ランニングで怪我をしてから再開するまでに必要な全てのこと

日本臨床スポーツ医学会では、ランニング障害(骨・関節・筋の障害)は走行距離が長くなるほど高率になる。との見解を示しており、一般的に障害を予防するためには平均の一日走行距離を中学生では5~10km(月間200km)、高校生は15km(月間400km)、 大学・実業団で30km(月間700 km)にとどめることが望ましい。尚、中高年ランナーでは加齢により腰痛・膝痛が出現しやすいので、メディカルチェックを受けると共に月間走行距離を200km以内に止めることが望ましい。との提言を行っています。

※日本臨床スポーツ医学会誌: Vol. 13 Suppl., 2005. 「骨・関節のランニング障害に対しての提言」より、一部抜粋。

もちろん、走行距離が多いことが、全て怪我に繋がるわけではなく、走路に関する問題、ランニングシューズの問題、そもそもの筋力や関節の柔軟性などの問題などが複雑に絡み合っているはずです。

ですが、ランニングを含めて何らかのスポーツ・身体活動を行う場合は、常に怪我のリスクを背負っていることになり、どれだけ怪我の予防をしたとしても100%怪我の予防をすることができません。

なぜなら、不意に足首を捻挫してしまうこともあるかもしれませんし、自身の足が前を走るランナーと接触してしまい、転倒することだってあり得るからです。

怪我の予防策を講じた上でも尚、怪我をしてしまうリスクは少なからず残ってしまうわけですが、更に多くのランナーを悩ませるのが、ランニングを再開しても、また怪我をして走れなくなってしまうのではないか・・・という恐怖心です。

仮に怪我をしてしまったとしても、できるだけ早期に怪我を治し、再発のリスクを抑えてランニングを再開したいですよね?

そこで今回は「ランニングで怪我をしてから再開するまでに必要な全てのこと」をテーマに、怪我からランニング再開までに必要なことを1つずつ解説していきたいと思います。

怪我には2種類ある

Knee-pain

「怪我」をもう少し細かく分類すると、「外傷」「障害」に分けることができます。

外傷とは、捻挫や肉離れ、脱臼、骨折などのように、身体に大きな力が加わり怪我をしてしまうもの。一方、障害とは、腸脛靭帯炎、アキレス腱炎、などのように身体に小さなストレスが何度も加わることで、痛みとして発症する怪我のことを指します。

ランニングの場合は、ほとんどが後者であり、外傷となる程の大きなストレスはかかりにくいのが特徴です。

とは言うものの、ちょっとした段差や不整地で足首を捻挫してしまうこともあるので、外傷がないわけではありません。

応急処置をする

s_timthumb

いずれにしても、ランニング中に怪我をしてしまった場合は、怪我によるダメージを最小限に食い止めなければなりません。

例えば、ランニング中に足首を内側に捻るような捻挫をした時、外くるぶしの靭帯が損傷してしまいます。因みに、捻挫とは靭帯の損傷であり、靭帯が伸ばされたものだけでなく、部分損傷や完全に靭帯が断裂してしまっても、捻挫です。怪我の度合いは違っても、「捻挫」ということになります。

損傷の程度にもよりますが、足首を捻挫すると足首が腫れる場合が多くあります。腫れが出てしまうこと自体は仕方がないのですが、腫れをそのままの状態にしておくと、傷ついた靭帯のまわりの組織にまで悪影響を及ぼします。

なので、できる限り腫れを抑えて元気な組織まで無駄死にさせないようにすることが大切です。

そこで必要になるのが応急処置の1つであるRICE処置です。Rest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字を取ってRICE処置と言われています。

怪我をしたらアイシングしましょう!ということは一般的になりつつあり、既にあなたもご存知かもしれません。それだけではなく、腫れを広げないためには圧迫も必要です。最後の挙上は怪我した部位を心臓より高く上げる事で、怪我した部位への血液の流れを抑えるためです。

捻挫で足首が腫れた後に、放置するだけでなく、お風呂にゆっくり浸かる、ビール(アルコール)を飲むなど、血液の流れを促す行為をしてしまうと腫れが拡がり、回復が遅くなってしまうので注意が必要です。

整形外科を受診する

s_Tibialis-Posterior-Tendinopathy

では、応急処置ができていれば大丈夫なのか?というと、決してそういうわけではありません。前述の足首の捻挫を例に話を進めると、怪我をした時に「足首を捻った」という事実はあっても、それが本当に「捻挫」なのかどうかは、素人の目では分からないからです。

足首を捻って、靭帯を損傷した時に骨が剥がれてしまっていたら、それは「剥離骨折」ということになります。

当然、治療プロセスも変わってきます。

なので、怪我をしてしまったら自分で判断するのではなく、整形外科を受診しましょう。整体ではなく、整骨院でもなく、整形外科です。整形外科医というお医者さんがいるところですね。

そこで怪我の状態がどうなっているのか、レントゲン等も含めて診断して貰う必要があります。

治療・リハビリ・トレーニング

s_613_1

最初のコメントをしよう

必須

*