1. TOP
  2. エクストリームマラソン
  3. 月にたった4回の練習でサハラマラソンを完走するために必要な3つの極意

月にたった4回の練習でサハラマラソンを完走するために必要な3つの極意

 2015/04/17 エクストリームマラソン
この記事は約 5 分で読めます。

普段からランニングやマラソンに取り組む人なら、行き着く先は

・マラソンのタイムを一秒でも更新する

・マラソンの距離を伸ばしていく

のどちらかに。

さらに、その先は

トレイルランもしくはトライアスロンへ。

トレイルランも単に山を走るところから、ウルトラトレイルを目指すところまで進化の過程がありますし、

トライアスロンでもオリンピックディスタンス→ハーフ→フル(アイアンマン)へとレベルが上がっていきます。

ランニングやマラソンの中でも多種多様な競技特性がある中で、一際異彩を放つものが砂漠マラソンです。

世界中で4つほど、砂漠マラソンが存在しますが、

中でも過去30年間続く「サハラマラソン」には世界中から参加者が集まります。

なぜ他のマラソンとは違うといえるのか?

それは、

・7日間の自給自足レースであること

・大会に参加するだけで10日以上の日程を要すること

・参加費が他の大会に参加するよりも高額であること

の3点。

フルマラソンで3時間を切るランナーでもリタイアする者が出るなど、単に走力があるだけではレースは攻略できず、完走するためには「準備」が必要です。

逆に言うと、準備がしっかりできていればストイックな練習をせずとも完走出来てしまう大会だとも言えます。

今回、サハラマラソンに参加してきた筆者が月に4回の練習でサハラマラソンを完走する、その極意をお伝えします。

1回あたりの走る距離を伸ばす

サハラマラソンを完走するにあたり、マラソンの練習に必要な日数(頻度)は重要ではありません。

頻度より、一回あたりに走る距離です。

フルマラソン以上の距離を走る大会に出場される方であれば、月間走行距離を気にするもしくは一つの目安として考える方も多いのではないでしょうか?

確かに全く走らずに完走を目指すのは無謀ですが、それでも月間200kmとか300kmも走る必要はないんです。

完走だけなら100kmで十分。

それも1回あたりの距離が5kmで月に20回走るんじゃなくて、25kmを4回走る。

もっと言うと、50kmを月に2回走れればそれだけでOKです。

しかも、ゆっくり長く走る。所謂LSDです。

これを楽だと思うかキツイと思うかは人それぞれですが、単なる事実として紹介しておきます。

サハラマラソンは世界一過酷と言われていますが、世界一過酷というキーワードに囚われて、特に日本人は練習をしすぎてしまう傾向にあるので、もっと楽しむ感覚が必要です。

事実、私も実際にレースに参加してからは「マラソンレース」というよりも「マラソンイベント」という認識が強くなりました。

強い胃腸を手に入れる

2つ目は個人的に凄く大事なポイントだと思っていますし、胃腸が強ければそれだけでストロングポイントとなります。

多くのランナーが身体的な疲労を意識するのに、内臓疲労を認識していません。

内蔵疲労・・・分かりやすいところだと、「夏バテ」です。

夏に食欲が湧かないのは身体的な疲労ではなく、内臓が食べ物を受け付けなくなる状態のことです。

サハラマラソンは50℃近い暑熱環境で長い距離を走りますので、身体的疲労に加えて内蔵が疲労し、食べ物を受け付けなくなる事態に陥ることもしばしば。

エネルギー補給ができないということは、ガソリンがない状態で走っているのと同じことになりますので、当然遅かれ早かれ走れなくなってしまいます。

昔の高橋尚子さんや野口みずき選手などのオリンピック金メダリストは、物凄く食べることで有名でしたが、沢山食べれるということも強さの秘訣です。

さらに、月間走行距離が300km程度走るランナーで強度の高い練習をされている方がレースで思うようなパフォーマンスが発揮できない原因の一つとして、内臓の疲労が抜け切れていない場合があるので注意が必要です。

事前準備を徹底的に行う

最後のポイントは事前準備です。

練習やトレーニングも事前準備に入りますが、どちらかと言うと「道具の準備」です。

特に足元の準備は勝負の鍵を握ります。

私が参加した大会でも、多くのランナーがマメや靴擦れ、爪の問題で苦しんでいました。

日焼けや汗疹など皮膚のトラブルがいくつかありましたが、インソールやゲーター(靴の中に砂が入ってこないようにするカバー)を工夫したこともあり、足にマメを一つ作る程度でダメージは抑えることができました。

また前述の胃腸の問題とも重なりますが、食料も自分が食べやすいもの好きなものを選び、なるべくストレスを加えないことも重要です。

カロリーだけを気にして、美味しくないものを口に入れ続けることは身体的にも精神的にもストレスが加わってしまいます。

食事はレース期間中、唯一と言っていいほどの楽しみなので、事前準備は怠らないようにしましょう。

 

以上、サハラマラソン完走に必要な3つのポイントをご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

世界一過酷とは言え、準備さえしていれば辛さを含めて十分に楽しめる大会であることは間違いありません。

マラソン=ストイックという一面もありますが、競技アスリートではない僕らにとって大事なのは、レースを楽しみ、そこから何を感じ取るか?

ではないでしょうか。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ビジネスアスリート
データサイエンティスト

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

自分自身も実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【マラソンのサプリメント徹底解剖】シーン別にサプリの活用法を解説

  • ランニングのダイエット効果を高めながらマラソンの自己ベストが目指せる一石二鳥のサプリメント

  • Garmin(ガーミン)fenix 5 Plusシリーズは前作と何がどう変わったのか?

  • MAURTEN(モルテン)のスポーツドリンクがマラソンの水分補給の常識を変える!

関連記事

  • サハラマラソンとは人間にとって最も大事なことを探求する「旅」である!創始者パトリックバウアーが日本人ランナーに伝えたかったこと。

  • 人類はなぜサハラマラソンを目指すのか?サハラを完走して分かった5つの理由

  • サハラマラソンで実際に使った装備・持ち物リストを全公開

  • 201X年あなたがサハラマラソンを走るための必須ガイド!

  • アメリカ Grand to Grand Ultra 参戦までの一部始終

  • サハラマラソン・オーバーナイトステージ練習会【熱海〜東京】レポート