ランニングシューズ市場に衝撃を与えたHOKA ONE ONEの「存在価値」

日本で「ランニングシューズ」と言えば、アシックス、ミズノ、アディダス、ナイキなどを筆頭に、今では数多のメーカー・ブランドが、市場に溢れています。

2015年10月6日に矢野経済研究所が発表した市場調査によると、ランニングシューズは2014年に数量ベースで前年比 104.9%の 1,936 万足、金額ベースで同 108.8%の 615 億 7,000 万円となった、と発表。

2015年には、国内出荷市場規模は数量ベースで2,000万足を突破すると予測されています。

サッカーシューズ207億6,000万円、ゴルフシューズ109億6,000万円と比較しても、ランニングシューズというカテゴリーは大きな市場と言えます。

スポーツシューズブランド各社がクッショニングやフィッティングを追求する中で、近年ではどうやってソールを薄く、軽さを追求しながらも、クッション性を出すかというテーマで各社が競っています。

有名なところでは、アディダスの「ブースト」がクッション性や衝撃吸収性、反発性を兼ね揃えており、アシックスで工学研究とシューズ開発に長年携わっていた三村仁司氏を招聘し、「匠」シリーズを展開しています。

青山学院大学が箱根駅伝で優勝し、アディダスのランニングシューズがフューチャーされてから、一気に人気を博すようになりました。

ナイキは「エアシリーズ」、アシックスは「ゲルシリーズ」と各社特徴を打ち出しています。

各社が様々な機能合戦を繰り広げる中、2009年にフランスで生まれたスポーツシューズブランド、HOKA ONE ONE(ホカ オネ オネ)。

各社のある意味真逆を行くと言っても過言ではない、圧倒的なボリュームのミッドソール(靴底の厚み)。

トレイルランニングの世界では、2010年の長谷川恒男CUP(日本を代表するトレイルランニングレース)で優勝したアスリートがHOKAを着用していたことで注目が集まり、広がりを見せています。

まだまだロードレースの世界では認知されていないブランドですが、ウルトラマラソンではHOKAを使用している一般ランナーも見かけるようになってきました(筆者もその内の1人)。

現在のランニングシューズというカテゴリーの中で異色とも言える、ランニングシューズ、HOKAとはどんなシューズなのか?

今回はHOKA ONE ONE(ホカオネオネ)の日本の代理店である、SUNWESTの川田友広さんにお話を伺ってきました。

※現在、HOKA ONE ONEはデッカーズジャパン合同会社が取扱いをしています。

HOKA ONE ONEが生まれた背景

ジャン・リュックとニコラスの二人によって、HOKA ONE ONEは2009年にフランスで設立されました。

彼らは、走ることが好きでしたが、楽しいはずの下りを苦痛に感じたり、楽しく感じない事もあり、それらを楽しいものに変えたい!という思いからシューズの開発に着手。

2010年にニコラスが長谷川恒男CUPに出場した際(彼自身も出場し、15位に入っている)のインタビューによると、当時は堅くて細いソールが多かったそうなのですが、サーフボードのようなイメージで広く、高く、柔らかく、下り坂を速く走るためのシューズがHOKAであると。

ジャン・リュックをはじめ、他のシューズメーカーで経験を積んだ各分野のスペシャリストによってチームを作り、それまで培った製品開発のノウハウに新しいアイデアを加えていく事で、クオリティの高いシューズを生み出しました。

もちろん、アスリートである彼ら自身の経験と、トレイルランニング、アドベンチャーレースのスペシャリストたちのフィードバックも活かされています。

そして誕生したのがHOKA ONE ONEという画期的なコンセプトを持ったシューズでした。

「HOKA oneone」とは、ニュージーランドのマオリ族の言葉で、意訳すると「It’s time to fly」。これは、HOKA ONE ONEのシューズを履いている際に感じる、自由なのびやかな走りをイメージさせるブランド名となっています。