民ランナーがいる中で、「旨いビールを飲むため!」に走っているという人が極稀にいます。真意は定かではありませんが。ビールを飲むために走っている!という人が物凄く多いかと言われれば、決してそんなことはありません。

ですが、ランナーの中にビール好きが多いのは事実。

もちろん、統計学的にというわけではありませんが、感覚としてはズレてはないはずです。

特に走る距離が長くなればなる程、この傾向は顕著になります。走る距離が長いと言うのは、月間走行距離という意味ではありません。例えば、5㎞、10㎞など短い距離のレースを中心に走っている人よりも、ウルトラマラソンなど長い距離を走っている人の方がビール好きは多いという意味です。

ウルトラマラソンランナーはビール好きが多い

IMG_0309

柴又100㎞ウルトラマラソンに参加していた時のこと。

柴又ウルトラマラソンでは前後にゼッケンを付け、背中側にはゼッケンにメッセージ欄が設けられています。文字でも絵でも、何を書いても構いません。

レースは河川敷の単調なコースなので、周りのランナーの背中に書かれたメッセージ欄を見ながら走る時間が多くなります。

意外にも、何も書いていない人は少なく(私が確認できた範囲ですが)、何らかのメッセージ、イラストなどが書かれていました。中でも多かったのが、「完走して、うまいビールを飲むぞ!」という類のもの。

おおよそ3人に1人は、ビールやお酒絡みのメッセージが書かれていました。

確かにランナーにビール好きは多い。ですが、ビールそのものが好きなのか?と問われたら、恐らく違うのではないかと思うわけです。

もちろん、走る走らないに関わらず、ビールを飲むことが好きな人は除きます。

なぜ市民ランナーにビール好きが多いのか?

good2

例えアルコールが飲めない人でも、キツイ練習・トレーニングをした後に「炭酸飲料が飲みたい!」と思ったことがある人は少なくないはずです。

※運動後に身体が炭酸飲料を欲するメカニズムは、科学的に証明されているのかどうかは定かではありません。