【イベントレポート】トレイルランニング体験ワークショップ

ランナーズNEXTで定期的に開催しているワークショップ、11月のテーマはトレイルランニングでした。

今回は11月26日(土)に開催された、トレイルランニング体験ワークショップについて、レポートしてみたいと思います。

今回は東京・あきる野市、武蔵五日市駅近くにある東京裏山ベースを拠点にワークショップを開催。

当日は2日前に積もった雪が残っており(東京都心では11月に初の積雪。降雪は54年振りとのこと)、紅葉×残雪トレイルランニングを経験できる機会となりました。

普段からトレイルランニングを実践しているという人よりも、これからトレイルを始めてみたい。何度かやったことはあるけれど、これからしっかりと取り組んでいきたいという参加者が多いワークショップとなりました。

IMG_2305

※ワークショップの拠点となるのは東京裏山ベース

今回のトレイルランニング体験ワークショップは前半パートが座学、後半は山の走り方のレクチャーを受けながら走る、実戦形式の2パートに分かれています。

ワークショップ最大の特徴は、トレイルランニングに必要なシューズ、バックパック、GPSウォッチ(GARMIN社製)をレンタルできることです。

通常のワークショップの場合、トレイルに必要な装備品は各自で準備しなければならない場合がほとんどであり、これからトレイルランニングを始めようという方にとっては大きなハードルとなります。

実際にバックパックを購入したとしても、どうやってフィッティングをして良いのか分からなかったり、店頭で試履をして購入したけれど、実際に山を走ったら、意外にシューズが合わなかった・・・というケースも十分に想定されます。

そのような背景もあり、様々な装備を購入する前に、実際に装着して山を走る機会を提供することが今回のワークショップの1つの「ウリ」になっています。

トレイルランニングに必要な知識や技術をプロから学び、必要な装備はレンタルできる。他ではなかなか体験できないワークショップです。

座学編

IMG_2314

まずは代田選手からのレクチャー。

トレイルランニングの歴史、トレイルランナーの在り方、一般登山客がいる中での走り方やマナーなど。

今回走るコースが日本の三大山岳耐久レースの一つである通称ハセツネのコースの一部となっているため、ハセツネの歴史についてもお話いただきました。

「トレイルランニング業界をより良いものにしていくには?」「トレイルランニングの文化発展のために」という視点でお話されていたのがとても印象的でした。

実際に代田選手が普段使っている装備、アイテムなどを紹介して頂きながら、どういうシーンで使うのかにも言及。

参加者からの様々な質問にも丁寧に答えて下さいました。

IMG_2319

続いてRaidLight笠原さんより、トレイルシューズとバックパックに関する解説。

代田選手が解説したものを更に掘り下げてのレクチャーです。

トレイルシューズとランニングシューズとの違い、ソールやアッパー部分の違いを知り、どんな目的でどんなシューズを使用するのか等、各ラインナップの使用用途や特徴などを解説していただきました。

レイドライトのシューズは他のトレイルシューズに比べてアウトソールに固めの素材(TPU素材:ゴムのようなしなやかな弾力性と硬質プラスチックのような強靭さを合わせ持つ素材)を使っており、耐久性にも優れているそうです。

バックパックに関しては3種類のラインナップ毎に使用用途と特徴を説明していただきました。

特にレース中はザックを背負ったまま、必要なアイテムの出し入れができるように設計されており、実際の使用法を解説していただけたことで、より効率的なパッキングができそうです。

その後、参加者が使用してみたいシューズとバックパックのフィッティングを行います。

実践編

IMG_2327

※ラダーを使用したウォーミングアップの様子。

東京裏山ベースの近くにある公園にて、ストレッチやウォーミングアップを実施。

実際のトレイルランニングシーンでは、ロードランニングと違い、不整地を走ることになります。なので、自分の身体をコントロールすること、素早い足さばきも重要となるため、ラダーを使ったトレーニングを実施します。

実際に初めてラダートレーニングを体験した方が多かったようです。

スクリーンショット 2016-11-26 23.13.30