目標とするレースに向けてのスタートは現状把握をすることから〜ASICS Sports Complex RUNNING TEST〜

これから20204月のUltra Trail Mt. Fuji(UTMF)に向けてトレーニングをしていくわけですが、どんな目標であれ、まずは現状を把握することからスタートする必要があります。

なぜなら、現在地が把握できなければ目標との「ギャップ」を認識できないからです。

関連記事:4ヶ月間の低酸素トレーニングで、身体とランニングパフォーマンスはどう変わるのか?【Ultra Trail Mt. Fuji (UTMF)までのストーリー】

ランナーとしての現状を把握するための手段は、専門施設でのラボテスト、屋外で行うフィールドテストを含めていくつか存在します。

今回はASICS Sports Complex TOKYO BAYにて、ASICS Sports Complex RUNNING TEST(以下、ランニングテスト)を実施。

この記事では各テストの詳細、目的などについて紹介していきます。

実際にラボで実施する順番に紹介。

足型 Foot shape

様々なフィジカルテストに先駆けて、まずは自身の足型の計測をしていきます。

マラソンやトレイルランニングのレースに限らず、そしてどんなレベルのランナーであれ、ランニングシューズ選びは非常に重要です。

特にフルマラソンや長い距離・時間を要するランニングの場合、シューズが合わないことで、マメや靴ズレ、爪のトラブルを招くリスクは大きくなります。

最悪の場合、怪我に繋がる可能性もあるわけです。

ですが、実際は店頭にてランニングシューズを試し履きした「感覚だけ」で、ランニングシューズを選んでいる!そんな人も多いのではないでしょうか?

足型の計測をすることで、実際の足の長さ、足幅、甲の高さや左右差等、自身の足部を様々な角度から数値として把握することが可能です。

具体的な計測方法は、専用の測定機器で左右の足型を交互にスキャンし、評価していきます。

脚伸展・屈曲パワー Power of Leg Extension/Flexion

ここ数年の間で、ランナーの持久系能力に関連した計測ができる専門施設は増えてきました。

ですが、一般の市民ランナーが持久系能力と合わせて、脚筋力やパワーを数値計測できる施設は非常に少ないのではないでしょうか?

特にランナーの中でも膝に違和感や痛みを抱えているランナーは、

①脚の筋力そのものが弱い。

②脚筋力に左右差がある。

③脚の伸展筋力(太ももの前面の筋力:大腿四頭筋)と屈曲筋力(太ももの後面の筋力:ハムストリングス)の筋力バランスが悪い。

この中の1つ、もしくは複数が該当しているケースが考えられます。

もちろん、膝の怪我をしていないランナーであっても、その可能性は否定できません。

脚伸展・屈曲パワーを計測することで、太もも前面の筋力、太もも後面の筋力、左右差、前面・後面の筋力バランスを計測し、筋力発揮の癖や弱点を把握することが目的です。

計測方法は計測機器に座った状態で、機器の抵抗に対し、膝の曲げ伸ばしを素早く行なっていきます。

膝を伸ばす方向に力を発揮する際は、大腿四頭筋の筋力、膝を曲げる方向に力を発揮する際は、ハムストリングスの筋力を評価。

ランニングスピード/パワー Running Speed/Power

最初のコメントをしよう

必須

*