ウルトラマラソンレースで役立つウエストポーチはこれがオススメ!

日頃からランニングやマラソンのレースに参加されている方であれば、何らかのウエストポーチ、ザックなどをお持ちの方が多いのではないでしょうか?

用途・目的によって様々なタイプのウエストポーチやザックがあります。

普段のランニング用、フルマラソンの時に使うもの、ウルトラマラソンの時に使うもの、トレイルランニングの際に使うもの、通勤ランで・・・

用途や目的は、本当に様々です。

何日にも及ぶステージレースであれば、容量20〜30Lの機能性の高いザックが必要でしょうし、ちょっと外をランニングするだけでも、鍵や小銭を入れるためのウエストポーチが必要!という方も多いと思います。

ズボンのポケットに小銭や鍵を入れて走るとジャラジャラして、走ることに集中できません。という方は特に。

様々なシーンで必要となるウエストポーチやザックは変わりますが、今回は特にウルトラマラソンレースで役に立つウエストポーチについて、紹介したいと思います。

ザック VS ウエストポーチ

まず、フルマラソンよりも長い距離を走るウルトラマラソンでは、ザックを装着して走った方が良いのか?ウエストポーチを装着して走った方が良いのか?という選択があると思います。

まず、何を持っていくのか?でザックやウエストポーチの容量は決まります。

あとは個人の好みでザックが良いのか?ウエストポーチが良いのかは変わってきます。

普段からザックを装着して走ることの多い人は、ウルトラマラソンのレースでもザックのほうが馴染むはずです。

対して、普段からザックを装着して走ることが無い人が、ウルトラマラソンのレースの時だけザックを装着すると、恐らく肩や背中が張ってきます。

なので、そういう人はウエストポーチがオススメです。

普段からトレイルランニング寄りの練習をしている人はザックが、ロード寄りの練習をしている人はウエストポーチがオススメです。
※ロード寄りの人はザックを装着する機会が少ないから、という理由です。

ウルトラマラソンレース時のオススメは?

今回はウルトラマラソン時のウエストポーチに絞ってご紹介します。

まず大事なのは、天候や気温、コースやエイドステーションの場所や何が提供されるのか?等によって、装着するウエストポーチも変わることがあるということです。

例えば、コース上に設置されるエイドステーションが多いのか少ないのか(エイドステーション間の距離が長いのか短いのか)によって、水分を持っていく必要があると判断した場合は、ボトルを入れるための機能が必要です。そうであるならば、選択するウエストポーチはある程度絞られてきますよね。

なので、まず天候や気温、コースやエイドステーションの場所や何が提供されるのか?等によって、装着するウエストポーチも変わることがある!という前提は押さえておきましょう。

一般的には、エイドステーションも充実しており、物凄く暑い時期に開催することは少ないので、筆者がおすすめするのはこちらです。

最初のコメントをしよう

必須

*