マラソンで筋トレするのはパフォーマンスアップに効果があるのか?必要なのか?

マラソンランナーに筋トレが必要なのか?

あなたがもしこのように聞かれたら、どう答えますか?マラソンランナーにも筋トレは絶対に必要だ!という人もいれば、マラソンに筋トレは必要ない!という人もいるでしょう。

果たしてどちらが正解なのでしょうか?

答えは「目的」によって変わってきます!

例えば、フルマラソンを完走するために筋トレは必要か?

つまり、ただ何かの記念にフルマラソンを完走する!ということだけが目的であれば、筋トレをしなくても完走できる人は沢山いるでしょう。
※もちろん、やらないよりもやった方がパフォーマンスは上がり、怪我も予防できるのですが。

s_wt

ですが、怪我をせずに生涯ランニングを楽しみたいという目的であれば、筋トレは必要だと言えます。

筋トレをしなくても、怪我をせずに生涯ランニングを楽しめるじゃないか!という意見もあると思います。もちろん、筋トレをせずに生涯怪我をせずにランニングを継続できる人はいると思いますが、怪我をしてしまう確率で考えると、筋トレをしないよりも筋トレをした方が怪我を予防できます。

結果的に、筋トレをした方が怪我をせずに生涯ランニングを楽しむことができるのです。

2014年に発表されたBritish Journal of Sports Medicineの報告によると、筋力トレーニングを行うことで、怪我の発生数を1/3以下にまで減らすことができたと発表しています。このことからも、筋トレが怪我の予防に効果的だと言えます。

他にも筋トレが怪我の予防に効果がある、とした報告は複数存在します。

例えば、フルマラソンでサブ3を達成するために筋トレは必要か?という問いに対しても、Yesと答える人もいるでしょうし、筋トレなんてやらなくてもサブ3は達成できる!という人もいるわけです。

こちらに関しては、「ランニングのパフォーマンスアップ」と継続的に怪我をせずに練習を積むという「怪我の予防」という2つの観点が大切になってきます。

「そもそも筋トレをすることでランニングのパフォーマンスが上がるのか?」という問題。

この議論に関しては、2014年のScandinavian Journal of Medicine & Science in Sportsにランニングのパフォーマンス向上には、筋トレが効果をもたらすとの報告がされています。