1. TOP
  2. ランニングお役立ち情報
  3. ランニングブームは定着したのか?日本のランニング人口1,000万人に対する疑問

ランニングブームは定着したのか?日本のランニング人口1,000万人に対する疑問

ランニングお役立ち情報
この記事は約 3 分で読めます。

「ランニング」と言うと、多くの人が健康の保持増進、ストレス解消、そしてハーフマラソンやフルマラソンのためのトレーニング、などを連想するだろう。目的は様々だ。

笹川スポーツ財団の調査でも、日本のランニング人口は1,000万人と言われている(年に1回以上ジョギンやランニングを実施している人が2012年で1,009万人。1998年の調査開始から過去最高を記録したが、2014年の統計では986万人となっている)。

s_スクリーンショット 2015-05-06 15.38.07

実は、フルマラソンを完走した人は2012年度で273,754人(陸連公認コースに限る)。仮にランニング人口が1,000万人だとすると、フルマラソンを完走した人はランナー人口の3%にも満たない。

陸連公認コース以外のレースを含めると、もう少し割合は高くなるだろうが、それでも5%を越えることはないだろう。

では、ランナー人口のほとんどは何を目指して走っているのだろうか?

もちろん、将来フルマラソンを走ってみたい!というフルマラソンランナー予備軍がいるのは確かだ。

しかし、ランニング雑誌『ランナーズ』の出版を行う株式会社アールビーズの発表によると、日本人がランニングを続ける理由は1位が「健康のため」2位が「楽しから」、そしてようやく3位に「レース出場に向けて」が入ってくる。ちなみに、4位は体型維持のため、だそうだ。

健康のためにレースに出ている人もいるだろうが、ほとんどが自宅の周りなどを走っているか、ランニングにトライしてみたけれど挫折をしてしまったか、気が向いた時のみ走っているかのどれかだろう。

※冒頭のランナー人口の定義が「年に1回以上ジョギンやランニングを実施している」なので。

つまり、ランナー人口は1,000万人と言えども、ランニングを習慣にしている人は以外に少ないのではないかという疑問が残る。

「習慣化」というと、その基準をどこに置くかは難しいが、週に2回以上ランニングを実施している人を仮に習慣化できている人だとすると2012年がピークで385万人。2014年は374万人となっている(同じく笹川スポーツ財団の調査結果より)。

s_スクリーンショット 2015-05-06 15.53.32

つまり、ランナー人口と言われる数の4割は、週1回以下でランニングを実施しているということになる。

※週1回以上ランニングをしている人口で見ると、550万人。

ランニング人口1,000万人を堂々と謳うのであれば、残りの6割をどう底上げするかが鍵となる。

「底上げ」と書くと語弊がありそうだが、ランニングを習慣化してもらうかが鍵であるということ。

現にランニング関連のビジネスは400万/1,000万を対象としていると言っていい。

それでも、マラソン大会は軒並み抽選、クリック競争・・・

これ以上ランナー人口が増えると、大会に出たくても出れなくなる人が続出しそうだが、「ランニング」という一つのカテゴリーの中にも切り口やターゲットを変えることで新たなビジネスチャンスが生まれるかもしれない。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ビジネスアスリート
データサイエンティスト

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

自分自身も実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【トレイルランニング用スポーツサングラス】選び方をプロのアドバイスをもとに実証してきた!

  • ランナーが心拍数だけで運動強度を判断するのは限界がある!という話

  • Zwift+Strydの合せ技でランニングマシンでも飽きずに効率よくトレーニングできる?

  • Garmin(ガーミン)の時計・ランニングウォッチのオススメは?選び方を解説してみた

関連記事

  • ふくらはぎ用コンプレッションタイツを比較するならこの5つがおすすめ!

  • 海外のランニングクラブと日本のランニングクラブについて考えよう(オーストラリア・シドニー編)

  • 【トレイルランニング用スポーツサングラス】選び方をプロのアドバイスをもとに実証してきた!

  • マラソンで目標達成するための「良い戦略」と「悪い戦略」

  • ランニングをするなら「朝」と「夜」どちらが効果的なのか?

  • アミノ酸、クエン酸、糖質サプリメントの活用術【ランニング編】