1. TOP
  2. イベントレポート
  3. 【イベントレポート】青梅高水山トレイルランニング

【イベントレポート】青梅高水山トレイルランニング

イベントレポート
この記事は約 3 分で読めます。 715 Views

ランナーズNEXTにて定期的に開催しているワークショップ、2017年最初のテーマはトレイルランニング。

前回、2016年11月に開催したトレイルランニング体験ワークショップのステップアップ編という位置付けで、実際のレースコースを舞台に開催されました。

第一回目に開催したワークショップの様子はこちら

今回は前回からご参加いただいている方に加え「トレイルランニングを専門家から一度しっかりと学んでみたい!」という方達と一緒に、東京・青梅の高水山ハイキングコースを走ります。

朝の8時に東青梅駅近くの佐藤スポーツに集合し、講師やスタッフを含めた自己紹介、トレイルに必要なギアやアイテムの特徴と、その使用法などを解説。今回のワークショップでは講義部分は必要最低限に留め、トレイルランニングの実践が中心に進んでいきました。

IMG_2465※佐藤スポーツの2階で行われた講義の様子。数々のランニングシューズに囲まれながら!

必要な人(持ってきていない人)は最初にコンビニで補給食や水分を購入し、青梅高水山のハイキングコースまでは徒歩で移動。

全員で軽くストレッチをした後、実際のレースの舞台にもなっているハイキングコース(約15㎞)を走ります。

IMG_2467※レースコースのスタート付近。ここを計2,000人が通るとなると・・・

今回のワークショップはレースコースを一緒に15㎞走りましょう!というだけの企画ではなく、コースのポイントとなる所で講師からテクニカルな走り方のレクチャーを受けることができます。

IMG_2489
※講師の村野氏から登りのレクチャーを受けている様子。

IMG_2491
※下りのレクチャーを受けている参加者

登りも下りも、いかに身体に負担をかけることなく走れるかがポイントとなり、各ポイントで講師のレクチャー、デモ→参加者各自で実践という流れをとりながら、教わったことを踏まえ実践していきました。。

ポイント毎で走る順番を変更しながら、講師の村野さんから隣で直接指導を受けたり、気軽に質問ができたりと有意義な時間となったようです。

スクリーンショット 2017-01-22 18.07.06
※実際に走ったコースのGPS取得データ(約15㎞)

2014年2月の大雪で林道が崩落し、通行止めが解除されていない箇所があり、その部分を避けるように設定されたコースは非常に走りにくい(登りにくい)ものの、全体的には走りやすいコースとなっていました。

今回のワークショップを通じて、

  • 登りや下りのテクニックが学べ、実際に実践することで効果が実感できた。
  • 順番に講師の近くで走り、直接アドバイスをもらえ、色んな質問にも丁寧に答えてくれた。
  • 前回からレベルアップしたのが実感できた。
  • 事前に実際のコースを見ておくことで、注意しなければならない所などイメージができて良かった。

などの声がありました。

トレイルランニングに関するワークショップはまだまだ試行錯誤の段階ではありますが、4月には前回と今回のワークショップに参加してくださった方達と一緒にレースに参加し、楽しく完走できることを目標にしたいと思います。

今回のワークショップを開催するにあたり、RaidLight、GARMIN、佐藤スポーツ、各社にご協力をいただきました。

ありがとうございました。

ランナーズNEXTでは各種ワークショップやオンラインプログラムを提供しています。

詳細はメールマガジン、ランナーズNEXT通信にてご案内しています。

\ SNSでシェアしよう! /

ランナーズNEXTの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ランナーズNEXTの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

浦中宏典

浦中宏典

ランナーズNEXT 編集長

株式会社ストレッチサポート 代表取締役
1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ

高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。

主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。

2011年4月に会社を設立。
テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」
ために事業活動を行っている。

2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。
2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。

自分自身も実践者として、常に挑戦を続けている。

<メディア掲載実績>
テレビ NHKまちかど情報室
雑誌 Tarzan(マガジンハウス)
雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社)
新聞 長崎新聞
ラジオ 中央FM
専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【GRAND TRAIL 】7日間6ステージ273kmに及ぶ「旅」の魅力!

  • なぜマラソンで30km以降に失速してしまうのか?レースで成功するために越えるべき5つの壁

  • スント 9(SUUNTO 9)ランニングウォッチ・GPSウォッチレビュー

  • 【Run With Power】パワートレーニング入門セミナー・イベントレポート

関連記事

  • 【イベントレポート】トレイルランニング体験ワークショップ

  • 【Run With Power】パワートレーニング入門セミナー・イベントレポート

  • サハラマラソンとは人間にとって最も大事なことを探求する「旅」である!創始者パトリックバウアーが日本人ランナーに伝えたかったこと。