ふくらはぎ用コンプレッションタイツを比較するならこの5つがおすすめ!

ランニングやマラソンのパフォーマンスを上げるための方法はいくつもありますが、練習やトレーニングを積むと共にランニンググッズを有効活用するのも1つの手です。

中でも、日本のマラソンレースに参加される市民ランナーの方々を拝見すると、その殆どがコンプレッションタイツ(ランニングタイツ)を着用した状態で走られています。特にふくらはぎに特化したコンプレッションタイツはランニング初心者からサブ3のランナーまで幅広い層に愛用されていると言っていいでしょう。

現在、日本市場でも多くのメーカーがサポーター、コンプレッションタイツ(ランニングタイツ)を販売しています。今後も増える可能性が十分にあり得ます。

【保存版】ランニングタイツ、機能性タイツおすすめベスト5にも書きましたが、一昔前までは主に寒さ対策としてランニング用のタイツを着用して走るランナーがほとんどでした。

ですが、今では寒さや直射日光など外界からの刺激を遮るためのアイテムとしてだけではなく、筋肉・関節の動きやパフォーマンスを高める、リカバリーを促すなどの「機能性」に注目が集まっており、日々研究と開発が繰り返されています。

このような背景の中で、今回はふくらはぎ用のコンプレッションタイツ(カーフタイツ)についておすすめできる5つのメーカー・商品をご紹介していきたいと思います。

なぜ、ふくらはぎ用のコンプレッションタイツをご紹介するのかというと、ふくらはぎは第2の心臓とも言われ、コンプレッションタイツを活用することよって、心臓へ戻る血液を効率良く押し上げる、といった狙いがあるからです。

デザインなども含めて、お気に入りのコンプレッションタイツを選ぶ際の参考にしていただければと思います。

C3fit パフォーマンスゲイター(GOLD WIN)

buyersnetclub_gw3f09140

「C3fit®」は段階着圧で働きかける〈Compression〉

身体機能を整える〈Conditioning〉

あらゆる動きを快適にサポートする〈Comfort〉

この3つの「C」が、カラダの動きにぴったりとフィットし、身体機能と運動機能を向上させるまったく新しいハイパフォーマンスウエアとのことです。

他のランニングタイツ同様、パフォーマンスゲイターは「一般医療機器」としての対象商品となっています。

C3fitの一番の特徴は、生地の薄さと清涼感でしょう。

マラソンレースの参加者の中でも、C3fitのコンプレッションタイツを使用している人が多くいらっしゃいます。

製品の素材(奈良時代から桐生に紡がれる伝統と技術を使って・・・)開発、縫製に至るまで、ブランドのストーリーが明確に記されており、製品に対するこだわりが伝わってくるのも大きな魅力と言えるでしょう。

科学を追求しながらも、日本らしさ、日本の伝統が製品に活かされている商品です。

※注意点としては、就寝時には着用しないこと。立位姿勢を基に設計されています。

機能・素材

一般医療機器・日本着圧協会認定着圧・ラクイラ(快適ストレッチ素材)・抗菌防臭・UV95%以上カット

参考:パフォーマンスゲイターの価格:3,800円(税別)

SKINS ESSENTIALS (デサント)

skins

2013年からデサント社が取り扱いを行うようになったスキンズ。

ふくらはぎ用のコンプレッションタイツには日本人に合わせたオールラウンドモデルであるA200カーフタイツ、動的な段階的着圧を可能にしたA400パワーカーフの2種類があります。

「スポーツ科学・医学ジャーナル」、「国際スポーツ生理学ジャーナル」、そして「英国医学ジャーナル」などの著名な誌面にて、今日まで多くの研究論文が発表されているというのが大きな特徴でしょう。

特にリカバリーに特化したタイツがあるのは、目的を達成したい人にとっては選びやすい基準といえますね。

研究開発にもコストがかかるでしょうか、他の製品に比べると、値段は少し高めになっています。

C3fit同様に薄手の生地感が特徴。

A200 カーフタイツ

マラソンやランニングの時だけではなく、パフォーマンスを終えてからも着用したいオールラウンド性はA200の大きな特長です。日本人の体型に合わせたサイジングであるジャパンフィットも注目したいポイント。

なので、マラソンやランニングの時だけでなく、日常生活でもコンプレッションタイツを活用したい方には、A200 カーフタイツがオススメです。

参考:カーフタイツの価格:4,500円(税別)

A400 パワーカーフ

スキンズにより生み出された動的段階的着圧(ダイナミックコンプレッション)は、プレイヤーの身体を単にきつく締めるのではなく、身体のそれぞれの位置に適したレベルの着圧を与えます。また、筋肉の振動、怪我のリスク、そして身体の負担をリカバリーします。

とにかくレース中のパフォーマンスにこだわりたい方にオススメのランニンググッズです。

参考:パワーカーフの価格:6,000円(税別)

R2 (COMPRESSPORT)

compressport-r2-colours

まだ日本のランニング業界ではマイナーなメーカーですが、2008年にスイスで生まれた、デザイン・縫製・素材共にヨーロッパ内で製造されている高基準のコンプレッションタイツです。日本国内でも、主にトライアスリートやトレイルランナーに愛用されています。

コンプレスポーツは、人間工学による計算された圧に縫い目のない「シームレス製法」を採用する事で、糸のほつれによる圧の減少を抑え、ずれ落ちや裾部分の過度な圧迫をしません。

※他のメーカーのコンプレッションタイツは生地に「縫い目」が存在しているので、少なからず「圧の分散」が起きてしまいます。

繊維には、水を含まない特殊素材を使用しているので水に濡れてもその機能を損なうことはなく、また重くなったりもしないということです。

また、多くのコンプレッションタイツが中国製の繊維を使っている中、ヨーロッパ(スイス)の糸を使用しているとのこと。

コンプレスポーツでは、「部位別着圧」と「段階式着圧」の二つを採用することで、筋肉の太さに比例した圧をかけ、リカバリーと運動パフォーマンスの向上を促進します。どちらかというと医療観点ではなく、スポーツの観点から考えられた「攻めるコンプレッション」だと言えるでしょう。

他のコンプレッションタイツに比べると、着脱がし易いのが特徴です。どうしても着脱に時間がかかるものも多いので、大きな利点と言えるでしょう。

パフォーマンスも上げたいし、リカバリーもちゃんとしたい!怪我も予防した!という欲張りなランナーにおすすめです。

最大の特徴として、この部類の商品には珍しく2年間の品質保証がついています。

その他、製品はエコテックス認証を受けており、エコテックス規格とは、繊維製品およびその関連製品に特定芳香族アミンなどの身体に有害な物質が含まれていないことを証明する、全世界共通の「繊維製品の安心・安全の証」です。